綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 1,863 記事

白髪染めに頼りたくない!白髪を増やさない方法

2014年9月3日更新 | 9,665 views | お気に入り 667

7e69257ff517a52bb6b3c9bd6ab99291_s

30代くらいならまだ白髪がちらほらと出てくるくらいで、白髪染めは必要かな?と感じている方も多いでしょう。
最近は白髪染めも良い商品が出てきていて、より地肌にも優しい成分で構成された商品もたくさん登場しています。それでもやっぱり月イチで染めるとなると面倒ですし、サロンに行くとすると時間もお金もかかります。まだ白髪染めが必要ないほどなら今生えている黒髪を維持させる方法を実践してみましょう。
そんな方におすすめの白髪を増やさないコツ、黒髪にいい習慣、お手入れ方法を紹介します。

まずは白髪の原因を理解しよう

白髪の原因は色素幹細胞が無くなるから

白髪の原因は食生活の乱れ、ストレス、紫外線のダメージなど色々なことがいわれてますが、直接的な原因は色素幹細胞が少なくなることです。
この細胞は黒髪の元となるメラニン色素を作る細胞のことで、年齢的なものや生活習慣など色々なことが理由で細胞にダメージが蓄積されてしまうといわれています。

色素幹細胞が無くなる原因

この細胞は髪の根元に含まれメラニンを生成しますが、複製するに従いDNAが少しずつ損傷して次第に数が減少してしまいます。
直接的な原因は加齢と紫外線の影響です。誰でも細胞がコピーされるうちにミスが生じたり、紫外線に当たって細胞がダメージを負っています。
白髪が多くできるかはこの色素幹細胞の損傷をできるだけ少なくするのがコツなのです。

黒髪を維持するためのコツ

紫外線を防ごう

白髪が目立つと感じる箇所は髪の生え際や頭頂部などが多いと感じるはず。
これは紫外線のダメージを多く受けるためで、日々の生活で髪も紫外線から守れば白髪ができる年齢を遅くすることができます。
UVカットスプレー、帽子、日傘、紫外線予防効果のある植物オイルなどでガードしましょう

【おススメ関連記事】
気になる白髪が目立たないヘアアレンジ方法はコチラ⇒

白髪は体の内側からも予防できる

細胞がダメージを受けてしまうのは何も紫外線だけではありません。
体の内側からもストレスなどによってサビが発生し細胞が劣化し始めます。
バランスの良い食生活を心掛けることはもちろんですが、抗酸化作用の高い野菜やフルーツなどを積極的に取り入れるのもおすすめです。またメラニン生成に影響するヨードという成分が多い海藻類、メラニンの原料となるチロシンというアミノ酸が多い大豆食品も良いでしょう。

お手入れで予防する方法

毎日の髪や頭皮のお手入れでも白髪の進行は遅くできます。
髪や頭皮に優しいアミノ酸シャンプーを使う、頭皮マッサージで血行を良くする、毎日シャンプーをして清潔に保つなどです。
30代や40代などは仕事や育児、家事などで忙しい年齢ですが、ブラッシングのような短時間でできる方法を取り入れて頭皮のコンディションを改善してみて下さい。

【おススメ関連記事】
シャンプーで白髪をケアしたい方はコチラ⇒

まとめ

白髪を年齢的に100%避けることはできませんが、毎日の生活習慣の改善で進行を遅くすることはできます。紫外線をカットする、食事の工夫、頭皮を清潔にするなどです。
高齢になっても黒髪を維持している方はたくさんいますから、今から白髪予防対策を試してみてくださいね。

著者情報

綺麗のトリセツ編集部です。皆様のお役に立てるよう美容や健康に関するハウツーやトピックスを投稿してまいります!

本記事は、2014年9月3日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。