綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 1,857 記事

健康サンダルが痛い!潜む足裏の異常について

2016年1月19日更新 | 7,773 views | お気に入り 397

健康サンダルは痛いと何となく効く!という感じがしますね。でも本当に健康に良いものなのか見直してみることも必要かもしれません。健康サンダルが痛いと感じている場合に潜む、足裏の異常について紹介します。

健康サンダルは本当に良いもの?

足裏にはたくさんのツボが集中し、刺激することはとても良いことです。その考えから作り出されたのが「健康サンダル」です。毎日歩きながら足裏を刺激できれば便利というわけですね。

確かに健康サンダルは足裏のツボを刺激でき、血流が良くなって健康効果が得られるものです。ただしそれは1日数分程度のことで、長時間使用すると逆効果になることもあるのです。もし健康サンダルを足裏のツボ刺激として使うなら、10分程度に留めましょう。

痛い人はどんな状態?

健康サンダル角化症

健康サンダルは履いているうちに慣れてくるといいます。実はそれ、足の裏の角質が硬くなり刺激に強くなっただけなのです。健康サンダルを一度も履いたことが無い人は足裏が柔らかいため刺激を強く感じます。その一方で毎日長時間履いている人の足裏を見てみると、角質が厚くなっている場合も多く見られます。

足裏の角質が柔らかいなら痛くて当たり前。子どものように代謝が活発で体に異常がないと足の裏は柔らかく角質が溜まっていないのが普通です。痛くないと感じる人のほうが問題を抱えているかもしれません。

健康サンダル角化症に繋がる恐れ

健康サンダル角化症

毎日長時間健康サンダルを履き続けると、健康サンダル角化症になる可能性があります。皮膚は長時間刺激を受けると守ろうとする働きが起こり角質が厚くなります。健康サンダルは良いものですが、1日数分程度に留めるか、たまに履かない日を作り足裏を休ませることが重要です。

△角化症を放っておくと?

足裏の角質が硬くなりそれを放置すると様々な皮膚病の原因にもなりえます。古い角質をえさとし白癬菌の温床となり水虫となったり、ひび割れて痛みを発生させることもあります。

年齢と共に皮膚の代謝が衰え足裏の角質も溜まりやすくなりますから、健康対策として健康サンダルだけに頼るのは避けるようにしましょう。足裏が柔らかい状態というのは血流が良いといえます。子どものころに角質がたまらなかったのはよく歩いて遊んでいたから。本来はその状態が健康な足裏ですから、足の裏が疲れやすくなったら足裏をよく使い歩くことも実践してみてください。

まとめ

健康サンダル自体はとても便利なグッズで足裏を刺激できとても気持ちが良い商品です。ただし足が疲れやすいからとサンダルに頼りすぎると、今度は角質が溜まり悪影響となる可能性があります。足が疲れやすい根本的な原因を解消しながら、上手く健康サンダルを使用してみましょう。

著者情報

最近はもっぱらナチュラル思考です。自然が大好き!

本記事は、2016年1月19日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。