綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 2,845 記事

乾燥は秋冬だけじゃない!春の肌が乾燥する原因とは?

2016年3月15日更新 | 2,388 views | お気に入り 318

秋冬よりも春のほうが肌が乾燥する気がするのは私だけでしょうか・・・?
春になぜ肌が乾燥してしまうのか、その原因とケア方法を紹介します。

春の乾燥肌~原因~

まだまだ湿度は低い

気温が上がり、ポカポカ陽気の日も多くなる春。気温が高くなってくると、湿度も上がっていると思いがちです。しかし、ポカポカ陽気になっても、まだまだ湿度は低い傾向にあります。

まずは下の図を見てみましょう。↓


画像出典 http://www.tabirai.net/sightseeing/okinawa/info/about/weather.aspx

図を見ると春は全国的に湿度がまだまだ低いのが分かりますね。
札幌に至っては冬よりも春のほうが湿度が下がっちゃっています。これは降水量、降雪量が少なくなるのが影響しています。

このように3~4月は空気が乾燥しているため、お肌も湿気不足で乾燥肌になってしまうんです。

紫外線

湿度はまだ低いのに多くなるのが紫外線量です。

こちらもまた図をご覧ください。↓

 
画像出典 http://www.n-in-tenjin.jp/course/fleck.html

紫外線量がグンと増えるのが3月です。紫外線の強さを見れば、4月はもう夏場と同じくらいの強さになっています。

紫外線は色素沈着を引き起こすだけでなく、肌に水分を閉じ込めるための肌バリア機能を壊してしまいます。バリア機能が壊れてしまえば、肌の水分はどんどん逃げて行ってしまいます。その結果お肌が乾燥してしまうんです。

春風

春の風って気持ちいいですよね。思わず「気持ちいい~。うふふ~♥」と体全体、もしくはフェイスでその風を受け止めてしまいます。しかしこの行為って乾燥した空気をモロに肌に当ててしまっているんです。
冬場は乾燥した空気から守るために、マフラーやマスクなどでガードしていますね。しかし春風の気持ちよさで、ついつい開放的になって風を受け止めてしまうことが、肌の乾燥の原因となっています。

春の乾燥肌~ケア方法~

春の乾燥から肌を守るためのケア方法を紹介します。

冬と同等の保湿ケアを

まだまだ湿度が低いので、冬と同じような保湿ケアをしましょう。夏用スキンケアに切り替えるのはまだ早いです。気温が上がってきても湿度は上がっていないことを理解し、冬に引き続きしっかりと保湿ケアをしましょう。

紫外線対策も忘れずに

紫外線対策も忘れてはいけませんね。「保湿ケア+紫外線対策」が春のケアとなります。外出時には日焼け止めだけでなく、帽子や日傘などを使いましょう。
春風から肌を守るため、スカーフやショールを使うのもおススメです。可愛いスカーフやショールは春ファッションにもぴったりですからね。

インナーケア

体の中からのケアも大切です。肌の保湿機能を高めるものを食べましょう。

~保湿機能を高める栄養と食材~
♥ ビタミンA(βカロテン)・・・レバー・うなぎ・乳製品・卵
♥ ビタミンC・・・緑黄色野菜・フルーツ・緑茶
♥ ビタミンE・・・オリーブオイル・ココナッツオイル・ナッツ類
♥ タンパク質・・・肉類・魚介類・豆類

↑のような保湿機能を高めるものを積極的に食べましょう。ファストフードやお菓子ばかり食べていては、肌の保湿機能が低下してしまうので気を付けましょうね。

最後に

肌の乾燥はあらゆる肌トラブルの原因となります。いろいろな肌トラブルに悩まされないためにも、しっかりと乾燥対策を行いましょう。

著者情報

楽しいことを見つけるために、日々いろいろ模索しています。新しい健康法やビューティレシピを試したり、作ったりするのが好き。

本記事は、2016年3月15日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。