綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 2,866 記事

体が柔らかいと美しく見える?綺麗な人に共通するしなやかポイント

著者情報

ヨガ・ピラティス・美姿勢インストラクター

2016年3月4日更新 | 3,670 views | お気に入り 294

こんにちは。美姿勢インストラクターの美宅玲子です。

女優さんやタレントさんの中にも、ヨガやバレエ、ストレッチなどで体を柔軟に保っている方が多くいます。体を柔らかくすると、美容や健康にどう影響するのでしょうか。そして、美を追求するために、どんな柔軟エクササイズをおさえておくといいのでしょうか。

しなやかな健康美を作るポイントを、ご紹介致します。

体が柔らかいと美しく見える?

生まれたての赤ちゃんの時は、誰でも体が柔らかく、みずみずしかったでしょう。
子供の頃は、コロコロと走り回れる弾力のあるしなやかな体を持っていました。しかし、年を取るごとに、高齢になると一般的に体は硬くなり、動きがぎくしゃくしたぎこちないものになり、転倒しやすくなっていきます。

柔らかい体は、しなやかな身のこなしができ、循環がよく、はつらつとして美しいものです。しなやかな体を作るエクササイズであるピラティスの創始者、J.ピラーティーズ氏は、著作の中で『30歳でも、脊柱(背骨)が硬ければ体は60歳であり、60歳でも脊柱が柔らかければ、その体は30歳である(通解)』と言っています。

体が柔らかいとは、関節の動かせる範囲が広いことを言います。
動かせる範囲が広ければ、日常動作に余裕が生まれます。
余裕を持って体を動かせることが、心のゆとりや優雅な立ち居振る舞いにつながります。

猫背に代表される姿勢の崩れは、丸まった姿勢のまま関節周りの筋肉が疲労してこわばり、硬くなってしまうことから進んでいきます。柔軟性があれば、一時的に姿勢が崩れたとしても立て直すことができるものです。

体が柔らかいだけでは足りない?

体は硬いよりかは柔らかい方が若々しくしなやかに見えますが、ただ柔らかいだけでは美しい姿勢を保つことはできません。筋力がないと、疲れやすくフニャリとつぶれてしまうためです。
柔軟な体と共に、その体を正しいポジションで支えるための筋力をつけておくことが、姿勢やスタイルを良く保つコツです。

それでは、体型を美しく保ち、しなやかな身のこなしをするために必要な柔軟性と筋力を同時に身につけるポイントとストレッチ方法をご紹介致します。

柔らか&筋力ストレッチ

①股関節の前後開脚ストレッチ

股関節の前後開脚の柔軟性をつけ、筋力をつけると、ヒップアップし、細く長く引き締まった脚を作ることができます。

DSC_0189_2

1. 両膝で床に立ち、右足を一歩前につきます。

2. 両手を床につき、左膝を一歩後ろにつき直し、股関節を気持ち良く前後に開きます。

3. 左つま先を立て、かかとを後ろに突き出すようにして左膝を伸ばします。
(※腰の高さはできるだけ最初から変わらないようにしましょう。)

4. 余裕があれば両手を挙げて、深呼吸を5回繰り返します。

反対足でも同様に行います。
(※股関節の柔軟性と、下半身の姿勢を保つ筋力を同時につけることができます。)

②股関節の左右開脚ストレッチ

股関節の左右開脚の柔軟性をつけ、筋力をつけると、お尻と内ももが引き締まり、まっすぐな美脚を作ることができます。

DSC_0190_2

1. 両足を肩幅以上に大きく開き、つま先を外に向けて立ちます。

2. 股関節・膝もつま先と同じ外を向け、息を吸いながら腰を真下に下ろして両膝を曲げます。
(※腰が反ったり、上体が前傾したりしないように、真下に下ろします。)

3. 内ももの伸びを気持ち良く感じる程度に膝を曲げて腰を下ろしたら、息を吐きながら膝を伸ばします。

その際お尻が内側に寄って引き締まるイメージを持ちます。
深いゆっくりとした呼吸とともに10回繰り返します。
(※内ももの柔軟性と、姿勢を保つ筋力が養われます。)

③デコルテのストレッチ

デコルテ周りの柔軟性をつけ、肩甲骨の間の筋力をつけると、胸が引き上がり、背中が引き締まり、猫背を解消することができます。

DSC_0178_2

1. 両手を腰の後で組み、肘を伸ばして肩を引き、肩甲骨を寄せます。

2. 深呼吸を5回繰り返しながら、鎖骨や肋骨が広がり、胸が引き上がるデコルテのストレッチ感を味わいます。

3. 肩甲骨を強く寄せる意識を持って、肘を伸ばしたまま組んだ手を離します。

できるだけ手のひら同士が離れないようにして、10秒キープします。

おわりに

いかがでしたか?最初は思うように体が伸びず、痛いかも知れません。
無理をせず、深い呼吸を続けられるポーズの加減を見つけましょう。

これらのストレッチは、体が柔らかくなるだけでなく、姿勢を良く保ち、体型のメリハリを作る筋力をつけられるので、しなやかでバランスのいい、動きやすい快適な体で生活を送ることができます。

心や人生も張りのある前向きなものへと変えてくれるでしょう。

本記事は、2016年3月4日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。