綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 2,792 記事

アルガンオイルが美容師に愛される理由!効果的な使い方とは?

著者情報

最近はもっぱらナチュラル思考です。自然が大好き!

2016年2月4日更新 | 2,797 views | お気に入り 199

アルガンオイル

アルガンオイルは美容師の中でも愛用している方が多いオイルです。髪にいいという話を聞いたことがある方も多いと思いますが、具体的にどんな効果があるのかご存知でしょうか。美髪に導くためには絶対に使いたくなる、アルガンオイルについて紹介します。

アルガンオイルとは?

MEL_35252
出典元:http://jp.melvita.com/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%82%AA%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%81%8C%E6%84%9B%E3%81%95%E3%82%8C%E3%82%8B%E7%90%86%E7%94%B1,11,2,8658,81365.htm

砂漠があるモロッコ原産のアルガンツリーの種から採取されます。約30キロから1リットルしか作れない貴重なものです。オレイン酸やリノール酸などが含まれ、肌に馴染みが良いことから美容オイルやヘアケアオイルとして多く利用されています。

シャンプーやトリートメントにもアルガンオイル配合を謳う商品もあるほど、ヘアケアには最適な成分となっています。

アルガンオイルのメリットとは?

最近は天然のオイルを髪に使用する方も増えていますが、実は美容師の間であまり評判が良くないオイルもあるのです。それは日本人が昔から使用してきた椿オイルです。髪をコーティングし艶を出すためには最適なのですが、酸化しやすく皮脂膜は通常のシャンプーでは落ちにくいためパーマやヘラカラーの邪魔になることも。

そこで美容師がすすめるのがアルガンオイルというわけです。アルガンオイルにはもともとビタミンEの量が多いため、蓋を開けても酸化しにくくなっています。髪に使用しても長時間品質が低下せず、酸化によるニオイが発生しません。

アルガンオイルの使い方

pixta_5648040_M

アルガンオイルはシャンプー前に使用したり、洗い流さないトリートメントとしても使える万能オイルです。髪のコンディションにより使い分けましょう。

シャンプー前に

シャンプー前に頭皮に塗布してマッサージすると、頭皮に詰まった皮脂汚れを浮かす効果が期待できます。それから通常通りシャンプーすればしっとりとサラサラなヘアになります。

ドライヤーの前に

ドライヤーをかける前に数滴髪に馴染ませます。すると表面をコーティングするのではなく、内側まで成分が浸透し髪を痛めずヘアケアできます。

タオルドライ後

タオルドライをしてまだ髪が湿っている状態でオイルを数滴馴染ませます。そのままドライヤーや自然乾燥で乾かすと、しっとりとしているのにサラサラ感が出ます。

リンスに混ぜる

手持ちのリンスに数滴混ぜ合わせると、保湿効果が高まります。シャワーで洗い流しても適度な油分が残り、ヘアケアが簡単になります。

まとめ

ヘアケアにオイルを使用しても、仕上がりがいまいち、ニオイが気になる・・・と感じていた方はアルガンオイルに変えてみましょう。オイルの中では少々高価ですが、1本あればスキンケアやボディケアにも使えて便利です。もっと効果を実感するためにアルガンオイルはおすすめです。

本記事は、2016年2月4日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。