綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 2,742 記事

美肌・デトックス・ダイエットに!カラダの中からキレイになる野菜たっぷり豆乳甘酒鍋レシピ

著者情報

インナービューティー研究家、フードコーディネーター

2015年11月19日更新 | 2,429 views | お気に入り 180

こんにちは!
インナービューティー研究家・フードコーディネーターの國塩亜矢子です。

秋も深まり、あたたかい料理が美味しい季節になってきましたね。
欲張り女子の皆さんは、ただカラダをあたためるだけの料理ではきっと満足しないはず……。

そこで今回は、美肌作りにもデトックスにもアンチエイジングにもオススメの、あったか鍋レシピをご紹介!お野菜たっぷりでヘルシーなお鍋はダイエット中の方も安心して召し上がっていただけます。

やさしい甘さがたまらない!お野菜たっぷり豆乳甘酒鍋

豆乳ベースのスープには、隠し味に甘酒と白味噌を使っています。
カラダに良い発酵食品、たっぷりのお野菜を美味しくいただける、ほんのり甘いヘルシーなお鍋。

材料(1人分)

  • 調整豆乳 …150ml

ミネラルウォーター …200ml

  • 甘酒(ノンアルコールのもの) …大さじ1
  • 白味噌 …大さじ1
  • 出汁用昆布(10cm四方) …1枚
  • さつまいも …80g
  • かぶ …1個
  • 人参 …1/6本
  • 白菜 …1/16個
  • 木綿豆腐 …60g
  • 湯葉 …適宜
  • 鶏もも肉 …100g
  • 白いりごま …適宜(お好みで)

※鍋の大きさによって豆乳の分量は調節してください。

作り方

1.鍋にミネラルウォーターと昆布を入れて30分以上置く。

その間に材料を準備する。鶏肉は一口サイズに切り、キッチンペーパーで余分な水分を拭き取る。豆腐は食べやすい大きさに、かぶは8等分のくし切り、人参は5mm幅の半月切り、白菜はざく切りにする。さつまいもは1cm幅にスライスして水にさらしたあと、電子レンジ(600W)で3分加熱する。

2.鍋を中火にかける。湧いてきたら昆布を取り出し、鶏肉を加えて2~3分煮込む。出てきたアクは丁寧に取り除く。

3.アクを取り除いたらかぶ、人参、白菜を加え、蓋をして約5分煮込む。

4.軽く湧いて白菜がしんなりしてきたら弱火にし、甘酒と白味噌を溶き入れる。

5.白味噌が溶けたらさつまいも、豆腐、湯葉を加え、豆乳を材料の8分目くらいまで注ぐ。蓋をして弱火で約10分煮込む。器に取り、お好みで白ごまをまぶしていただく。

Cooking Point

さつまいもは水にさらして余分なでんぷんを抜くことで味が染み込みやすくなります。また電子レンジで加熱してから鍋に入れることで時短になり、食感もホクホクと美味しくなります。

豆乳を加えた後は必ず弱火に!強火にすると吹きこぼれやすいので注意!

Beauty Point

今回のレシピには欲張り女子に嬉しい栄養満点食材をたっぷり詰め込みました。
それでは簡単に各食材のビューティーポイントをご紹介しましょう!

【甘酒(ノンアルコールタイプ)】

米麹から作られる甘みの強い発酵食品。ブドウ糖・アミノ酸・ビタミン類など栄養価が非常に高く「飲む点滴」とも呼ばれる。脂質の代謝をサポートするビタミンB群やメラニンの育成を防ぐコウジ酸が豊富なため、ダイエットや美肌作りにおすすめです。

【人参】

お肌を乾燥から守り粘膜を強くするビタミンAが豊富。
気温も湿度も下がり、乾燥が気になる秋冬の肌荒れ対策にぴったりのお野菜です。

【サツマイモ】

コラーゲンの育成を助けるビタミンCが豊富。
通常過熱に弱いビタミンCですが、さつまいものビタミンCはでんぷんに守られているため過熱しても破壊されにくいのが特徴。

また豊富な食物繊維は整腸作用があり、便秘や肌荒れの改善をサポートします。

【白菜】

むくみや高血圧症状を改善するカリウムが豊富。
スープまで美味しく飲み干せるこのお鍋なら、水に溶けやすいカリウムを無駄なく摂取することができます。豆乳や甘酒と合わせることで甘みが増し、煮込んでトロっとした白菜の食感はやみつき必須!

【豆腐・豆乳・湯葉】

大豆製品は疲労回復効果の高いビタミンB群や、整腸作用のある食物繊維、女性ホルモンバランスを整える大豆イソフラボンが豊富。
PMSや生理痛がひどい人は積極的に摂りましょう。

【鶏もも肉】

豚肉や牛肉に比べて脂肪分が少なく高たんぱく、低カロリー!
細胞のもとになるたんぱく質。不足すると肌荒れなど不調の原因に。お野菜と一緒にしっかり摂ることをおすすめします。

いかがでしたか?

見た目もお味もやさしいお鍋は、ココロもカラダもぽかぽかにしてくれます。
冷え性の方は生姜のすりおろしを少し加えるとより温まりますよ。

他にも、美白効果の高い酒粕ベースのスープに油揚げや豚肉、きのこなどを入れた「酒粕白味噌鍋」や、濃厚な赤味噌ベースのスープに鱈や生鮭の魚介類とキャベツ、もやしなどを入れた「赤味噌魚介鍋」なども美味しくておススメ!

美味しく食べて、カラダの中からしっかりキレイを磨けるビューティー鍋レシピ、是非ご活用ください!

本記事は、2015年11月19日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。