綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 1,856 記事

肝斑には漢方が効くってホント!?

2014年9月2日更新 | 22,534 views | お気に入り 460

頬骨のあたりに出来るシミ、肝斑は、最近では日本でもお馴染みの美容ワードになりました。肝斑と漢方の関係とは?

まずは肝斑の正体を知ろう!

これは肝斑か?シミか??

トランシーノという専用の医薬品が登場して以来、一般的になりつつある肝斑(かんぱん)です。一見、シミとも見える肝斑。もし顔にこのようなものが出てきたとき、見分ける方法はいくつかあります。一般的に、肝斑は、頬骨のあたりを中心として出てくるものです。ぼんやりとした輪郭で、多くの場合、顔の左右対称に現れるものです。一番発症する確率が高い年齢層は、30代~40代と言われています。シミが紫外線による発症ですが、それに対して肝斑は、紫外線のほかにも、女性ホルモンのバランスやストレスなどが原因となり発症します。
ただし、肝斑は目の周りには出ませんので、目の周りを避けて、輪郭を取るように発症することもあります。

目の下にポツポツと出来るそばかすのようにわかりやすい形状であれば良いのですが、シミが偶然にも顔の左右対称に出てくることもありますので、実際のところシミと肝斑は素人には区別しにくいことも多いものです。

肝斑に効く漢方はこれだ!

医薬品でも肝斑に効くものは市販されていますが、もっと体に優しいものを、という人には漢方がオススメです。

おススメの漢方

① 加味逍遥散(かみしょうようさん)

加味逍遥散は、主に血流の改善や、ホルモンバランスを整えるのに効果がある漢方です。血行が良くなり代謝が上がると、肌そのものの代謝も良くなりますので肝斑に効果があります。女性ホルモンのバランスを整えるので、体からストレスを適度に発散させて、リラックスできる状態になります。血行が良くなり、内蔵も活発になるため、便秘や食欲不振、更年期障害に用いられることもある、女性の身体に万能な漢方と言えます。

② 桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)

主な効果は血行改善です。血行を改善することにより、体内環境を正常化させ、肝斑にも効果があります。冷え性やのぼせといった体温を正常にする効果もあり、生理痛や産後のオロにも効果があります。

③ その他

上記、①②の他にも、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん:貧血予防、更年期、月経不順に効果がある)や温清飲(うんせいいん:お肌の乾燥予防、アトピーなどのお肌トラブルに効く)なども肝斑に効果があります。

すぐに!はダメダメ。 緩やかに根本的解決を目指します。

漢方を飲む場合、予め認識しておかなければいけないことがあります。それは、漢方には「即効性」はない、ということです。

西洋医学の場合、目の前にある病気を出来るだけ短時間で効果的に治療することが目的ですが、漢方を用いる東洋医学の場合は、病気の根本的な原因を、自然の力を利用して改善するということが目的です。目の前にある体の不調の原因はなんなのか、を考え対処するものですので、2,3日飲んだからといって、すぐに肝斑が綺麗に消えてしまう、ということはないのです。
おススメの漢方の効果をみてもわかるように、体の中の根本的なものに目を向け、体の負担にならないように体質を改善していきましょう。

あなたも、身体に優しい漢方と上手に付き合って、健康で肝斑知らずな毎日にしてみませんか?

著者情報

綺麗のトリセツ編集部です。皆様のお役に立てるよう美容や健康に関するハウツーやトピックスを投稿してまいります!

本記事は、2014年9月2日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。