綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 2,867 記事

病院での治療が効果てきめん!?病院でできる花粉症対策

著者情報

楽しいことを見つけるために、日々いろいろ模索しています。新しい健康法やビューティレシピを試したり、作ったりするのが好き。

2016年2月15日更新 | 1,446 views | お気に入り 256

もうすぐ春です。今年もまた花粉症の方にとっては辛~い季節がやってきますね。外出するのも億劫にさせてしまう花粉症。今年は病院で治療してみませんか?市販の薬を使うよりも効果てきめん(!?)かもしれませんよ。

病院での花粉症対策

病院ではどういった花粉症の治療を行うのでしょうか?意外と知られていない治療方法や、知っておきたい病院治療のアレコレをまとめてみました。

費用は三割負担での目安です。の場合のものです。あくまで目安であって、診療時間や院内・院外処方などによって料金は変わります。正確な費用が知りたい人は、医療機関に直接確かめてくださいね。

花粉症治療を受けられる場所

花粉症の検査・治療が受けられるのは以下の場所です。

耳鼻科
耳鼻咽頭科
眼科
アレルギー科

どれを選べば良いかは「自分の症状に合わせる」がポイントとなります。
鼻水・鼻づまりがひどいのであれば耳鼻科。痰やのどの痛みがひどいのであれば耳鼻咽頭科。目のかゆみ・涙目に悩まされているのなら眼科。といったように、自分の症状に合わせて選びましょう。

◆ちなみに、症状が軽く薬物療法だけの場合は、内科でも治療を受けることは出来ます。

花粉症診断

まず最初に行われるのが、本当に花粉症であるのかどうかの診断です。自分では花粉症だと思っていても、実は他の病気なのかも知れません。今後の適切な処置のためにも、診断を受けるのは大切です。

主な診断方法

★血中lgE検査★
採血し、血中のアレルゲンに対する抗体の有無、量を調べます。

★皮膚反応検査★
皮膚にアレルゲンとなる花粉のエキスを付着し、アレルギー症状が現れるかを調べます。

★鼻粘膜誘発テスト★
鼻の中の粘膜にアレルゲンとなる花粉エキスを付けて、くしゃみや鼻水などの症状が現れるかを調べます。

~費用~
各検査ともに約3,000円前後

治療方法

薬物療法

昔から行われている治療方法ですね。薬を服用することで、つらい症状を軽減させます。症状が軽いうちから始めると効果が高いです。また、他の治療と併用される場合も多いです。 

費用
点鼻薬・点眼薬・服用薬の3点セットで約3000円(一か月分)

アレルゲン免疫療法

花粉症の原因となっている抗体を少しずつ体内に吸収させることで、体に免疫をつけていく治療法です。
舌の下にからアレルゲンを吸収させるもの(舌下免疫療法・スギ花粉症のみ有効)、注射で直接体内にアレルゲンを吸収させるもの(皮下免疫療法)があります。

費用
一回約1000円(月一回、2~3年通う必要あり)

レーザー手術

アレルギー反応を引き起す箇所の一つ、鼻の粘膜をレーザーで焼き、アレルギー反応を起こしにくくする治療法です。特に鼻水や鼻づまりの症状が重い患者さんに有効な方法です。日帰りで受けられます。

鼻の粘膜は時間とともに再生するので、数年で効果はなくなります。そのため、効果を持続させるためには数年に一度受ける必要があります。

費用
一回約9000円 

最後に

花粉症に対する病院の治療や薬も進化しています。市販薬をず~と購入し続けるのを思えば、病院治療は的確でコスパも良いと言えましょう。快適に花粉の季節を乗り切るために、一度病院に行ってみましょうね。

本記事は、2016年2月15日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。