綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 2,844 記事

女性なら身に着けておきたい、お洋服のお手入れ方法としまい方

2015年9月17日更新 | 3,847 views | お気に入り 361

6月と10月は衣替えの季節です

最近は昔ほどきっちり衣替えをする習慣も無くなりましたね。
しかし、タンスやクローゼットの中がごちゃごちゃにならないように、今必要のない洋服は次のシーズンまでお休みしてもらいましょう。

女性なら身に着けておきたい、大切なお洋服のお手入れ方法としまい方を紹介します。

衣替えのポイント

衣替えは晴れた日に!

衣替えは晴れた日に行うのが基本です。雨で湿気が多い日に衣替えを行ってしまうと、湿気もお洋服と一緒にしまってしまうことになります。そうなるとお洋服にカビが発生してしまうこともあります。衣替えは湿度の低い、晴れてカラッとした天気の時に行うようにしましょう。

きれいに洗濯する

洗濯をしてからしまうのは基本ですが、衣替えでしまうお洋服はいつもよりもしっかりときれいに洗濯するようにしましょう。ちゃんと洗濯しているつもりでも、皮脂や汚れが残っている場合があります。長期間しまっておくと、それらの汚れによって黄ばみやカビが発生してしまいます。衣替えでのお洗濯のポイントは以下のようになります。

お洗濯の注意!
  • お風呂の残り湯はつかわない
  • 襟や袖口にはおしゃれ着洗剤の原液をつけてから洗う
  • よく着たものはつけおき洗い
  • しっかりと乾かす

襟や袖口などの皮脂が付着しやすいところは、おしゃれ着洗剤の原液を直接つけて、10分程放置してから洗いましょう。そうすることで黄ばみや嫌な臭いを防ぐことが出来ます。

また、ヘビロテしたお洋服は汚れもしっかりとついているので、洗濯機にいつも通りの水量と洗剤を混ぜ入れた中に1時間ほどつけおいてから洗うと、繊維の奥の汚れも落ちやすくなります。

お洋服のしまい方について

防虫剤は洋服の上に置く

収納ケースにしまう洋服を入れたら、一番上に防虫剤を置くようにしましょう。
洋服の下に入れるのは良くありません。防虫剤は上から下へと効果が伝わっていきます。収納ケース全体に防虫効果が行き渡るように、必ず一番上に置くようにして下さい。

たためるものは出来るだけたたんで収納

ハンガーで収納するのはとっても楽ですが、たためるものは出来る限りたたんだ状態でしまうようにしましょう。収納ボックスにしまったほうがコンパクトに収納出来ますし、蓋で密閉することで防虫効果も上がり、大切なお洋服が虫食いされる危険性も少なくなります。またハンガーで収納すると、弱い素材の場合形崩れしてしまいます。厚手でたたみにくいもの、しわになりやすいもの以外はなるだけたたんでしまうようにしましょう。

最後に

一日で完璧に衣替えをするのは、とっても重労働で疲れます。
ヘトヘトです。
そこでおススメなのが衣替えを何日かに分けて行うという事です。

「仕分ける日」「洗濯する日」「しっかり乾かす日」「しまう日」
といった風に、4日間くらいに分けると疲れずに衣替えを行うことが出来ます。

女性のたしなみの一つとして、自分のお洋服くらいはしっかりとお手入れと管理をしましょうね。

著者情報

楽しいことを見つけるために、日々いろいろ模索しています。新しい健康法やビューティレシピを試したり、作ったりするのが好き。

本記事は、2015年9月17日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。