綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 2,789 記事

寝不足?飲みすぎ?泣いた次の日のまぶたのむくみをスッキリさせる方法

著者情報

アンチエイジングアドバイザー・@cosme公認ビューティスト

2016年1月21日更新 | 1,707 views | お気に入り 201

よく眠れなかった日や飲み過ぎてしまった日、号泣してしまった日などの翌朝はまぶたがむくむなどして顔の印象が大きく変わってしまうことがあります。鏡でいつもとは違う自分の顔を見て、「今日は外出したくない!」そんなふうに思うことがありませんか?

今回は、朝起きてまぶたのむくみが気になった時にスッキリさせる方法についてご紹介したいと思います。

まぶたのむくみをスッキリさせる方法

1.温冷美容法

まぶたの腫れやむくみを直接的に解決する方法として最も効果的なのは、温冷美容法です。

用意するものは下記の通り。

用意するもの

保冷剤とミニタオル

  • 保冷剤
  • ミニタオル

冷凍庫ではなく、冷蔵庫で冷やしておいた保冷剤とミニタオルを用意しましょう。
冷蔵庫にあらかじめ冷やしておいた保冷剤がないという人はミニタオルやコットンを冷たい水につけてしぼったものでも代用可能です。
ミニタオルは500ワットで1分程度電子レンジで温めて蒸しタオルにしたものを使用します。

≪温冷美容法とは?≫

文字通り温めるという動作と冷やすという動作を繰り返すもの。
それぞれ1、2分ずつ行いましょう。

蒸しタオルで温める画像

ほうれい剤で冷やす画像

ただし、どちらも温くなってしまっては本来の効果が期待できないため、温めなおす、冷やしなおすなどしながら行いましょう。
また、蒸しタオルを肌につける際は必ず手であらかじめ温度を確認し、低温やけどには注意しましょう。

2.目の周りを優しくマッサージする

まぶたの腫れやむくみは、老廃物がたまっていることが密接に関係しているかもしれません。そのため目の周りをマッサージするのも効果的です。
マッサージの方法は下記の通り。

まぶたのむくみを解消するマッサージ法

1. 眉の下のくぼみあたりを目頭方向から目尻方向に向かって親指の腹を使い刺激していきます。

眉の下のくぼみを押している画像

2. こめかみを親指の腹で心地よいと感じる強さで刺激します。

こめかみを刺激している画像

3. 目の下を目頭方向から目尻方向に向かって中指の腹を使い刺激していきます。

目の下を刺激している画像

4. こめかみを親指の腹で心地よいと感じる強さで刺激します。

こめかみを刺激している画像

5. こめかみに中指の腹をあて肌内部の老廃物を移動させるイメージで、中指を耳のつけねまでおろし、

中指をこめかみから耳のつけねにおろしている画像

耳のつけねのリンパを軽く刺激しましょう。

耳のつけねのリンパを刺激している画像

その後中指をデコルテまでおろしましょう。

中指をデコルテまでおろしている画像

マッサージする時は、必ずオイルやアイクリームなどを塗り肌への摩擦を避けること、そして、強い刺激を加えないよう注意しましょう。また、マッサージの前にはまぶたを温め、マッサージ後に冷やすとより効果的です。

3.白湯を飲む

飲酒でまぶたがむくんだ時には水分を補給することが効果的です。
とはいえ、冷たい水を飲んだのでは体を冷やすことになるほか、胃腸の働きを弱めてしまう可能性があります。

そこでおすすめなのが白湯。
1度沸騰させたお湯を冷ました白湯をゆっくりと時間をかけて口にしましょう。

4.むくみを解消するのに効果的なアイケアアイテムを使用する

まぶたのむくみを解消するには老廃物を排出する効果のあるアイケアアイテムや引き締め効果のあるアイケアアイテムを使用するのも効果的です。

筆者が実際に使用して効果を感じることができたのは、クラランスのリフトアフィーヌアイという目元専用の美容液。

★クラランス リフトアフィーヌアイ
(税抜価格5,800円)

0138618_original_original_1

出典:http://www.clarins.jp/%E3%83%AA%E3%83%95%E3%83%88-%E3%82%A2%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%8C-%E3%82%A2%E3%82%A4/0138618.html

引き締め効果があるので、これを塗りながら前述のマッサージを行うと目の周りがすっきりとします。べとつくこともないため朝使用してもメイクにひびくことはありません。

このほか、全身の血行をよくし代謝を促す、体をしめつけないよう気をつけることもむくみ解消に効果的です。また、食事では塩分の取り過ぎがむくみをまねくことも。日頃から注意しましょう。

本記事は、2016年1月21日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。