綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 2,845 記事

実は身体によくない!?日常でつい口にしていた不健康食品4つ

著者情報

楽しいことを見つけるために、日々いろいろ模索しています。新しい健康法やビューティレシピを試したり、作ったりするのが好き。

2016年3月4日更新 | 8,183 views | お気に入り 233

ついつい食べちゃう・・・不健康食品4選

私たちが普段何気なく食べたり飲んだりしているものの中には、実は身体に良くない不健康食品があるんです。ついつい気にせず口にしてしまっている不健康食品を4つ紹介します。

▲マーガリン

トーストに塗ると美味しいマーガリン。同じように脂を加工したものにはバターもありますね。
マーガリンは植物性脂が主原料。それに対しバターは動物性脂が主原料となっています。双方を比べると、植物性脂のマーガリンのほうが健康的に思えます。

しかし実は、体に不健康なのはマーガリンなんです!マーガリンは製造工程でトランス脂肪酸というものが生成されます。このトランス脂肪酸は血中コレステロール値を上昇させてしまいます。その結果肥満や心臓病のリスクを高くしてしまうんです。

植物性だから健康に良いと思っていたマーガリン、実は身体には良くないんです。

▲養殖サーモン

サーモンにはアンチエイジング効果のあるアスタキサンチンがたっぷりと含まれています。しかし全てのサーモンが良いという訳ではありません。
気をつけたいのが外国産の養殖サーモンです。海外産のサーモンの中には、きれいなピンク色にするために色素を入れ人口エサによって育てられたものがあります。また、病気予防のために強い殺虫剤や、抗生物質がエサに含まれていたりもします。

そんな化学物質漬けとなったサーモンが身体に良いわけがありませんよね。
スーパーでサーモンを購入する際、お寿司屋さんでサーモンを頼む際には外国産は避けるようにしましょう。

▲コーヒーフレッシュ

カフェやファストフードでコーヒーを注文するとついてくるコーヒーフレッシュ(ミルク)。実はこのコーヒーフレッシュ、本当の生クリームではありません。植物油に添加物を加えてミルク風に仕立てたものなんです。人工物をいくつも使用して生クリーム風にしています。ドリンクバーで使い放題になっているコーヒーフレッシュは、このような添加物たっぷりの人工クリームである場合が多いです。気をつけましょう。

▲ダイエット飲料

カロリーゼロの炭酸飲料はダイエットに良いイメージですね。しかしカロリーゼロなのに何故甘いのでしょうか?その正体は人工甘味料。人工甘味料は普通の砂糖の約1/100のカロリーでありながら、甘さは砂糖の約100倍となっています。そのため少ない量でも十分の甘さになるんです。

カロリーが低いためダイエットにぴったりのようですが、最近、人工甘味料が身体に悪影響を与えることが分かってきました。人工甘味料には「食欲を増進する」作用があるんです。カロリーを控えるためにダイエット飲料を飲んでいても、飲む量が自然と増えてしまったり、食事の量が増えてしまい、かえって太ってしまう人が増えています。

「カロリーゼロだから大丈夫♪」とダイエット飲料に頼ってしまうのは危険です。ダイエットをするのであれば、カロリーゼロのお茶やブラックコーヒーを飲みましょう。 

最後に

紹介したものはどれもついつい口にしてしまうものですね。健康に良さそうだと思っていても、実は不健康食品だったなんてものは他にもあります。何でも口にしてしまうのは危険ですね~。健康のためにも気をつけましょう。

本記事は、2016年3月4日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。