綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 2,767 記事

春到来!旬のふきのとうの食べ方&簡単レシピ

著者情報

自分に素直に生きることをモットーにしています。

2016年3月14日更新 | 3,104 views | お気に入り 183

春と言えば、ふきのとうがおいしい季節です。旬のものを食べて元気になりましょう!!

山菜には身体を目覚めさせる黄河がありますが、フキノトウには・・・
★カリウム:塩分の排出
★アルカノイド:肝機能効果、新陳代謝促進
★ケンフェール:発がん物質抑制
★フキノリド:健胃効果
などの成分が含まれています。
春の香りたっぷりのフキノトウで体を目覚めさせてあげましょう!

今回は、ふきのとうを使ったレシピの紹介です。

ふきのとうの天ぷら

材料【2人分】
  • ふきのとう・・・1パック
  • さつま芋・・・1本
  • 天ぷら粉・・・適量
  • 油・・・多め(少ない油だとカラッと揚げることが難しい)

その他で好きな野菜があれば、ご一緒に。お勧めは彩りが良くなるかぼちゃや、食感が良いゴボウをお勧めします。

作り方

1.天ぷら粉は水で溶いておく。(使用する天ぷら粉の袋などに記載してあります)

2.ふきのとうはつぼみを見せるように葉っぱを広げる。さつまいもは、食べやすく火が入りやすい大きさに切る。

3.油を入れた鍋を火にかけて、160度超程で天ぷら粉を落としてみる。丁度良ければOK。(温度計が付いていると失敗はないでしょう)

4.ふきのとうはつぼみの方から入れて、花が咲く状態にする。余分な天ぷら粉を落とした方がいいので、鍋の中でふきのとうを揺らす。さつまいもは衣が薄すぎるとおいしくないので、しなくてよい。

5.両面を揚げて、カラッとなっていれば出来上がりです。

 ふきのとうは、食感が良いので天ぷらに適しています。塩をかける食べ方がお勧めです。素材の味が生きてます!

春のふきのとうパスタ

材料【2人前】
  • パスタ・・・200g
  • ふきのとう・・・6個
  • ベーコン・・・100g
  • ほうれん草・・・1/3束
  • にんにく・・・1片(大きめ)
  • 鷹の爪・・・少々
  • 塩・・・少々
  • オリーブオイル

ふきのとう、ほうれん草など旬の素材を使うといいでしょう。たけのこなどの春の食材もお勧め。

作り方

1.鍋にお湯を沸かします。

2.にんにくを包丁の歯の付け根で潰してから切ります。鷹の爪も同様です。(辛いのが苦手という人は鷹の爪の量に注意しましょう)

3.ほうれん草やベーコンをざっくりと切っておく。

4.お湯が沸いたらパスタを入れる。

5.パスタをゆがいている間にふきのとうの下ごしらえをする。葉をはがして、縦にスライスする。すぐに冷水にさらしてあく抜きをする。あくが抜けてくると、水が茶色に変色して来ます。

6.フライパンを熱して、オリーブオイルとにんにくを入れます。(弱火)ベーコンを入れて炒めます。さらに、あくを取ったふきのとう、ほうれん草を入れて炒めます。

7.そろそろパスタがゆであがっていますので、フライパンにパスタを入れます。このときに、パスタのゆで汁を適量入れて下さい。オリーブオイルが足りないと思う場合は、好みでプラスしましょう。炒め合わせたら出来上がり。

さいごに

ふきのとうは、やはり食感を楽しめる料理に使うことがお勧め。やはり、天ぷらが王道なのかなと思います。食感を生かすために、天つゆに付けない方がカラッと食べることができるでしょう。パスタは、春の素材を入れて、彩りよく作ると食をそそります。

春はふきのとう以外にも旬の山菜がいっぱい♪
山菜のパワーで元気な身体に!春に山菜が美味しいと感じる理由とは

本記事は、2016年3月14日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。