綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 1,857 記事

彼氏も喜ぶ!もち肌の簡単な作り方

2015年12月16日更新 | 7,853 views | お気に入り 493

もち肌=餅肌です。

普段私たちが何気なく使っている「もち肌」という言葉。特に女性のお肌への褒め言葉として使われています。これを漢字で書くと”餅”肌。つまりつきたてのお持ちのようなお肌という意味。こんなお肌だったら、一日中触れて痛くなりますよね!

もち肌の定義

何となくイメージとしてはありますが、いまさらながらしっかりと確認してみると

キメがそろっていて毛穴が見えず、弾力性があり、しっとりしていて、手で触れるとスベスベでなめらかな、白いお肌

といった表現になります。つまり、女性からするとパーフェクトなお肌です!こんなお肌だったら、きっと彼氏もずっと触っていたくなるかも!?

もち肌の簡単な作り方

パーフェクトなもち肌は、実はこんな簡単な方法で作れるんです!

食用の自然なオイルでお化粧を落とす

クレンジングを使うより、オリーブオイルやココナッツオイルといった天然で良質な食用油お化粧を落とすのがおススメです。両手でオイルを温めてから肌に馴染ませ、力を入れずお化粧品とオイルを馴染ませます。強くこすると、摩擦によってお肌はキメを失い、毛穴は全開になります。お肌へのダメージを最小限にして、潤いを逃さないためにも、直接お肌に触れずに、あくまでもオイルでマッサージをするイメージで。最後はコットンやティッシュでふき取ってからお使いの洗顔料で洗顔をしましょう。

化粧水をお肌に何度も浸み込ませる

何だこんなこと!?と思ってはいけません。キーワードは”何度も”です。できれば思い切り使えるように、リーズナブルなものを使うようにしましょう。タップリめに手に取って、顔に付けたら両手でパッティング(顔をパンパンと軽くたたく)をして毛穴にしっかり化粧水を入れましょう。何度もパッティングしたら再度手のひらに化粧水を取って同じようにパッティング。これを計3回ほど繰り返すと水分が十分にお肌に浸み込んでいることが実感できます

乳液でしっかりカバー

化粧水で水分をしっかり補給したら、乳液で水分が逃げないようにカバーをしましょう。乳液は手に取ったら両手で挟んで人肌の温度にしてからお肌に付けるほうがよくなじみます。

+日焼け止めをしっかり行い、紫外線は完全シャットアウト

紫外線はとにかくもち肌の大敵です。ちょっとの外出やベランダでの洗濯物干し程度だから、と思わずにこまめに日焼け止めを行い、お肌に紫外線を入れないように気をつけましょう。

まとめ

それぞれの化粧品を高価なものにする必要は全くありません。むしろ化粧水は思い切り使えるようにリーズナブルなものがおススメです。少し気をつけて手をかけることでもち肌は作られますので、彼氏が思わず触れてくなるようなもち肌目指して頑張りましょう!

余談ですが

お肌に関する日本語の表現を英語に替えてみると、サメ肌はscaly skin、鳥肌はgoose bumps、そして今回のテーマであるもち肌はvelvet skin、と言います。つまり英語ではベルベット、日本語でいうところの別珍(かなり古い表現です)とかビロードとかいう滑らかな布生地の滑らかさに例えられています。なるほど、もち肌とはかなり日本的な表現、お国変われば、ですね。

著者情報

心と身体を鍛える空手の魅力にはまりそうな今日この頃です。

本記事は、2015年12月16日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。