綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 2,767 記事

喉と長引く咳に要注意!喉を労う薬膳レシピ       

著者情報
2015年12月21日更新 | 4,248 views | お気に入り 171

pixta_13984387_S

秋から冬にかけては乾燥の季節

乾燥により不快な思いをされている方も多いのではないでしょうか?

東洋医学では乾燥は肺にダメージを与え、咳がひどくなってしまったり風邪をひきやすかったり、免疫力が下がってしまうとされています。更には、肺は肌と関連し、肺がしっかり機能し、潤うことで肌にも潤いが与えられるのです。

漢方で美肌対策

さぁ!肺に良く美味しい薬膳で咳や風邪から身を守り美肌対策をご一緒にいたしましょう。
肺に良い食材は東洋医学で白い食材が良いとされています。
代表的な食材は、

白胡麻、白木耳、松の実、百合根、梨等

これらは体に潤いをあたえ乾燥から身を守ります。

更に少し辛味のある食材を加えることで肺の機能を活性化させます。
例えば葱、生姜、ニンニク、玉ねぎ、大根等。

潤いに良い食材は乾燥に、免疫力アップには辛味のある食材と覚えておきましょう。

咽をいたわる薬膳料理

白木耳と銀杏のかきたまスープ

まず一つ目は、白木耳と銀杏を使った薬膳スープです。 

白木耳は体に潤いを与え、保湿力も高く美肌効果も優れた食材、乾燥した秋には是非取りたい一番の食材です。さらに銀杏は古くから咳止め効果が高い薬としても使われてきました。ただし食べ過ぎは禁物ですので、一度に食べる量はせいぜい10粒程度にしてくださいね。

材料 (2人分)
  • 白木耳 ・・・ 3g
  • 銀杏 ・・・ 10個
  • 鶏がらスープの素 ・・・ 小さじ2
  • 醤油 ・・・ 小さじ2
  • 卵白 ・・・ 1個
  • 塩コショウ ・・・ 少々
作り方

① 白木耳を水にもどし一口大にきる

② 銀杏は殻と皮をむいておく

③ 鍋に水400mlと①と②を入れ10分茹でる

④ その後鶏がらスープの素を小2と醤油小2で味付けしてから卵白をかきまぜながら流し込み熱が通ったら後に塩コショウで味を調え完成。

白木耳は手に入りにくいかもしれませんが、効能が良く食べやすく調理しやすく便利な食材ですので是非ネット等でも探してみてくださいね。

梨とはちみつのスムージー

二つ目のレシピは咳に良いといわれる代表的果物《梨》を使った簡単スムージーです。

梨は咳止め効果があり、蜂蜜も同じくのどに潤いをあたえ咳を鎮めます。飾りにつかったミントは熱を下げる働きがありますので、咽が痛いときにはミントの量を多くしてくださいね。

材料 (2人分)
  • 梨 ・・・ 1個
  • 蜂蜜 ・・・ 大さじ2
  • レモン汁 ・・・ 大さじ2
  • ミント ・・・ 適量
作り方

① 梨とはちみつ、レモンをジューサなどで撹拌する

② 仕上げにミントを飾って完成

ジューサーでなくともすりろしても大丈夫です。そのまま食べるよりもより効果的です。
咳が止まらない、咽がイガイガするときには是非お試しください。
ナシは洋梨でも大丈夫です。

豆乳杏仁豆腐

3つ目は杏仁豆腐です。

実は杏仁は咳止めのお薬として使われる食材でもあります。製菓材料として杏仁霜というのが売っていますので、それで代用してください、咽がイガイガしているときはこのようなデザートが嬉しいですね。

材料(2人分)
  • 豆乳 ・・・ 400ml
  • 杏仁霜 ・・・ 大さじ1
  • 砂糖 ・・・ 大さじ2
  • ゼラチンパウダー ・・・ 5g

※トッピングはお好みでぜんざいなどでも良いですが、写真は熱を下げる働きのある緑豆を使用しています

作り方

① 鍋に豆乳をいれ砂糖と杏仁霜をいれ温めながら溶かす

② ①は沸騰しない程度に温め最後にゼラチンパウダーを水大1程度で溶かしたものをいれ自然にさましてから型にいれて冷蔵庫で2~3時間冷やして完成です。お好みでシロップやぜんざい、フルーツなどをのせてくださいね。

本記事は、2015年12月21日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。