綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 2,741 記事

子育ての合間でもできる、綺麗なママでいるためのポイント4つ

著者情報

メイクアップアーティスト/美キャリア・ラボ代表

2016年3月22日更新 | 2,472 views | お気に入り 153

朝から寝るまでバタバタバタ…子育て期はほ~んとに大変。
ママさんたち、毎日お疲れ様です!今回は時間が無くても大丈夫!
「子育ての合間でもできる、綺麗なママでいるためのポイント4つ」をお届けいたします。

1、スキンケアは「保湿!保湿!保湿!」

お子さまが小さい場合、お風呂から出た後はまずは子どものお世話に追われ、自分のスキンケアなんてやってられないですよね!でもお肌のケアをしないでいると乾燥を招き、さまざまな肌トラブルの原因に。「肌が乾く隙を与えない」お手入れを意識しましょう。

洗顔後やお風呂から出たらスキンケアをつけるまでのとりあえず保湿として、ジェルタイプのパックやオイル美容液を塗ります。その後、もしも通常のお手入れができず寝てしまったとしても保湿効果が得られますよ。

お手入れをする時間があるときはしっかりやる、出来ない時は乾かないような簡単ケア、それだけでも大丈夫ですよ!

おススメ商品

SK-Ⅱスキンリブースター

長時間潤いをキープするジェル。
私は10年ほど使っています。

年齢の割には肌トラブルが少ないのはこのパックのおかげかも。

NUXE オイル

顔はもちろん、ボディ、頭皮、毛先ケアにも使える、フランス産オイル。

★オイルを使った超手抜きのスチームパック★
メイクを落とし、洗顔した後にこのオイルをたっぷり塗り、そのままお風呂に入ります。スチーム効果でぷるぷる肌になりますよ!

2、「メイクは日焼け止め&美肌塗り!」

肌の老化の80%は光老化と言われています。シミ、シワ、たるみを招く紫外線からお肌を守りましょう。曇りの日も晴れの日も紫外線量はさほど変わりませんのできちんとガードしてくださいね。

化粧水、乳液、日焼け止めクリームのあと、軽いリキッドファンデーションを塗り、フェイスパウダー(粉)をブラシでささっと塗る。簡単ですがツヤのあるベースメイクの完成です。

この方法は、スキンケア商品のCMやスチール撮影の基本ベースメイク。薄付きでツヤがある肌は、「もともとの肌がキレイな人」風に演出できるのですよ!ぜひ真似してくださいね。

3、「スカートをはく」

子育てママはパンツ率が高いと思います。機能的ですから普段はOK。
でも「ラクだから」と、いつでもどこでもパンツを選んでいる方は要注意ですよ!
もしかしたら、立ち居振る舞いまで大ざっぱになっているかも!

女性らしさを取り戻すにはやはりスカートです。オススメはタイトスカート。
2016年春夏はレース使いのアイテムがたくさん登場しますのでチェックしてみてください。


出典:http://zozo.jp/shop/jewelchanges/goods/9812100/?did=24028551

タイトスカートをキレイに履きこなすには、脚のムダ毛ケアから始まり、ボディローションを塗る、ヒップアップのためにエクササイズを取り入れる、などひと手間が必要です。私はその時間がとても好きで、(つるつるになりますように!)(もう少しお尻が上がれ!)などと自分に向き合っています。
何より、タイトスカートをはくと、気持ちが女性らしくなることが本当に楽しいです。

4、「いつもご機嫌な人」

会社員時代、いつもご機嫌な先輩がいました。コンビニのレジでは「ありがとう」と爽やかに挨拶。パウダールームを使ったあとは、さりげなく水滴を拭いて次の人が気持ちよく使えるようにする。会話中、話題についていけない人がいないようフォロー、といったように、いつもご機嫌で誰に対しても感じよく、気配りの達人でした。

先輩に憧れて、真似を始めてからはや20年!気づいたことは、このような気配りは自分の心がポジティブで健康じゃないと出来ないということです。不機嫌な状態だと人に優しく出来ないですものね。

いつもご機嫌、笑顔であいさつ。
簡単なことですが、初対面でも仲良くなれて、仕事でも信頼される、おススメの方法です!

さいごに

メイクやファッションが素敵に決まった時、気持ちも高まりますよね!
今回は気持ちを前向きに、毎日をより楽しくキレイに過ごすために私自身が心がけてきたことを書きました。少しでもお役に立ったら嬉しいです。

子育ても、おしゃれも、思いっきり楽しみましょうね!!

本記事は、2016年3月22日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。