綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 2,845 記事

綺麗に仕上げる、マニキュアの塗り方教室

2014年9月4日更新 | 7,144 views | お気に入り 385

f6737307dd234f243418fa7da99d0aa8_s

マニキュアを綺麗に仕上げるためには基本を覚えておく必要があります。ただ塗ればいいというものではありません。

マニキュア初心者の人が覚えておきたい、塗る前の準備・塗り方・仕上げのコツの3つのポイントを紹介します。

綺麗に塗るには基本が重要だった

マニキュアを綺麗に塗ったつもりでも、乾く前によれたり、気泡が入って表面がガタガタになることも。まだ透明のマニキュアならそんなに目立ちませんが、カラータイプだと荒が目立ってしまいます。初心者が覚えておきたい基本の塗り方をマスターしましょう。

最初にベースコート

まず最初にネイルカラーの乗りをよくするためにベースコートを塗ります。爪の表面が滑らかになり、ネイルカラーの付きをよくしてくれたり、発色にも関係するため必ず付けましょう。

① 爪の表面についた余分な油分を拭き取ります。コットンスティックにリムーバーを付けて行います。

② ベースコートを塗る前にはけをよくボトルの口でしごきます。

③ 次に爪の中央、左右と3回で一気に塗ります。

ネイルカラーの塗り方

ネイルの塗り方

ネイルカラーにはマットタイプ、パールタイプの2種類があります。タイプによって多少塗り方のコツが異なっています。まずは基本のマットタイプの塗り方です。

① カラーを爪に塗る前に、はけをボトルの口でしごきます。

② 爪のサイドとエッジに塗ります。

③ 次に爪の中央、左右と3回程度で一気に塗ります。

④ 1回目のネイルが乾いたら同じように2度塗りします。

パールタイプはムラになりやすいため左右から塗り始め、筆を使って細かく線を書くように塗ります。

最後にトップコート

最後にネイルカラーが乾いたらトップコートをベースコートと同様に塗り終了です。

泡が入らないためのコツ

ネイルの塗り方

ネイルに気泡が入ってしまうのをちょっとした作業で防ぎましょう。瓶を塗る前に振ったり、古いネイルカラーを使うのは避けて下さい。また、カラーを爪に乗せる前にはよくはけをしごくことです。そしてはけは圧をかけすぎず、軽い力加減で運ぶイメージです。はけをグッと押し込めばそれだけ筆先が乱れ空気が入り込みます。

次にベースコートはちゃんと塗ること、そして1度目のマニキュアは完全に乾かしてから2度塗りします。慌てて2度塗りすると中が乾きにくくなり、指がお湯などに触れた際によれる原因となります。

まとめ

ネイルを綺麗に塗るには3段階に分けて塗り、どの工程も省かないようにします。そしてネイルカラーには気泡が入らないよう注意してみて下さい。

著者情報

最近はもっぱらナチュラル思考です。自然が大好き!

本記事は、2014年9月4日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。