綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 1,857 記事

初心者さんでもできる、失敗しないメイクの仕方

2014年9月3日更新 | 33,647 views | お気に入り 494

初心者におススメのメイクとは?

最近では、小学生用のメイク用品も発売されていますね。メイクをはじめる年齢も低年齢化している気がします。
女子中学生も休日に遊びに行くときには軽くメイクしている子も多いので、中には大学生くらいに見えてしまうことも!
メイク初心者と言っても、彼女たちの方がメイクに詳しくない大人よりも、メイクについて詳しい気がします。
しかし、メイクって失敗がつきもの。その場に応じたメイク、服装に合ったメイクもありますし、初心者のうちから難しい技を使おうとすると、失敗して残念なメイクになってしまいます。
初心者だからこそ!無理なくキレイに仕上がるメイクの方法を紹介します。

メイクでどこにポイント置く?

女性のメイク、どこにポイントを置いているかはそれぞれ違いますね。目元にポイントを置くメイクをしている人が多いとは思いますが、最近では口紅もグラマラス効果とか、ぽってり効果を狙ったものが多く発売されています。また、肌のキレイな女優さんをイメージモデルとした素肌をどれだけキレイに見せるか?ということに重点を置いているメイクをしている人もいます。

【おススメ関連記事】
かわいい?艶ポイ?クール系?タイプ別メイク方法はコチラ⇒

目元にポイントを置きたい女子の場合

まずは、目元が一重の場合、アイプチを使ったり、つけまつげを使うことでかなり目元の印象が変わります。つけまつげについては、控え目なものがいいでしょう。
二重の人はこの手間はスルーして下さい。

最近話題のざわちんメイク!眉毛に焦点を絞ったメイクですが、どの人にでも激似ですよね。それだけ眉毛の印象って強いんです。
前髪ぱっつんの場合はそこまで頑張らなくてもいいのですが、おでこを出している場合は眉毛には少し気合を入れてみましょう。
肝心の眉毛の描き方ですが、まずは眉の上の方から描きます。一気に描くことなく、ラインをぼかすように自然に描くことがポイント。
スクリューブラシを使うとぼかしたり、眉毛の毛の流れを整えることができます。
AG090

 眉毛のかたちは、それぞれの個性が光りますが、眉山は作った方が存在感はありますね。
また、眉毛を全部剃ってしまうのは、ある程度の年齢になってからがいいでしょう。やはり、元々の眉毛を生かしたメイクだと若々しく見えます。眉毛の太さや濃さについても、流行を取り入れたメイクをする場合は元の眉毛があると、太さも濃さも対応がすぐできるのがいいですね。

くちびるにポイントを置きたい女子の場合

くちびるについては、あまりポイントを置きたくない場合はグロスを塗れば十分OKです。元々のくちびるの色がはっきりしていれば、色味のないグロスでいいですし、少し色味を付けたければピンクのグロスなどを付ければOK。
くちびるに重点を置きたい場合は、できるだけ元々のくちびるがしっかりケアされている状態かどうかから考えましょう。簡単リップパックでガサガサくちびるにはサヨナラしましょう。

簡単リップパックの方法

 多めのリップ(薬用タイプ)を塗って、サランラップを乗せるだけ。リップの成分がしっかり浸透します。どのようなリップが効果があるのか?ということになりますが、しっとり成分が多く配合されているものがおススメです。酷い場合は寝る前にはリップパックをすると翌朝違いますよ。
AG131[1]

 最初から口紅をべったりと塗るのはNG。重ねていく方が自然に美しくなります。くちびるの輪郭をしっかり描きたい人は事前に主なラインだけでも引いておくと簡単にリップメイクができます。

肌にポイントを置く女性の場合

肌をメイクポイントにできる女子は、かなりの美肌の持ち主であることは間違いありません。かなり羨ましいですね。

洗顔後の肌のケアをしっかりした状態でないとファンデが乗らないので、化粧水でしっかり保湿することだけは最低限度行いましょう。
まずは、下地でしっかりと肌を整えることが大切です。ここで、肌の赤みや毛穴を目立たなくさせます。
もちろん、ファンデーションも一気に乗せるのではなく、重ねるように乗せて行きましょう。

【おススメ関連記事】
美肌に見せたい!綺麗な肌になれるベースメイク方法はコチラ⇒

 まとめ

初心者メイク、大切なのはナチュラルメイクにすることです。周りも見慣れていないのに、いきなり濃いメイクをすると印象もよくないですし、男性が好印象を持つメイクはナチュラルメイクという回答が多いですしね!

今回は最低限度のファンデーション、まゆ毛、口紅だけでしたが、慣れて来るともうちょっとひと手間かけてもいいですし、もちろん超ナチュラルメイクでも美人度の高い(元の顔だちが美しい)人は、そのままを生かした方がいいですね。

後はメイクをしっかり落とすことだけは気を付けましょうね。

著者情報

自分に素直に生きることをモットーにしています。

本記事は、2014年9月3日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。