綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 2,845 記事

気になる乾燥肌対策に!プロも実践する保湿方法

著者情報

メイクアップアーティスト・美容ライター

2016年3月2日更新 | 4,034 views | お気に入り 231

冷たい風が頬をかすめ、乾燥に拍車がかかるこの時期。
ガサガサ肌は、せっかく美しく仕上げたメイクのパフォーマンスを落としてしまいます。
しかし、通常のスキンケアをしても、ガサガサ肌から逃げ出せない!とお嘆きのあなたに、プロも実践する、とっておきの保湿方法をご紹介します。

洗顔後が決め手のホットタオル蒸し

通常のスキンケアでも、乾燥のガサガサ肌から脱することができない場合は、スペシャルケアを取り入れてみましょう。通常のスキンケアに比べれば当然手間はかかるのですが、その分、肌状態はだいぶ復活してきます。

1. 洗顔後、40℃前後の心地よい温度のホットタオルを顔にのせ、待つこと2〜3分程度。ホットタオルから出る熱と蒸気で肌が蒸され、毛穴が開きます。

2. 普段のスキンケアに移ります。乾燥からくるガサガサ肌でお困りのときは、化粧水も保湿力の高いセラミドが多く配合されているものをチョイスするとよいでしょう。1回につける適量を、3回くらいに小分けにして、1回つけてはなじませ、またつけてはなじませ…。とこまめに浸透させましょう。

3. 手のひらで顔をつつみこむように化粧水をなじませたら、保湿力の高い美容液をなじませます。

4. 乾燥がひどい場合は、クリームがオススメ。手のひらでしっかりとクリームを温めたら、塗るというより手のひらで置いていくようにのせていきます。このとき、ゴシゴシと摩擦するのはNGです。

これは、エステサロンでも実践されている技法です。
ホットタオルの温熱効果で肌が柔らかくし、また毛穴を開かせることで、浸透しづらかった保湿成分を浸透しやすくする一手間です。スペシャルケアとして週に1度行うだけで、肌質がグンと向上します。

レスキューアイテムはコットンとプチプラ化粧水

自宅で簡単にできるレスキュースキンケアは、ホットタオル+コットンパックです。
コットンパックとは、コットンに化粧水を浸し、顔にのせて浸透させるという技法です。コットンに浸す化粧水は、ヒタヒタになるくらいがオススメ。

でも、高い化粧水だから躊躇してできない…。と迷っているあなた。安心してください、コットンパックを行う際の化粧水は、ドラッグストアなどにあるプチプラ化粧水でOK!これなら、コストを気にせず、安心してコットンパックをすることができます。

プチプラなのに高機能!無印良品の化粧水

プチプラコスメで人気を博している『無印良品 化粧水・敏感肌用 高保湿タイプ』。

400mlの大容量で1200円(税込)というお財布に優しいアイテムです。コットンパックはもちろんのこと、デイリーユースとしても◎!量を気にせず使えるというのは、嬉しいですよね。

コットンパックの方法

1. 1つのコットンが、数枚に分けてはがせるタイプのものがオススメ。はがせないタイプのコットンは、斜めや横に少し伸ばし、面積を少し広げて使用しましょう。

2. 使用するコットンを、水道水で軽く湿らせ手のひらでプレスするように絞ります。こうしておくことで、化粧水もコットンに広がりやすくなります。

3. 用意しておいたプチプラ化粧水を、滴らない程度にコットンにまんべんなくつけ、肌の上にのせていきます。

4. 額に1枚、頬に1枚など、なるべく肌を覆うことができるように、コットンをのせていきます。肌にピッタリとなじませ、放置すること約3分。放置時間は、長すぎてもダメ。水分が蒸発していくと同時に、肌内部の水分まで蒸発させてしまうため、コットンパックで乾燥してしまった…。なんていうことになりかねません。

5. 時間になったら、コットンを優しくとっていきます。その後、手のひらであたためるようになじませることも忘れずに。それから、普段のスキンケアを優しく施していきましょう。

コットンパックを毎日やれば、もっと肌が良い状態になるのでは…。とライフワークにするのはNGです。あくまで、スペシャルケアとして、週に1回、多くても2回にとどめましょう。

黒木オススメ保湿アイテム

プティレアージュ クリア モイスト ローション 120ml ¥7,000

私が、持っている数ある化粧水のなかでも最近大活躍しているのは、こちらの『プティレアージュ クリア モイスト ローション』です。保湿力がとても高く、プレミアムホエイと呼ばれるホエイエキスを配合していることから、肌のターンオーバーを促す作用も。繰り返し使うほど、透明感のある肌を実感しています。

プチプラ化粧水は、コットンパック用として持ち、少し値段の張る化粧水は、普段使うものとして使い分けることで、実に効率的!

まとめ

肌の乾燥は、エアコンや外の風などの外的刺激だけが原因ではなく、食や睡眠などの生活習慣も大きく関係しています。そのため、規則正しい生活は必要不可欠です。また、洗顔時や入浴時のお湯の温度が高すぎても、乾燥を招きがち。そういった、身の回りの細かなことに気をつけていくことも、大切な乾燥対策になりますよ!

困ったときの、スペシャルケアで潤い肌をゲットしましょう!

本記事は、2016年3月2日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。