綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 2,866 記事

肌荒れタイプ別 効果的な食べ物のまとめ

著者情報

最近はもっぱらナチュラル思考です。自然が大好き!

2016年3月9日更新 | 1,967 views | お気に入り 268

肌荒れにいい食べ物

肌荒れの改善を食事でやる場合にまっさきに思い浮かべるのがビタミンでしょう。肌を守る働きがあるビタミンは女性なら積極的に摂りたい栄養素でもあります。でもビタミンと一言でいっても様々なものがあるため、肌荒れの悩み別に効くビタミンを摂取してみませんか?どれが良いか迷っている方におすすめの情報を紹介します。

本来日本人は肌荒れが少ない民族

本来日本人は野菜を多く食べ、発酵食品も食べていますから、肌荒れが少ない民族なのです。日本人のキメ細やかな肌は大豆食品や発酵食品など、日本独特の食文化によるものともいえます。しかし、近年は食生活が欧米化しており、肌荒れを感じる方も増えているようです。

そんな肌トラブルを抱えている方は、肌の健康をサポートするビタミン類を積極的に摂るようにしてみましょう。

肌のトラブル別ビタミン

肌荒れと食べ物

肌に良いビタミンといっても多数種類があるため、まずは肌トラブル別に必要なビタミンを選んでみてください。ビタミンCのように熱に弱いものも多いため、ビタミンを摂るならできるだけ加熱しても壊れにくい調理方法がおすすめです。ビタミンが多い緑黄色野菜を選んだり、じゃがいものように熱に強いビタミンCが摂取できるものがおすすめです。

ニキビにビタミンB群

ビタミンB群は脂質の代謝を良くする働きがあるため、ニキビ対策になります。特に皮脂をコントロールするために重要なビタミンB2の摂取がおすすめです。また、糖分を多く摂取しているとビタミンB群の消費が多くなるため注意してみてください。
ビタミンB群を多く含む食べ物は、レバー(特に豚レバー)、ハツ(心臓)、うなぎ、うずらの卵などです。

乾燥肌にビタミンA

ビタミンAは粘膜の保護に役立ったり、傷ついた細胞の再生を促がす作用があります。新陳代謝を活発にし、肌の潤いをアップさせてくれます。皮脂分泌にも関わっているため、肌が乾燥する方におすすめです。同時にビタミンB群やビタミンE、ビタミンCも摂ると効果的です。
ビタミンAを多く含む食べ物は、鶏レバー、豚レバー、あん肝、うなぎの肝、ほたるいか、銀鱈、バター、しそ、パセリなどです。

年齢対策にイソフラボン

イソフラボン

大豆に含まれるイソフラボンは女性ホルモンと似た働きをするため、年齢対策の肌荒れに効果的です。女性ホルモンが減少すると肌の潤いを保つコラーゲン・ヒアルロン酸の生成力が低下します。30代や40代くらいの女性におすすめの成分で、シミやシワ予防に役立ちます。
イソフラボンを多く含む食べ物は、納豆、豆腐、味噌、醤油、豆乳、きなこ、油揚げ、厚揚げ、もやしなどです。

まとめ

肌のためのビタミン摂取と考えると、サラダを大盛りに食べれば良いと考える方も多いでしょう。しかし生野菜だとたくさん食べられず、思ったほどビタミンが摂取できていないこともあります。温野菜など加熱した野菜を取り入れたり、和食で野菜を食べるのもいいかもしれません。大豆も肌に良い食材ですから納豆や豆腐も食べてみてくださいね。

本記事は、2016年3月9日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。