綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 1,844 記事

美容、健康、育児にも役立つ!お麩の魅力

2016年1月15日更新 | 4,115 views | お気に入り 332

著者はお麩ってしみ込んだ味や食感を楽しむだけのものだと思っておりました・・・。
しかし、お麩は美味しいだけでなく、栄養たっぷりの優秀食材だということが判明!
過去の自分に言いたいっ!お麩ってスゴイんですよ~!

スゴイぞ!お麩~栄養と効能~

小麦粉を水の中に入れて揉むと、デンプンが流れ出し残るのがグルテン。このグルテンを使ったのが麩となります。

タンパク質

麩の主となっている栄養素はタンパク質。タンパク質は筋肉や肌、髪を作ります。健康な体を維持するには欠かせない栄養素ですね。

低糖質・低カロリー

同じく小麦粉で出来ているパンは、デンプン(ブドウ糖が結合したもの)が含まれているため、糖質が多いです。しかしお麩はそのデンプンがないため、低糖質、低カロリーとなっています。ダイエットに役立ってくれますね。

豊富なミネラル

カルシウム・カリウム・ナトリウム・マグネシウム・鉄・亜鉛・リンなどのミネラルがバランスよく豊富に含まれています。なんの味もしないと思いきや、これだけ豊富なミネラルが含まれていたなんて驚きですね。

グルタミン酸

お麩の主原料、グルテンにはアミノ酸の一種であるグルタミン酸が含まれています。
グルタミン酸には、脳の機能活性化・利尿作用・血圧調整・リラックス効果などの健康に役立つものと、美肌作り・脂肪燃焼などの美容に役立つもののW効果があります。

女性も子供も喜ぶ♪ お麩レシピ3つ

健康な体を作り、美容にも役立つお麩。キレイを目指す女性だけでなく、育ち盛りのお子さんにも食べさせたいものです。

そこで、今回は育児中のママさんにもおススメの、お麩を使った美味しいレシピを紹介します。明日のおやつやご飯作りに役立てば幸いです。

サクサク食感☆彡お麩ラスク

材料
♥ お麩・・・30g
♥ バター・・・大さじ1
♥ 砂糖・・・大さじ2

作り方

① フライパンを弱火にかけ、バターを入れて溶かします。

② そこにお麩を入れてよくバターを吸い込ませましょう。

③ お麩にしっかりバターがしみ込んだらお砂糖を加えます。

④ 砂糖が溶けてお麩に絡まったら火から降ろし、冷まして完成です。

お砂糖が焦げると苦くなってしまうので注意してくださいね。焦げる直前くらいで火を止めるようにしましょう。

~ 一口メモ ~
仕上げにきな粉やシナモンパウダーを振りかけても美味しいです。小麦粉を使うよりも低カロリーなラスクになるので、ダイエット中のおやつにもぴったりです。

フワフワかる~い食感♪ フレンチトースト

材料 ~ 2人分 ~
♥ 車麩・・・4枚
★卵・・・1個
★牛乳・・・200ml
★砂糖・・・大さじ1~2
♥ バター・・・適量

作り方

① 車麩はお湯に浸けてしっかりと柔らかくしておきます。柔らかくなったら手でギュッと絞って水分を取り除きましょう。

② ★の材料を混ぜ合わせて卵液を作ります。

③ 卵液に車麩を入れしみ込ませてから、バターを敷いたフライパンで両面焼いたら完成です。

~ 一口メモ ~
ハチミツやジャムなどをトッピングして食べましょう。サラダやウインナー、ソーセージを付け合わせて朝食にすると良いですね。離乳食後半のお子様にもおススメのレシピです。

缶詰ホワイトソースで作っちゃえ!お麩グラタン

材料 ~ 2人分 ~
♥ お麩・・・20個
♥ ほうれん草・・・2束
♥ 好きな野菜(かぼちゃ・にんじん・ブロッコリーなど)・・・適量
♥ ホワイトソースの缶詰・・・1缶
♥ 塩・こしょう・・・適量

作り方

① お麩は湯で戻します。柔らかくなったら軽く絞ってください。

② 野菜は下茹でしておきましょう。

カットしてある冷凍野菜を使うと便利です。前もってカット、下茹でしたお野菜を冷凍保存しておくのも良いですね。

③ すべての材料を混ぜ合わせ、耐熱皿に並べ粉チーズをふってオーブンで焼いたら完成です。

焼き時間はオーブンの仕様に合わせるのを基本とし、見て確かめながら表面に焦げ目がつくまで焼きましょう。

~ 一口メモ ~
離乳食で使えるグラタンです。大人用として作るときには、エビやチキン、ハムなどを入れて下さい。

最後に

焼き麩は便利なだけでなく日持ちもするので、常備食材としてストックしておくのも良いですね。今まで素通りしていたスーパーのお麩陳列棚・・・。今日は寄ってあげて下さいね♪ 

著者情報

楽しいことを見つけるために、日々いろいろ模索しています。新しい健康法やビューティレシピを試したり、作ったりするのが好き。

本記事は、2016年1月15日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。