綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 2,845 記事

お疲れ顔は目元から?目の周りのくすみや小じわを解消できる若見え対策!

2015年9月15日更新 | 5,946 views | お気に入り 402

imasia_13920631_S

目元の皮膚はとっても薄いんです。そのため他の部分に比べて肌の衰えが現れやすいパーツでもあります。
目の周りのしわ、くすみ、たるみ。目の周りの肌の衰えは、疲れた感じや老けた印象に見えてしまいます。

そこで、目の周りの衰えを解消する若見え対策を紹介します。
もうお疲れ顔なんて言わせませんっ!

目の周りの若見え対策3つ

目の周りの小じわの原因

アイメイクのしすぎ

メイクの中でもつい力が入るのがアイメイクですよね。マスカラやアイシャドゥ、アイライナー、つけまつ毛などいろいろなグッズを使ってアイメイクをするものです。
アイメイク自体には問題はないのですが、目の周りに小じわを作ってしまう原因の一つが「洗浄力の強いクレンジング」です。アイメイクは落ちにくいもの。洗浄力の強いクレンジングを使うことで、目の周りの必要な皮脂や水分までもが奪われてしまい、しわを作ってしまうんです。

目の疲れ

ドライアイなどで目自体が乾燥していると、その周囲の血流も悪くなり皮膚が乾燥してしまいます。目が疲れることで起こるドライアイもまた、小じわの原因になるんです。

目の周りの小じわの若見え対策

しっかり保湿

洗顔後は目の周りもしっかりと保湿しましょう。化粧水と乳液で保湿した後に、アイクリームや目元美容液で水分が蒸発してしまわないようにバリアを張ってあげると良いですよ。

目の疲れを癒すことが、目の周りの小じわ対策にもなります。
目を温めて血行を良くしてあげると、目の周りの血行も良くなり乾燥しにくくなります。長時間デスクワークやパソコンをして、目を疲れさせないようにすることも大切です。作業が長引く場合は、途中に休憩を入れましょうね。

くすみの原因

血行不良

目の周りの皮膚はとっても薄いため、内側の血管が透けて見えるんです。
そのため、血流が悪くなると血液が滞ってしまい、透けて黒くくすんでしまうんです。睡眠不足やアルコールの飲み過ぎ、目の疲れ、乾燥などが、血行不良の原因となり、くすみを作りだしてしまいます。

くすみの若見え対策

マッサージ

血流を良くすれば良いのです。効き目があるのが「マッサージ」です。アイクリームなどを使って目の周りをゆっくりマッサージしましょう。ホットタオルで目と目の周りを温めるのもGOOD♪

たるみの原因

老化による筋力低下

目の上下がたるんでいると、本当に老けて見えるので嫌なものです。その主な原因はズバリ「老化」です。目の周りには眼輪筋という筋肉があります。この筋肉が加齢により弱ると、皮膚を支えられなくなり、たるんでしまうんです。

たるみの若見え対策

眼輪筋を鍛える

筋力が衰えても筋トレなどで鍛えれば、筋力は戻るものです。さらにパワーアップすることも可能ですね。
眼輪筋も筋肉のひとつ。しっかりと皮膚を支えられるように鍛えましょう。
そうすることで、たるみのない若々しい目元に戻ることが出来ます。
そこで、毎日できる眼輪筋のエクササイズを紹介しますね。

眼輪筋のエクササイズ

①鼻の下を伸ばして顎を引き、 上目使いをします。

②下まぶたを引き上げるようにしながら、できるだけ目を細めその状態を5秒キープ。

③ゆっくりといつもの表情に戻します。

このエクササイズを3セット行いましょう。

↓美容メーカー、フラコラの眼輪筋エクササイズです。とっても簡単なのでスキマ時間にできちゃいます。
YOUTUBE:xYQmVe7usjE
動画元 https://www.youtube.com/watch?t=35&v=xYQmVe7usjE

最後に

毎日しっかり若見え対策を行うことで、徐々に若々しい目元になります。頑張りましょう!
また、小じわやくすみ、たるみがないからと油断していると、いつの間にかできてしまうのが目の周りの衰えです。まだ大丈夫であっても、乾燥や血行不良などを起こさないように日頃から気をつけましょうね。  

著者情報

楽しいことを見つけるために、日々いろいろ模索しています。新しい健康法やビューティレシピを試したり、作ったりするのが好き。

本記事は、2015年9月15日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。