綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 1,863 記事

先天性耳瘻孔(じろうこう)ってどんな病気?~病気のきほんから治し方まで~

2016年3月25日更新 | 13,727 views | お気に入り 481

先天性耳瘻孔(じろうこう)という病気

はじめて聞いたという人もいるかと思いますが、先天性耳瘻孔(じろうこう)という病気があります。先天性と付いているので、生まれつきの病気です。人口の2%がこの病気になっているとも言われますが、その程度はさまざまだそうです。今回は、この病気のお話です。

先天性耳瘻孔(じろうこう)

病気の全体像

遺伝性の病気です、よって先天性となっています。
耳の小さな孔(あな)があり、大きさは縫い針の穴程度のものです。時々その孔が耳介軟骨(じかいなんこつ)の上にできる場合もあります。

この孔(あな)の下には、袋状のものがあり、その中に膿がたまったりします。膿は白っぽいものであることが多く、自然に出てくる場合もありますし、孔(あな)付近を押すことで中から出てくることもあります。いずれにしても、においがしたり、中で膿が増えすぎて孔(あな)付近が腫れて炎症を起こしたりすることもあります。痛みを感じることもあり、中には激痛を伴う場合もあります。

出典元:http://allabout.co.jp/gm/gc/441068/

一般的には、この場所にできることが多いようです。

出典元:http://allabout.co.jp/gm/gc/441068/

このような場所に起こりやすいとされています。

治療方法

治療の方法には大きく分けて2種類あります。

孔(あな)が見られるが、症状は何もない
この場合は、そのまま様子を見るということになります。その場合も、孔(あな)付近を清潔にしておくということが重要になります。不潔にしていると、膿が溜まるという可能性もあります。
膿が溜まったり、炎症を起こしている
この場合は、軽い場合は抗生物質や消炎薬を飲んで治したりします。
            
薬が効かない場合
切開して膿を出します。後日、袋を摘出する手術を行います。

手術について

手術というと、どうしても「怖い!」という気持ちが先行してしまいます。手術と言っても、程度はさまざまのようですが、どのような手術が行われるのでしょうか。

局所麻酔で行う

手術を行う付近のみを局所麻酔で行うということがあります。この場合は、痛みはありませんが、意識はある状態となります。もちろん、手術の状態が見えないように配慮はされるので心配はいりません。

全身麻酔で行う

じっとしていることができない子どもさんや、病態によっては全身麻酔で行うということもあります。この場合は、手術しているときの意識はありませんが、人によっては術後に体調不良を起こす場合などもありますので、気になることがあったら、事前にしっかり聞いておくようにしましょう。

さいごに

先天性耳瘻孔(じろうこう)は、遺伝性の病気なので、これからも無くなるということはなさそうです。病態によって、処置方法も違って来ますが、日常生活に支障のある場合は早めに手術を行う方がその後の生活を考えるとよい気もして来ます。

著者情報

自分に素直に生きることをモットーにしています。

本記事は、2016年3月25日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。