綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 1,840 記事

たるまない!乾かない!冬でもうるおい肌になるための化粧水のつけ方

2015年12月18日更新 | 3,660 views | お気に入り 357

pixta_9823026_S

実年齢よりも老けて見える「老け顔」。その主な原因は、ブルドッグのような「たるみ」です。
あなたは大丈夫ですか?フェイスライン、ほおの位置、まぶたは正しい位置にありますか?
たるみ解消法として多くのメソッドが世の中に出回っていますが、どれをやっても、気休め程度だったり、そのときはリフトアップしたけれど、数時間後にはすぐに元に戻ってしまう。
そんな経験、ありますよね?その理由を漢方でひもとくと、「気・血・水(き・けつ・すい)」のタイプ別に、化粧水のつけかたを変えていないからです。

今回は『たるまない!乾かない!冬でもうるおい肌になるための化粧水のつけ方』をうるおい漢方の専門家の視点からおつたえします。

なぜ漢方で化粧水のつけ方が分かるの?

『お肌は内臓をうつす鏡』といいます。カラダの内側の状態をお肌は教えてくれています。

漢方では、私たちのカラダは「気(き)・血(けつ)・水(すい)」の3つの要素でできていると考えています。

「気(き)」とは、目には見えない空気のようなもので、カラダを温めたり、動かしたり、元気のチカラだったり、お肌や内臓を正しい位置に保ったり、新陳代謝に関わるもの。

「血(けつ)」とは、血液を含む、栄養のある水分のことで、お肌、髪、つめ、瞳、くちびるにうるおい、栄養を与え、老廃物を回収する体液。

「水(すい)」とは「血(けつ)」以外の水分のことで、全身にうるおいを与える体液。お肌、関節液、リンパ液が該当します。

この「気・血・水(き・けつ・すい)」がたっぷりとカラダの中にあり、しっかりとめぐっていることが健康であり美しくみずみずしくあり続けるための条件です。それが、ストレスやライフスタイル、環境などさまざまな原因により不足したり、めぐらなくなったり、バランスが悪くなると、お肌にサインが出てきます。
どんなサインが出てくるのか、例を挙げますね。

気が不足すると?(気不足タイプ)

お肌や内臓を正しい位置に保てなくなるので下がります。たるみ、ほうれい線、疲れてみられるといった、全体的に下がった印象を持たれてしまう主な原因は「気不足」です。

気のめぐりが悪くなると?(ストレスタイプ)

空気がどこかにたまる、どんよりよどむようなイメージをしてみてください。そういう女性って不機嫌そうですよね。そうなんです。気めぐりが悪くなるとイライラしたり、表情はいつも怒っているような印象になります。怒った顔の口角は?下がっていますよね^^;;?その表情のクセがたるみにもつながってしまうのです。

血(けつ)が不足すると?(血不足タイプ)

お肌をカラダの内側からふっくらとみずみずしくしてくれるのは「血(けつ)」です。不足すると乾燥します。お肌だけではなく、髪も、爪も、瞳もくちびるにもうるおいがなくなるので、ぱさぱさツヤがない髪、割れやすい爪、瞳も乾燥してしばしば、まばたきの回数も増えてしまいまぶたのたるみに繋がります。

血(けつ)のめぐりが悪くなると?(ドロドロ血タイプ)

血めぐりが悪くなると、お肌は黒紫っぽくなります。シミ、目の下のクマ、傷痕が残りやすいなど黒や紫色のものは血めぐりが悪いサインです。冷えると血めぐりが悪くなります。

水(すい)が不足すると?(水不足タイプ)

血と水がお肌にうるおいを与えています。水が不足してもお肌は乾燥します。

水(すい)のめぐりが悪くなると?(水たまりタイプ)

カラダの中にうるおいがあるのに、お肌に届いていないもったいない状態です。お肌にとどかなかった水は余分な水としてお顔に白ニキビとしてでてきたり、顔、足のむくみ、としてカラダは教えてくれます。余分な水で重たくなったカラダが、重力に勝てずにたるむのは簡単に想像できますね(泣)

あなたのタイプは?

