綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 1,861 記事

運動していないのに太ももが痛い!太ももの痛みを引き起こす病気とは?

2016年1月27日更新 | 10,946 views | お気に入り 470

太ももが痛い

特に運動したわけでもないのに、太ももに痛みを感じることがある場合、どのような病気が考えられるのでしょうか?筋肉痛なら明らかに運動直後や数日後に痛みが出るためわかりますが、何もしていないのに痛みが出ると不安を感じてしまいます。このような症状の際に考えられる病気について紹介します。

太ももの痛みと病気について

太ももの周辺には太い血管が通っているため血管の問題、腰周りの神経による圧迫が考えられます。運動してもいないのに突然痛みを感じた場合はこれらの原因を疑ってみましょう。

血管による問題

太ももが痛い

突然太ももが痛くなる原因のひとつとして動脈硬化があります。動脈硬化は頭の周辺なら脳梗塞、心臓付近なら心筋梗塞、下半身なら閉塞性動脈硬化症を引き起こします。どの部位の血管が詰まったかにより出る症状は異なります。

血管が詰まると聞くと脳や心臓への問題を想像しますが、実は足でも起こっています。足が痛くなった、しびれがある、冷たいなどの症状が出る際には、下半身に繋がる血管の一部に問題があると考えられます。最悪の場合は壊疽を引き起こし切断ともなりますから、早期発見と治療が重要です。

もともと高血圧があるなど、動脈硬化を引き起こしやすい体質の方は、太ももの異常にも注意しましょう。動脈硬化はとくに喫煙や生活習慣の影響が指摘されています。

神経の圧迫による問題

太ももが痛い

太ももの痛みは腰周りの神経に圧迫が加えられていることも考えられます。多くの場合は坐骨神経痛のことが多いようです。さらにどの神経を圧迫するかにより腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎分離すべり症などの病名が付けられます。若い人は腰椎椎間板ヘルニア、高齢者は脊柱管狭窄症が多くなっています。

坐骨神経痛とは腰椎の神経を圧迫しているもので、腰への痛みだけでなく太ももにも症状が出る人がいます。中には太もものみの痛み、しびれのみを発症する人もいるため、腰の骨の異常が原因で太ももに痛みが出ているとは考えない人もいるようです。

腰椎椎間板ヘルニアは前かがみの姿勢を続けたり重いものを持った際に発症しやすく、高齢者に多い脊柱管狭窄症では加齢により腰椎が変形することが原因です。長時間同じ姿勢を続けたり、運動で負荷を与える方は注意しましょう。正しい姿勢の維持や肥満を防いで負担を軽くすることも有効です。

まとめ

太ももの痛みの原因として考えられる血管・神経の問題を紹介しました。あきらかに筋肉痛ではない痛みが続いているなら、これらの病気も疑ってみてください。

著者情報

最近はもっぱらナチュラル思考です。自然が大好き!

本記事は、2016年1月27日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。