綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 2,643 記事

藤原紀香もハマる黒酢酢豚の作り方!まっ黒だけど何か美味しそう!

2015年11月24日更新 | 22,770 views | お気に入り 348

黒酢酢豚

黒酢酢豚はまっ黒な見た目とは裏腹にとっても美味しい料理なんです。最近では藤原紀香さんがSMAP×SMAPで黒酢を使った酢豚をオーダーし美味しかったと答えています。番組内ではスペアリブやハンバーグなどを酢豚風にアレンジしていました。この黒酢酢豚、普通のお酢を使うのとどう違うのか?そして簡単な作り方を紹介します。

黒酢と普通の酢の違いとは?

黒酢と普通の酢の違い

普通のお酢はお寿司などに利用するもので、酸味が強くサラッとしておりごはんに混ぜやすくなっています。一方黒酢はドロッとした形状でつんとしたニオイが抑えられています。それぞれ製造法が異なり、栄養価は長期間熟成させる黒酢のほうが高くなっています。アミノ酸の量が多くなることから、サプリなどに加工され飲みやすくした商品も売られています。

また普通のお酢は原料にお米を使うことが多く酢酸が含まれ酸味があるのが特徴です。黒酢はお米または小麦か大麦を混ぜることが多く、アミノ酸の含有量は通常のお酢に対し10倍以上も高くなることがあります。味は普通のお酢のほうがさっぱりとしておりお寿司の味を損なわないのに対し、黒酢は深みがあるためお肉料理によく合います。

黒酢で酢豚を作る際の効能について

長期熟成させた黒酢はクエン酸により基礎代謝のアップ、アミノ酸の脂肪燃焼効果などが期待できます。ほかにも腸の働きを整えたり、疲労回復効果、血液サラサラ効果などがあります。酢豚にもよく合いますから、普通のお酢よりも栄養価が高い黒酢を調味料に使ってみましょう。

黒酢酢豚レシピ

黒酢酢豚レシピ

材料
  • 豚肩ロース肉・・・400g
  • お好みの野菜・・・適量
  • 片栗粉・・・適量

あわせ調味料

  • 黒酢・・・2分の1カップ
  • 砂糖・・・大さじ2
  • お酒・・・大さじ2
  • 醤油・・・大さじ1
作り方

まずは豚肉を食べやすい大きさにカットし下味をつけます。醤油、お酒、ごま油で馴染ませておきます。お肉に片栗粉をつけ油できつね色になるまで揚げ取り出しておきます。フライパンに油を熱し食べやすい大きさにカットした野菜を入れ炒めます。あわせ調味料とお肉を入れとろみがつくまで炒めたら完成です。本格的な味にするには料理酒を紹興酒に変える方法もおすすめです。

また、黒酢を使った酢豚はお肉だけでも美味しいですよ。下味をつけておいたお肉を片栗粉をつけ油で揚げ、あわせ調味料を煮立たせ肉を投入、水溶き片栗粉を入れなくてもお肉についた片栗粉で程よいとろみが出ます。サッパリといただけるよう白髪ネギを乗せるのがおすすめです。

まとめ

黒酢を使うと酢豚が多少黒くなりますが、独特の深いコクが出て美味しくなります。黒酢そのものが苦手な方でも酢豚にすると食べやすくなりますよ。甘味や酸味もほど良く少し大人の酢豚という感じでしょうか。気になった方は是非試してみてくださいね。

著者情報

最近はもっぱらナチュラル思考です。自然が大好き!

本記事は、2015年11月24日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。