綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 1,862 記事

口唇ヘルペスとは?口周りのチクチク違和感に要注意!

2014年9月1日更新 | 25,496 views | お気に入り 541

一度なってしまうと何度も繰り返し出来てしまう口唇ヘルペス。どうして口唇ヘルペスになってしまうのでしょうか?
その原因と再発させない方法を知りましょう。

口唇ヘルペスの症状とその原因

症状の変化 初期~中期~後期

唇の周りに、小さな水ぶくれが出来てしまう病気が口唇ヘルペスです。
でき始めのころはちょっとした水ぶくれなのであまり気にしませんが、口唇ヘルペスは放っておくとどんどん悪化してしまいます。

初期
まだ水ぶくれは出来ていませんが、皮膚がチクチク、ピリピリするような違和感が現れます。次第にほてりやかゆみも感じるようになります。

中期
ほてりやかゆみを感じ始めて一日もしないうちに、皮膚が赤く腫れてきます。

後期
赤く腫れた皮膚の上にちいさな水ぶくれができ始めます。水ぶくれに触るとかなり痛いうえに、話したり食事をしてもかなり傷みます。

回復期
水ぶくれの後はだんだんと回復していきます。回復期では水ぶくれがかさぶた状態になります。

出来てしまう原因

口唇ヘルペスは顔にできてしまうものなので、女性にとってはとても嫌なものですね。メイクも出来なくなってしまうし、なんて言ったって人に見られるのが恥ずかしいです。
しかし、ニキビ対策のようにしっかりと洗顔をして清潔にしていても口唇ヘルペスは出来てしまいます。ニキビは毛穴に入り込んだ汚れが原因で発症してしまうものであるのに対して、口唇ヘルペスはニキビと全く原因が異なります。
口唇ヘルペスの原因は「ウイルス」です。単純ヘルペスウイルスというウイルスが原因で発症します。
単純ヘルペスウイルスはとても感染力が高く、接触することでどんどん感染していきます。グラスの回し飲みや同じタオルを使うだけでも感染します。もちろん直接唇が触れ合うキスでも感染します。そのため、パートナー間や夫婦間での感染率が高いです。

再発する口唇ヘルペス

何度も繰り返すしつこいウイルス

ヘルペスウイルスは感染力が高いうえに、とにかくしつこい性質を持っています。一度感染してしまうと、体内に潜伏してしまい何らかの機会にしばしば登場します。
風邪で体が弱っている時や、ストレス・疲労がたまっている時など、免疫力が弱まっている時に再発することが多いです。

回復期になって症状が良くなっても、口唇ヘルペスは完全に治ったとは言えません。しつこいヘルペスウイルスは顔にある三又神経という太い神経の細胞の中に隠れ、再発の機会をじっと待っています。口唇ヘルペス・・・本当に嫌なものですね。

再発させない方法

何度も、何度も口唇ヘルペスを繰り返していると、精神的にもストレスが溜まってしまい辛いです。
しかし、口唇ヘルペスは正しく治療すれば治すことができます。ヘルペスウイルスの増殖を抑える治療薬を使用することで治すことができます。病院で処方してくれるものもありますが、ドラックストアで購入することができる治療薬もあります。但し、しっかりと治したいのであれば、治療薬だけに頼るのではなく、自分で出来ることはやりましょう。

口唇ヘルペスの治療のポイントがこちらです。

治療薬は初期から使う

唇の周りにピリピリやチクチクといった症状を感じ始めたら、早めに治療薬を塗り始めましょう。
ヘルペスウイルスは短時間で増殖していくので、ウイルスが増える前に抑えておくのが重要です。

感染経路を作らない

接触感染によって広まってしまうので、大切な人にうつさない為にも、ヘルペスの症状が出始めたら感染させないように気を付けましょう。
グラスの回し飲みやタオルの共有はもちろんのこと、キスもしばらくはガマンです。

まとめ

ヘルペスは一度は発症すると進行が速く、幹部がジュクジュクになってしまいます。見栄えも悪いですし、不快感もあるので、できるだけ早めの対処で治しましょう!
しつこい口唇ヘルペスですが、しっかりと治療すれば治すことは可能です。諦めずにじっくりと治療しましょう。

著者情報

綺麗のトリセツ編集部です。皆様のお役に立てるよう美容や健康に関するハウツーやトピックスを投稿してまいります!

本記事は、2014年9月1日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。