綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 1,862 記事

背中の肉をとる方法 背中スッキリで薄着も怖くない!

2014年9月3日更新 | 12,389 views | お気に入り 607

はっと気づく、自分の後ろ姿

背中って、なかなか自分では見ることができない分、普段は意識することがありませんよね。でも、時々ふと鏡を見てみると、あまりにも丸っこい自分の背中にあ然としてしまう、緊張感ゼロの背中を嘆いた経験した人は多いはず。

なぜそんなにオバサンに見えるの??

丸っこい丸まった、はっきり言ってしまえば、「猫背」な自分は、オバサン体型まっしぐらに見えてしまいます。私たちの生活は、日々、パソコンにスマホといった、”前かがみ固定生活”の連続なので、もう必然的に猫背で、背中や肩の周辺にはムダ肉がタプタプになってくるのです。

背中の筋肉について知ろう

背中の筋肉は「僧帽筋」、「広背筋」、そして「脊柱起立筋」です。僧帽筋は、両肩から背骨に沿ってある筋肉です。ちょっと凧の形に似ています。広背筋は背骨の下の方から脇の下を取り囲むようにある筋肉。脊柱起立筋群は、文字通り、背骨を両側から支えている筋肉です。どれも、背中を形成する上で、とても重要な筋肉ですし、体の中でも大きな筋肉ですので、効率よく鍛えれば、基礎代謝も上がって、背中美人だけでなく、ダイエット効果も高まります。

背中すっきりにする方法

すっきりエクササイズ

 器具なしでできるエクササイズ

 両腕を胸の前に伸ばして、息を吸い、吐きながら腕を曲げて背中の方に動かします。出来るだけ肘を背中の後ろでくっつけるようなイメージで引きます。この時、肩甲骨と僧帽筋を意識して力を入れます。この動作を、毎日、2分間くらいで十分です。早くやる必要はありません。ゆっくり力を入れて行う方が筋肉に効果的です。

 ペットボトルで負荷をプラス

500mlのペットボトルを使ったエクササイズです。少し負荷をかけることによって筋肉に効果アップです。ペットボトル2本準備して両手に持ち、上に伸ばして上げます。息を吐きながら両肘を曲げて下ろします。この時、肘は体の真横に下ろします。出来るだけ肩を下げて、首から肩と背中を引き剥がすようなイメージです。10~20回を1日1,2回行います。

エクササイズとストレッチ

筋肉を使ったらストレッチでしっかりほぐしておきましょう。立った状態で体を前に倒します。両腕を下に伸ばして、肩から力を抜きます。指先から徐々に両腕に向かって、最終的には肩から全体にブラブラと揺らします。ほぐすことによって、肩こりも解消されますし、エクササイズの効果も上がります。

背中は自分ではなかなか意識しにくい箇所ですが、背中を意識してエクササイズを行ったり、ボディケアをすることによって、確実に美ボディの持ち主、モテボディの持ち主になりますので、ぜひ、気合を入れてエクササイズに取り組みましょう。

著者情報

心と身体を鍛える空手の魅力にはまりそうな今日この頃です。

本記事は、2014年9月3日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。