綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 1,863 記事

突然の貧血でも大丈夫!シチュエーション別の貧血対処方法5つ

2016年3月16日更新 | 9,270 views | お気に入り 446

突如訪れる貧血(脳貧血)の症状。普段から貧血にならないための体づくりをしておくことも大切ですが、それでも突然起こってしまうのが貧血というものです。

「やばいっ!貧血だ・・・。」突然貧血になってしまった時の対処法を紹介します。

シチュエーション別貧血対処法

人ごみの中

◎しゃがむ・座る

駅や電車の中、街の人ごみの中でも突然貧血はやってきます。貧血の症状を感じたらまず「しゃがむ・座る」が大切です。立ったままでいると、最悪意識を失い倒れてしまうことがあります。倒れて頭を打ってしまったら大変ですからね。まずは姿勢を低くするようにしましょう。横になれる場合はすぐに横になりましょう。

椅子やベンチがあれば良いのですが、ない場合は地面に座っちゃってください。恥ずかしいなんて思う必要はありませんよ。

◎衣服を緩める

突然の貧血の原因は「脳の血液不足」です。脳にしっかりと血液が運ばれていないため、失神や立ちくらみ、めまいなどが突然起こってしまうんです。

座ったり、しゃがんだりして体制を整えた後は、衣服を緩めましょう。体の締め付けがなくなることで、血流が良くなり脳にも血液が運ばれやすくなります。シャツのボタン、ベルトなどを外しましょう。女性の場合、胸を締め付けているブラジャーのホックも外してしまうのが良いですよ。

◎体を温める

貧血を起こすと体が冷たく感じますよね。指先なんて冷え切ってしまっています。
貧血(脳貧血)の最中は体温が急激に下がってしまいます。体温が下がってしまうと益々血流が悪くなり、脳に血液が行きにくくなってしまいます。

血流を良くするためにも体を温めるようにしましょう。近くに自動販売機があるのなら温かい飲み物を購入し、少しずつ飲んで体の中から温めるのも効果的ですよ。

長時間立ちっぱなし

朝礼の時、校長先生の話が長くて貧血を起こすことってありましたよね。長時間の立ちっぱなしもまた突然の貧血を引き起こしてしまいます。

◎足の指を動かす

症状がひどい場合はすぐにしゃがみ、対処することが大切です。軽く貧血を感じるくらいであれば、足の指を動かすのが効果的です。立ちっぱなしによって悪くなってしまった血流を改善する効果があります。靴の中で足の指を何回かグーパーしてみましょう。

屈伸やふくらはぎのマッサージをするのも効果的です。

運動直後の貧血

汗をかくことによって血中のヘモグロビンが減少したり、足底への刺激により赤血球が破壊されることで運動後に貧血になる場合もあります。

◎スポーツドリンクを飲む

軽いめまいや頭痛の改善にはスポーツドリンクが役立ちます。水分不足は血液をドロドロにし、さらに血流を悪くしてしまいます。スポーツドリンクを飲むようにしましょう。

ドリンクといっても何でもよいわけではありません。コーヒーや紅茶、緑茶は鉄分の吸収率を下げてしまうので、貧血解消には不向きです。運動後に貧血を感じた時には絶対に飲まないでくださいね。

▲生理前後・生理中は特に注意

ホルモンバランスが乱れる生理前後、経血によって体内の血液量が少なくなる生理中は特に貧血を起こしやすい時期です。生理期間中は、人ごみに行く場合、長時間立ちっぱなしが続く場合、スポーツをする際には特に気を付けましょう。

最後に

どのようなシチュエーションでも貧血の対処法の基本は「座る・衣服を緩める・体を温める」の3つです。この3つだけは必ず覚えておいてくださいね。

著者情報

楽しいことを見つけるために、日々いろいろ模索しています。新しい健康法やビューティレシピを試したり、作ったりするのが好き。

本記事は、2016年3月16日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。