綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 1,855 記事

ストレートパーマの市販のものってどんな感じ?気になる効果!

2014年9月2日更新 | 40,631 views | お気に入り 630

JJ166_72A

ストレートパーマ、利用している人が多くいますが、多くの人は美容院で行っているようです。美容院の予約、金銭的な負担が大きいので悩みの種となっている人も多いとか。それなら、いっそのこと自宅でできるストレートパーマにチャレンジしてみませんか?好きな時間にできますし、何よりも費用面でかなり負担が軽減されます。しかし、上手にかけられるのか?不安もあることでしょう。

不安な面も検証しながら、自宅でできるストレートパーマを紹介します。

ストレートパーマが自宅でできる!

知らない人も結構いるみたい!自宅でできるストレートパーマとは?

ストレートパーマ、多くの女性が利用しているようです。パーマをかけたけれど気に入らなくてストレートに戻すために利用する人、クセ毛気味でサラサラヘアにするために利用する人もいます。

後者の場合は、思春期頃から定期的にストレートパーマをかけることが多いので、長い年月の経済的負担が大きいようです。中高生であれば、親御さんが負担していますが丁度子育てにもお金が掛かる頃ですし、どうにかして安く済む方法はないかと思うことを何度か聞いたことがあります。

そんなストレートパーマが、自宅でできるのです。美容室でストレートパーマをかける際にはだいたい安いところでも5,000円はしますし、高いところですと15,000円することも。
これまで定期的に通っている美容室を移動するのは気持ち的に難しいものもありますよね。

そこで、自宅できるストレートパーマを紹介します。

ベネゼル ハイパーストレートパーマ

pic_hyper

画像出典元:http://www.dariyacosme.com/hair_line/venezel/straight/hyper/

こちらの商品はショートヘア用とロングヘア用があります。500円前後で購入できるというのが驚きです。
ショートヘア用は、前髪だけクセ毛という部分的にストレートにしたい人も愛用しているようです。
使用感や効果が高く、かなりコスパが高いことで人気の商品となっています。

資生堂プロフェッショナルクリエイターストレート

10010004524120330688_1

画像出典元:http://product.rakuten.co.jp/product/-/44b0cd837050149b1c492308952afbb1/?sc2id=gmc_101878_44b0cd837050149b1c492308952afbb1&scid=s_kwa_pla

おしゃれな人に受けがよさそうなパッケージですが、効果もしっかりありますし、あまり量を使わなくていいのでコスパは高いようです。
あまりたくさんの量を使わないことが成功の秘訣だとか。2500円程で購入でき、4~5回使えるようです。(髪の長さにより違いはあります)

ストレートパーマ剤もさまざまなタイプがあるので、使い勝手で選んでみるのも良さそうです。
だいたいの目安として、1回あたりの費用負担も500円~1000円ほどなので、美容室でストレートパーマをかける場合と比べて5分の1から10分の1の費用で済みます。
これはかなりお得ですよね。
美容室代もほとんどは人件費と言われていますから、自宅でストレートパーマをする方がお得。
浮いたお金はランチ代や女子会の費用に充ててもよさそうです。

自宅でストレートパーマ、効果は持続するもの?

しっかりと効果があります!

自宅でストレートパーマをすることでかなり費用が抑えられることが分かりました。
次に気になるのはしっかりと効果が持続するかどうか?だと思います。
実際、自宅でストレートパーマをかけている人に話を聞いてみました!

Q:「実際どうですか?」
A:「説明書どおりにすれば問題なし。ただ、しっかりと効果を得たいからといって、長い時間放置してはいけません。」
Q:「コツってありますか?」
A:「1剤を塗ってからサランラップで巻くと成分が浸透しやすいのでおすすめです。」
Q:「効果を持続させるコツってありますか?」
A:「シャンプーしてブローする際にいつもきちんと乾かすこと。これで長持ちできます。」

なるほど・・・やっぱりコツってあるんですね。でも、多くの人が自宅ストレートパーマにシフトしているようなので、試してみる価値ありますよ!

著者情報

綺麗のトリセツ編集部です。皆様のお役に立てるよう美容や健康に関するハウツーやトピックスを投稿してまいります!

本記事は、2014年9月2日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。