綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 2,742 記事

細いだけじゃダメ!XO脚の改善で美脚になる方法

著者情報

骨盤整体 高田馬場施術室 代表、鍼灸師、プロイデア専門家

2015年10月23日更新 | 139,242 views | お気に入り 257

imasia_12000695_M2

前回は股関節に着目して、股関節の状態によってなぜ脚のラインが崩れるのか?についてと、股関節を柔軟にして美脚になる方法をお伝えしました。
★股関節まわりをゆるめて美脚になる方法はコチラ⇒
O脚・X脚・XO脚など脚のゆがみで悩んでいる方はたくさんいらっしゃいますが、すべて股関節が内旋し内股気味になっていることから、このような脚のねじれやゆがみが出てくるのです。

今回は、その中でも「XO脚」に注目して解説していきます。

XO脚とは?

真っ直ぐ立った時に膝の内側はくっつきますが、太ももの内側・ふくらはぎ・内くるぶしがくっつかない状態のことを言います。

XO脚の原因

XO脚で悩んでいる人は、以下のような体の変化が見られます。

①股関節のねじれ

股関節が過剰に内旋している、つまり内側にねじれてしまっている状態になっています。O脚やX脚でも同じようなねじれがあります。股関節は脚のつけ根にあって、骨盤と脚をつなぐ重要な部分です。内旋が強くなると脚の骨の大転子という部分が外側にでっぱるようになるので、おしりや脚の外側が大きく見えます。
XO脚大転子

②脚の筋肉のアンバランス

普段、内股気味で立っているという人は意外に多いです。このような立ち方をしていると脚の外側の筋肉を過剰に使ってしまうため、脚の外側に筋肉がつきやすくなってしまいます。外見上も脚の外側が太く見え、XO脚になりやすいです。
内股気味に立っている女性は要注意!

③骨盤のゆがみ

骨盤の前傾が強いと骨盤上部が閉じて骨盤下部が開いてきます。
すると股関節の内旋が強くなって内股傾向になります。腰椎も前湾が強くなるため下腹部が出て、おしりは出っ尻になります。
XO脚になる原因が重なった状態なので、XO脚になりやすいでしょう。
カエル座りのような座り方をよくする人は、このような骨盤のゆがみが出やすいので要注意です。

女性ならではの理由で、XO脚になることも

XO脚のようにねじれた脚は、女性特有の理由でさらに悪化することがあります。それはスカートをはくことが招く、太ももの内側の緊張です。スカートをはいたときは脚が開かないように太ももの内側に力を入れていることが多いのです。
すでに脚のラインが乱れている状態で、膝をつけようとすることでさらにXO脚が強くなってしまう恐れがあります。

反張膝が原因になっていることも

反張膝とは、膝を伸ばしたときに反り過ぎてしまうこと。女性は生まれつきこのような傾向が強いのですが、成長するにつれて筋肉がしっかりついてくれば反り過ぎることは少なくなります。
反張膝では、重心が後方にずれて膝が伸びきった状態で立っています。
骨盤は前傾し股関節が内旋するようにゆがみが出るため、XO脚になりやすいのです。反張膝の場合、膝を伸びきって立ってしまいがちなので、ちょっと膝を曲げるように立つクセをつけるようにしましょう。

XO脚の改善方法

①仰向け平泳ぎで、股関節をしっかり開くようにストレッチしましょう

内旋している股関節を外旋させ、さらに太ももの内側がストレッチされて効果的です。

つま先をやや開いた状態で仰向けに寝ます。

平泳ぎをするように、股関節や膝を外側に開きながらゆっくりと曲げます。
次にゆっくり脚を伸ばしながら元の位置に戻します。

※これを10回行います。

②脚の外側をほぐします

太もものつけ根、外側のコリが出やすい部分をポイントでほぐしていきます。
10秒ぐらい自重で圧をかけながら押していきます。

テニスボールや1回縛ったタオルを床に置いて、その上にほぐしたい部分を当てて自重で圧を加えます。床が硬いところでは圧を強く感じます。強すぎるようなら、布団の上など柔らかいところで行えば圧が弱まります。

画像5・6

※テニスボールが最適ですが、なければタオルを1回縛って玉を作った部分でコリをほぐします。特にほぐしたい部分は中殿筋といっておしりの外側にあります。上の画像のテニスボールの部分です。

③骨盤を後傾して腰をストレッチしましょう。腰を丸めて骨盤を後傾気味にすることで骨盤前傾を矯正し、反り腰による腰周辺の筋肉をストレッチします。

XO脚画像6

仰向けに寝て脚を伸ばしながら上げていき、つま先を頭の上までもっていきます。
この状態で10秒キープ。※3セット行います。

まとめ

脚のラインを整えるには、まずはじめに脚のつけ根である股関節と骨盤を整えるのが重要になります。いくら脚を真っ直ぐにしても元がねじれていたらすぐにゆがんできてしまいます。ポイントは開脚をして内側にねじれた脚を矯正し、太ももの内側の筋肉をストレッチすることと、骨盤を後傾気味にすること。

XO脚は女性に多く、日常生活の姿勢やクセなどに特徴があります。

内股気味の人、カエル座りをよくする人、反り腰の人、スカートをよくはく人。どれも女性に多くみられますね。このようなクセや生活環境に心当たりがある人は、せっかくエクササイズや運動で脚のラインを直そうとしてもすぐに元に戻ってしまいがち。日常生活でのゆがみにもっと気をつけなければ、せっかくの効果が半減してしまいますよ。

本記事は、2015年10月23日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。