綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 2,863 記事

美肌になれる!ビューティーアボカドレシピ

著者情報

料理家・豆腐創作料理研究家

2015年9月17日更新 | 2,379 views | お気に入り 342

ビタミンやミネラルが豊富に含まれるアボカドは、“森のバター”や“食べる美容液”と言われるほど、栄養満点!ネスブックに“栄養価No.1の果物として認定されているほどの健康フルーツです。

“バター”と言われるくらいですから、脂肪分も多いのですが、心配はご無用!
アボカドに含まれる脂肪は“不飽和脂肪酸”で、血液をさらさらにしたり、コレステロールを減らしたりする嬉しい作用があります。
不飽和脂肪酸は常温で固まり難いので、体内でも液体なのが特徴です。

今日はそんな食べるだけで美しく健康になれる、アボカドを使った簡単レシピのご紹介です。

先ずはアボカドの切り方

①アボカドの種に沿って包丁を入れ、半分に切る。

②種を取り出す。
包丁の“あご”の部分を種に刺し、ひねると簡単に取れるのですが・・・。
滑りやすく危険なので、アボカドをまな板に置いた状態で作業をすると良いでしょう。

③皮を手でむく。

切った後の保存方法

切った後に保存したい場合は、表面にレモン汁を塗り、ラップで密着させて空気に触れさせないように保存すれば、変色を多少防ぐことが出来るのでお勧めです。

ビューティーアボカドレシピ

アボカドのカルパッチョ

~材料~
  • アボカド・・・1/2個
  • E.X.V.オリーブオイル・・・大さじ1 
  • ゆずこしょう・・・小さじ1/4

 ※オリーブオイルとゆずこしょうはお好みにより調整

~作り方~

アボカドは薄く切る。

E.X.V.オリーブオイルとゆずこしょうは合わせておく。

①に②をかける。

『オリーブオイル+ゆずこしょう』がアボカドに抜群にマッチ!
実はこの『オリーブオイル+ゆずこしょう』の組み合わせは、アボカドだけではなく、白身魚のカルパッチョにもかなりマッチします♪

洋風のまぐろとアボカドのどんぶり

次にご紹介させて頂くのは、定番の“まぐろとアボカド”を組み合わせたどんぶり。
普通は『しょうゆ+わさび』で食べる事が多いと思うのですが、今回はカルパッチョでご紹介させて頂いた『オリーブオイル+ゆずこしょう』で洋風に仕上げたどんぶりのご紹介!
これがまたたまらなく美味しくてお勧めです♪

~材料~
  • ご飯・・・どんぶりに軽く1杯分
  • アボカド・・・1/4個
  • まぐろ・・・1/2柵
    ※お好みや使用する柵の大きさにより調整
  • E.X.V.オリーブオイル・・・小さじ2
  • ゆずこしょう・・・小さじ1/8
  • しょうゆ・・・小さじ1/2

※オリーブオイル・ゆずこしょう・しょうゆは、お好みにより調整

~作り方~

①まぐろとアボカドは同じくらいの大きさの角切りにする。

②ボウルに全ての調味料とまぐろを入れて混ぜ、アボカドを加えて軽く混ぜる。

③ご飯のうえに2をのせる。お好みでのり(分量外)をトッッピングする。

アボカドのディップ

~材料~
  • アボカド・・・1/2個
  • マヨネーズ・・・大さじ1 
  • しょうゆ・・・小さじ1/4
  • ゆで卵やブロッコリー、じゃがいも等
~作り方~

①アボカドはボウルに入れて、フォークでつぶす。

②マヨネーズ・しょうゆを加えて混ぜる。

③ゆで卵や茹でたブロッコリー、じゃがいも等につけて召し上がれ!

アドカドの選び方のポイントのお話

緑色に少し黒みがつきはじめた色合い(濃い茶色から黒に近い色)のもの、弾力のあるやわらかさがあるものが食べごろでお勧めになります。

そして何より“ヘタ”を見るのが、重要!
なぜならアボカドはヘタの周りから熟していくからです。
ヘタの周りに隙間があったり、ヘタの周りがやわらかすぎるものは、熟しすぎている可能性が高いので避けた方が良いでしょう。

熟していないアボカドはどうしたらいいの?

そして最後に熟していないアボカド(緑で固い)を買ってきてしまった場合の対処法を2つ。

1つ目は、そのまま置いて“追熟”させる方法

追熟に最適な温度の20度前後の場所に置いておくだけ。食べごろになるまで待つだけです。

2つ目は、切ってみたらまだ食べごろには早かったことが発覚した・・という場合

そんな時には、スライスして衣をつけて、天ぷらにしてみましょう!
そのままだとまだ若いアボカドも熱を通すことによって甘く美味しく食べることが出来ますよ。

本記事は、2015年9月17日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。