綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 2,769 記事

春にお肌がピリピリする!?春の肌荒れの原因と対策

著者情報

楽しいことを見つけるために、日々いろいろ模索しています。新しい健康法やビューティレシピを試したり、作ったりするのが好き。

2016年3月2日更新 | 3,154 views | お気に入り 163

春になるとお肌がピリピリと痛くなることがありませんか?何故春になると肌荒れが起こってしまうのでしょうか?その原因と対策法を紹介します。

春の肌荒れ~原因~

気温の変化

冬から春にかけては気温の変化が激しいですね。気温の変化は体に大きな負担をかけます。自覚は無くても、自律神経やホルモンの分泌が乱れてしまうんです。そうなると、肌の代謝も弱まりいつもよりも敏感肌になってしまい、ちょっとした刺激で肌荒れを起こしてしまうんです。

服装が原因かも・・・
春になるとついつい春らしい軽やかな服装がしたくなりますよね。気温はまだそれほど高くはないのに、つい薄着をしてしまうことも体を冷やし代謝を弱めてしまいます。その結果、肌のバリア機能が弱まってピリピリしてしまうこともあります。
春らしいオシャレを楽しみたいですが、あまり体を冷やすのは良くありません。気をつけましょうね。

花粉

多くの花が芽吹き、花粉が飛散する季節です。花粉は体にも付着します。花粉症の人は花粉を吸い込むだけでなく、体に付着するだけでもアレルギー反応を起こしてしまうこともあります。付着した花粉によって肌が炎症を起こしピリピリしてしまうんです。

花粉症でない人も注意!
花粉症でない人でも花粉は肌に悪影響を与えます。要は「花粉=汚れ」が顔や体に付着するということですからね。ほこりや雑菌が肌についたら肌荒れを引き起すのと同じことです。

紫外線

意外と紫外線が強いのが春。まだまだ大丈夫♪と紫外線対策をしっかりとしていない人も多いのが春です。紫外線は色素沈着だけでなく、肌の乾燥も引き起してしまいます。
気温の変化でバリア機能が弱まっているところに、大量の紫外線・・・。肌荒れが起こらない訳はありませんよね。

春の肌荒れ~対策法~

保湿とバリア機能アップ

原因から分かるように、春の肌荒れ対策として大切なのは「保湿とバリア機能アップ」です。
紫外線対策として日焼け止めを塗ることも大切ですが、まずは紫外線に負けないようにバリア機能を高め肌を強くしましょう。そして、そのために大切なのが保湿です。
美容液で肌に栄養を与えるよりも、まずは保湿をしましょう。保湿をして健康な状態であることで、美容液の効果もアップします。まずは保湿、さらに保湿、何よりも保湿(しつこい?)が大切です。

おススメのスキンケアコスメ

最後に保湿とバリア機能アップに優れたスキンケアコスメを2つ紹介します。春の肌荒れでお悩みの方、どんなスキンケアコスメを使ったら良いかわからないという方はこちらを試してみてくださいね。

ディセンシア つつむシリーズ

敏感肌さんのためのスキンケアコスメです。保湿とバリア機能アップに特化した保湿系コスメなので、春の肌お手入れにぴったりですよ。

トライアルキットが用意されているので、まずはそちらで肌との相性を確かめてくるのがおススメです。

↓トライアルキット1,470円。2週間試せます。

画像出典 http://www.decencia.co.jp/g/gK802/

小林製薬 ヒフミド

お肌の保湿を担っているのはセラミドです。セラミドが肌の水分をギュッと溜め込む役割をしています。セラミドが不足すれば肌が水分を保持できなくなり、乾燥してしまいます。
セラミドって保湿にとっても大切なんです。

そんなセラミドを配合したのが小林製薬のヒフミドシリーズです。肌に吸収されやすい人型セラミドを使ったスキンケアコスメとなっています。一度は試してみる価値ありですよ~。

こちらもトライアルセットがありますね。まずは肌に合うか試してみましょう。

↓980円で1週間試せます。可愛いポーチ付き♥


画像出典 https://www2.kobayashi.co.jp/products/0/66111.html

最後に

肌荒れが酷くなってしまう前に早めに保湿をしバリア機能を高めておきましょう。春は体も乾燥しピリピリすることがあります。
フェイスだけでなく、ボディの保湿とバリア機能アップも忘れないようにしましょうね。 

本記事は、2016年3月2日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。