綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 2,787 記事

冬の肌のくすみの原因とは?3つの原因を解消してクリアな肌に!

著者情報

最近はもっぱらナチュラル思考です。自然が大好き!

2016年1月14日更新 | 2,005 views | お気に入り 197

冬のくすみ肌

冬になると肌がくすみ、透明感がなくなったように感じることがあります。これは冬特有の原因があるからで、それらを1つずつ解消しなければなりません。冬に見られる肌のくすみの原因と、その解消方法を紹介します。

冬の肌のくすみはなぜ起こる?

冬のくすみ肌

冬の肌のくすみの原因は主に3つに分けられます。血行不良、肌の乾燥、紫外線による影響です。特に寒さにより体が冷えて血液のめぐりが悪くなり、肌の代謝が落ちるため古い細胞が蓄積してくすんで見えることが多くなっています。

血行不良

外気温が下がり体が冷えることや、運動不足により血行不良が起こりやすくなります。冬は1日の終わりに湯船に入り、しっかりと体を温めましょう。寒いとついつい家にこもり運動不足になりがちですが、ウィンドウショッピングなどを通し歩くようにすると血流が良くなります。

肌の乾燥

空気が乾燥するため肌が硬く厚くなり、新陳代謝が落ちてグレーかかったくすみ肌に繋がります。一番の解消はスキンケアでの保湿です。ただし保湿のみでは古くなった角質は除去できないこともあるため、くすみが酷い方は優しい使い心地のピーリングをプラスすることも必要になります。

紫外線

冬でも紫外線の影響は受けますから、UVケアを怠らないことです。さらに血行不良により肌に蓄積したメラニンが排泄されにくくなります。冬こそ美白ケアをしてみましょう。

食べ物で内側からケア

冬のくすみ肌

冬の血流不足、乾燥肌、代謝の低下は食べ物でも防ぐことができます。外側からのケアでは限界がありますから、内側からも促がすことをおすすめします。

冬の肌に良い食べ物

体が冷えて血流が悪くなりやすいため、できるだけ温かいものを食べるようにします。鍋や煮込みうどんなども美味しい季節です。冬には南国系の食品は避け、冬野菜やアンコウ・牡蠣など冬にとれる魚介類もおすすめです。コラーゲンのもととなるアミノ酸が多い卵、ヒアルロン酸が多い軟骨系の動物食品、亜鉛が多い牡蠣や納豆なども冬に良い食材です。

冬に避けたい食べ物

カフェインは体を冷やす作用があるため冬に飲みすぎは避けます。冬に野菜を食べるなら生より加熱したものを。生野菜は体を冷やす作用が高いため、サラダよりも鍋やおひたし・温野菜のほうがベストです。アイスクリームのように冷たい食べ物は内臓を冷やし代謝を低下させますから、ほどほどに食べるようにしましょう。

まとめ

冬のくすみの大きな原因となるのが冷えによる血行不良・空気の乾燥です。肌がくすんできたからといってゴシゴシ擦るのは禁物ですから、優しくスキンケアをしましょう。合わせて血行を良くする方法や食べ物などを工夫してくすみ対策に繋げてみてください。

本記事は、2016年1月14日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。