綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 2,879 記事

太る人の習慣には共通点があった!? 見直したいおデブ習慣チェック!

著者情報

ダイエットの通訳・Body care Room主宰

2015年10月8日更新 | 13,406 views | お気に入り 384

太る人・なかなか痩せられない人の話や行動には、ある共通点があります。

「人間は想像の生き物」といいますが、ダイエットがうまくいかない人は、同時に「(ダイエットが)うまくいくわけがない」と思っているようです。
「うまくいくわけがない」と思いながらダイエットに挑戦すると、衝動に飲み込まれ食べ始まったとき、「どうせ私は自分に甘い」「私はだらしがない」など、ご自身へのダメ出し・自己評価を低く付け、火に油を注ぎがちです。

おデブ習慣とは、食べ過ぎや運動不足だけを指すのではなく、

「自分自身をおデブ枠にハメ込み過ぎていないか」

言い方を変えれば、

「おデブポイントで、自分を責めていないか」

でもあるとガイドは考えます。

そこで今回は、痩せない人がよく発するフレーズの「おデブ習慣チェック」で、どれくらい無意識で「痩せられないかも」にハマっているか認識してみましょう。

おデブ習慣チェック!

20項目をチェックしてみましょう!

飲み会や旅行は、元を取らないと損!
ランチのあとのスイーツは断らないし、食べた理由は考えられる
食事の話になると、ついヘルシーなフリを繰り返してしまう
運動不足だけれど、運動は昔から好きではない
家系的に痩せられないと思っている
「特別な人しか痩せられない」と思っている節がある
食後によく分からない食欲で、何度も冷蔵庫を開けてしまう
買いだめしているものが気になって食べてしまう
「自分は大食い」と思いこんでいる節がある
食習慣の理由に、「子供が」「お母さんが」「会社の人が」と、第三者が入っている
ジュースをよく飲む
「痩せたい」といいながら、自分でやるのは面倒だ
身体をしばらく見ていないし、見たくない
痩せている人に「あなたはいいわよね」と言ったことがある
「肉や炭水化物は太る!」といいながら、おやつをかなり食べている
食材の値段の高さは気になるが、お菓子の値段には甘い
「意思が弱い」「自分に甘い」が口癖
完璧主義だから、失敗するくらいならチャレンジしたくない
食べ過ぎや感情を引きずる時間が長いし、怒りっぽいと思う
「今度こそ!」と強く決意し、即効挫折する

さて、チェックはいくつありましたか? 

ほぼチェックが当てはまった人、うすうす思っていたことが明るみに出た人は、今までのダイエットは負荷や抵抗が大きかったかもしれません。
これからは、「痩せられないかも」という思い込みを減量して、身心ともに身軽に変身していきましょう。

無意識の「痩せられないかも」を減らそう

Thinking business woman

「ダイエットできるかできないか」の根拠を「過去そうだった」から探せば、できない理由ばかり見つけてしまい、不安になり諦めてしまいかねません。これからは、うまくいく前提(ダイエット成功の方向性)を元にあなたが「今どうしたいか」に気楽にチャレンジしてみませんか。また、「ビギナーズラックから始める」ことにすると、始めにうまくできないことに寛容になり挫折を回避する力を付けるだけでなく、ご自身の進歩をサポートすることができます。

例1)
「たくさん食べてしまいそう」(過去そうだった)

「お腹のキャパに合せて食べよう」(今どうしたいか)
例2)
「スイーツは断れない」(過去そうだった)

「腕の脂肪を減らしたいから、動きもしないのに食べている場合ではない」(今どうしたいか)
例3)
「運動は嫌いだ」(過去そうだった)

「頭で嫌だと思っているだけで、身体は動きたいかもしれないからやってみよう」(今どうしたいか)

あくまで例ですが、うまくいく前提と、発想と行動の方向性を噛み合わせていきましょう!

いかがでしたか?

うまくいかない想像力で自分の邪魔をしていることにはなかなか気付けないものです。悪い方に考えていることに気づいたら、「こう考えているのね」と把握すると、その後自然に解決へと導かれます。
自分のよき理解者になって、ご自身を励まし応援しながらステップアップしていけるといいですね。

本記事は、2015年10月8日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。