このカラダ内側のバランスをしることができれば、あなたにぴったりのスキンケア選びに応用することができます。あなたはどのタイプ?まずは自分のことを知りましょう。

以下の項目の中から一番多くチェックが入るのはどれですか?それがあなたのタイプです。

「どの項目にもチェックが入る!」というかたは一番気になっているものを選んでくださいね。

1.気不足タイプ _ 個

☐ 疲れているね、とよく言われる

☐ 夕食後、少し休まないと片付けができない

☐ フェイスラインのたるみ、ほうれい線が目立ってきた

2.ストレスタイプ _ 個

☐ イラッとすることが多い

☐ 柑橘系の香りが好き

☐ ストレスやプレッシャーが多い

3.血(けつ)不足タイプ _ 個

☐ 化粧水をつけてもお肌が乾燥する

☐ 化粧ノリが悪い

☐ 夕方になるとシワにファンデがたまる

4.ドロドロ血(けつ)タイプ _ 個

☐ 目の下にクマが居座っている

☐ シミができやすい

☐ 冷え性である

5.水不足タイプ _ 個

☐ スネが粉ふくほどお肌が乾燥する

☐ 便秘気味で出るときはコロコロ便である

☐ 野菜やフルーツはあまりたべない

6.水たまりタイプ _ 個

☐ 顔や足がむくみやすい

☐ 白ニキビができやすい

☐ 乗り物酔いしやすい

★タイプ別★たるまない、乾燥しない!化粧水のつけ方

1~6のうち、どれに一番チェックがはいりましたか?

タイプ別にたるまない、乾燥しない化粧水の付け方をご紹介します。

1.気不足タイプにオススメの化粧水のつけ方

化粧水をつけるときはお顔の皮がうごかないようにそっとそっとつけましょう。

お肌を正しい位置に保つチカラが弱いタイプ、つまり元に戻る力も弱いのです。

無理にお肌をひっぱりあげると、のびてしまい、それがたるみに繋がります。

 

 2.ストレスタイプにオススメの化粧水のつけ方

化粧水のつけかたで注意する点はとくにありませんが化粧水はその日の気分や自分の好きな香りのものを選ぶことがおすすめです。機嫌も良くなり、怒った顔がニコニコ笑顔の顔になれますので自然と口角も上がりたるみ予防になります。

3.血(けつ)不足タイプ&5、水不足タイプにオススメの化粧水のつけ方

カラダの内側からお肌のうるおいをつくる成分が不足しているため乾燥しやすくなっています。

化粧水5回づけをためしてみてください。化粧水5回づけとは、その言葉通り、化粧水を手にとりお顔につけるということを5回くりかえすことです。メイク直前に実践すると、その日のメイクノリが断然変わりますよ。

4.ドロドロ血(けつ)タイプにオススメの化粧水のつけ方

ドロドロ血になってしまう主な原因は冷えです。お肌を温めながら化粧水をつけることがオススメ。

冷蔵庫に入れた化粧水をつかうのはNGです。せめて人肌程度に温めてからお顔につけてください。また、血めぐりを良くしようとして、化粧水をつけながらグイグイとお顔をマッサージするのは目の下のクマやシミの元。マッサージはお肌の皮膚が動かない程度に優しくおこなってください。

6.水たまりタイプにオススメの化粧水のつけ方

むくみがたるみにすすんでしまうタイプ。リンパの流れも悪くなっています。リンパの流れは1分間に20センチ程度しか動きませんので化粧水をつけながらむくみをとるためには、ゆっくりやさしくリンパの流れをうながしてあげましょう。

いかがでしたか?

普段はカラダの内側から気血水を整え、お肌にうるおいを届ける方法を無料メルマガでお伝えしていますが、今回は、カラダの内側の状態がスキンケア選びにも応用できるということをお伝えしました。毎月毎月、新しい美容法が世の中に出回ります。自分がどのタイプなのか?漢方で判断できる軸をもっていれば情報にふりまわされて、ムダな時間とお金と労力をつかわずに、賢くうるおい美人になれますよ。ぜひ、あなたも漢方の美軸をもってスキンケアをしてくださいね。

著者情報

うるおい漢方の専門家

本記事は、2015年12月18日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。