綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 2,741 記事

まだ大丈夫!!産後・授乳後のしぼんで垂れた胸を元に戻す方法

著者情報

育乳&育尻下着専門店 Chabi オーナー・デザイナー

2015年10月6日更新 | 28,929 views | お気に入り 252

産後のしぼんだバストに張りをアップ!!

授乳後のバストのお悩みはないですか??
よく「小さくなった」「垂れた」「張りがなくなった」などのご相談をいただきます。

授乳中のバストの張りも個人差はありますが、パーンとふくらんだ風船がしぼんだ状態になるので、何もケアをしないでは張りが落ちてしまいます。

産後のバストケアのポイントは3つ

1つ目は姿勢

ありがちなのが、赤ちゃんに合わせて前かがみになり、猫背になっていませんか??

美しいスタイルは綺麗な姿勢から。
猫背は肩甲骨が広がりそしてバストが垂れる原因となります。背中全体が丸く厚みがつく原因にもなります。
まずは姿勢を意識して猫背を改善していきましょう。

2つ目は経絡マッサージ

忙しい育児中でも簡単バストアップのマッサージ方法です。

①から③のツボに刺激を与えるように経絡に沿って、少し強めに20回ほど毎日マッサージしましょう。

①天渓(てんけい)

バージスラインの脇にあるツボ。
乳腺を発達させ張りのあるバストにします。
離れたバストも中央に寄ります。

背中⇒脇⇒バスト中央へ向かってマッサージ

②渕腋(えんえき)

バストトップより10㎝位外側、脇の下にあるツボ。
バストの張りをアップさせます。

背中⇒胸底⇒バスト中央へ向かってマッサージ

③庸窓(ようそう)

バストトップより指4本分上になります。
バストの下垂を防ぎます。

バストトップ⇒鎖骨下へ引き上げるようにマッサージ

④脇の下を手の平全体で握りましょう

ここはリンパ節が集中していて多くの経絡が通っています。
女性ホルモンの分泌も促すのでコリをほぐしましょう。

効果的な方法

入浴中を利用してするとより血行促進になり、バストアップにつながります。
お湯につけたタオルをバストの上に広げて温めてホットパックもオススメですよ。
育児に忙しいママさんでも少しの時間でもできます。

3つ目は保湿

お顔と同じ乾燥をしていては張りが落ちていきます。
お顔のお手入れと同じようにバストクリームやボディクリームを塗って、毎日乾燥を防ぎましょう。天然のバラの香りは女性ホルモンの活性にもなります。

ママのブラの選び方

授乳中、お胸の形を左右する最も大切なのが授乳ブラです。

この時期のブラを適当に楽だからとソフトブラなどをつけていると、重みを支えられずクーパー靭帯をのばしてしまう事になります。
一度伸びたクーパー靭帯は元に戻ることはありません。

ブラを選ぶポイント

授乳中
  • ノンワイヤーのもの

ワイヤー入りは乳腺炎になる可能性があります。

ストラップが太めで安定していて、張ったお胸を重力に負けず、しっかり引き上げてくれるものが理想。
クーパー靭帯を伸ばさないようにするためとても重要です。

また脇のお肉もはみ出ないような物、脇を抑えるものはハミ肉となり二の腕と背中に流れていきます。

脇の押さえる幅が広いのも安定するポイントです。
細いものだと食い込みやすく脇のお肉も定着しやすくなります。

  • ホックの調整が多いもの


バストが張ることでブラのキツさも違って感じます。
産後直後より体重も変動してくるので調整できるものが理想。
形があわない物を無理して着けているとストレスとなり、母乳の出にも影響します。

卒乳後

しばらくは胸の張りが残り変化する場合もありますので目安ひと月ほど様子をみてから合わせてください。
お胸の高さが減り、脇に流れているお肉も多くなります。
脇のお肉がはみださずにしっかりバストに戻れ、持ち上げてくれるブラがオススメです。

脂肪は動きやすいですが、時間が経つと固くなり動きにくくなります。
できるだけ早い段階で合うブラを見に着けてバストの張りを回復しましょう。

特にお肉が逃げやすくなっているので、ブラだけでなく、バストシェイパーなどで位置を高く、お肉を逃げにくく早く回復をさせることがオススメです。

これから妊娠される方や妊娠中の方は、妊娠中からバストクリームを塗って肌に弾力を与え、ストレッチマークが入らないようにする事と、脇にお肉が広がらず、支えてくれるものを着けるのが理想です。

産後卒乳をされた方もあきらめないで!!
体に合う機能性のあるブラを着け広がったお肉を、日々集めながらマッサージをしてバストに活力を与えていきましょう。

まとめ

お胸もお顔も同じです。
ちゃんとケアをしてあげれば必ず良い変化が表れてきますよ。
何もしないでは、誰もが張りの無いバストになってしまいます。

育児で忙しい中でも1日4~5回意識をして背中のお肉をバストに集める事や、1日たった5分入浴中のバストケアを積み重ねていきましょう。

あなたの綺麗を応援しています。 ちゃび
参考商品 Chabi 

本記事は、2015年10月6日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。