綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 2,878 記事

彼があなたから離れられなくなる?彼を上手に追わせる恋愛テクとは?

著者情報

才能・パートナーシップ・自分らしい生き方の専門家

2015年12月9日更新 | 29,327 views | お気に入り 241

《彼を自分に、追いかけさせる!》成功法則を学ぶ!

「女性から男性に告白してはいけない」
「男は狩猟本能があるから、追いかけさせるように仕向けないとダメ」

このような話を、誰でも一度は耳にしたことがあると思います。
もちろん、ときには女性からアプローチすることも大切です。しかし実際のところ、できれば彼の方から自分にアタックして欲しいと考える人がほとんどではないでしょうか。

今日は、どのようにすれば彼を自分に追いかけさせることができるのか、学んでいきましょう。

「古事記」に隠された恋愛の真実

突然ですが、あなたは「古事記」を知っていますか?
そう、学生時代に一度は歴史の授業で学んだアレです。

「古事記」は日本最古の歴史書とされ、その中にイザナギ(男性神)とイザナミ(女性神)が登場します。ある時、イザナミからイザナギにアプローチしますが、失敗してしまいます。しかし、イザナギから声をかけることで見事に様々な神様を産んでいきます。

もちろんこれは書物の中の話ですから、どこまで信ずるべきかは人それぞれの考えによります。しかし、もしあなたがこれまでの恋愛でうまくいかないパターンに悩んでいるのであれば、「古事記」を参考にしてみるのも良いのかもしれません。

『自分からアプローチするのではなく、彼から自分にアプローチしてもらう』
では、この新しいパターンを試すには、どうすればいいのかを学んでみましょう。

彼から自分にアプローチしてもらう方法

1.サインを出す

自然界のほとんどの動物は、オスを誘惑するサインを出すことでカップルとなります。誘惑、というと少し大げさですが、とにかく「私は今、あなたに誘われても良いわ」というサインを出すことが大切です。

まず、彼に自分を追いかけさせることを目的とするならば、このサインを出すという行為を大切にしましょう。
例えば、「●●っていうスポットに行きたいなぁ」「今度あそこのお店に行きたいんだけど、一緒に行ってくれる人がなかなか見つからなくて」など、あなたが言えそうな言葉でOK。

また、サインは言葉だけではありません。服装、瞳の使い方、話し方、雰囲気など、様々な形でサインを出すことはできます。

男性はあなたが思っている以上に、臆病な生き物。あなたのことを誘うとき、「もし誘って断られたらどうしよう?」という心配を、ほとんどの人はいつもしています。そんな心配を払拭できるように、できるだけ誘いやすい雰囲気をつくることが大切です。

2.決め手は彼に任せる

「女性から告白するのは、良くないことですか?」
女性のクライアントの方から、こう相談されることがあります。もちろん、それが絶対に良くないとは言いません。しかし、やはり新しいパターンを試みるのであれば、彼に告白してもらう方が良いでしょう。

「自分から、この子に付き合って欲しいって言ったんだ! そして自分は成功した!」という事実を、男性はいつまでも覚えています。狩猟本能からくるものなのかもしれませんが、とにかくその成功体験は彼にとってとても重要な意味があります。

そして同時に、あなたにとってもそれは重要な意味もあります。
例えば営業の仕事をしている人であれば、自分から契約のサインを求める言葉を言うよりも、お客さんに「契約したい!」と言ってもらう方が返品のリスクが少ないことは重々分かっていると思います。恋愛も同じで、男性に「あなたと付き合いたい!」と言ってもらった方が、返品のリスクは少ないのです(笑)

お付き合いをはじめる決め手のセリフは、彼に言ってみてもらいましょう。
当然、OKを見込めるサインを出すことも忘れずに。

重要ポイント:大人の女性として自立し、依存する

「自立し、依存する」
あなたが大人の女性として自立し、同時に依存することがとても重要です。

社会では自立することは大人の女性にとって、何よりも大切で、最高のことのように感じられます。しかし、それは甘えることが下手になることと同じで、ますます男性が遠ざかってしまいます。

本当の大人の女性とは、ひとりの人間として自立し、男性に甘えるときは甘えられる、そんなしなやかな態度を持てる人のことではないでしょうか。

オンとオフのスイッチをしっかりと使いこなし、彼を翻弄させ、追いかけられるような女性をぜひ目指してみてください。上記2つの行動のうち、どちらかを試すだけでも効果が出るはずです。

本記事は、2015年12月9日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。