綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 2,880 記事

春の眠気の原因を徹底調査!毎年気になるコトを解決

著者情報

自分に素直に生きることをモットーにしています。

2016年3月22日更新 | 1,574 views | お気に入り 245

春は眠い・・・どうして?

春眠暁を覚えずとも言われますが、昔から春は眠くなるものだというのが定説となっています。どうして春はここまで眠くなるのか?探ってみました。

春の眠気の原因と解決方法

春の眠気には様々な原因があるようです。

その① 春になると動きたくなる!

単純に、日が長くなりますし、気分も上がり気味になるタイプの人は、これまで寒くて外に出るのも面倒だったり、家事も手抜きしがちだったのが、いろいろなことに手を出してしまい、結果疲れてしまうということがあります。

解決法
自分の性格をよく考えてみましょう。暖かくなるとやる気が出るというタイプはこのような傾向があるようです。いきなり活動的にならずに、計画的に実践して行きましょう。
その② 自律神経が乱れている

暖かくなる時期というのは、日中の温度差もありますが、前日との温度差が10℃くらいあることも・・・。どうしても自律神経が乱れやすくなります。自律神経の乱れが起きると、体調不良になりやすく、眠気が起きやすいということが言えるでしょう。

温度差を意識する
外出時に肌寒いと感じたときに羽織るものを準備したり、暖かいからといっていきなり冷たいものばかりを飲むというようなことをしないように、身体を労わりましょう。
自分の身体を労われるのは自分だけということを忘れずに!!
その③ ビタミンB1が不足

ビタミンB1が不足すると疲れやすくなるということはよく言われることですが、春先は活動的にもなりますし、新しい生活を始める準備や冬と比べて動きやすいということ、出かけたくなるということから、どうしても疲れやすくなります。このことから、代謝に使われるビタミンB1が不足しやすいのです。

また、暖かくなると代謝も良くなるので、ビタミンB1は不足しやすくなりますし、炭水化物を多く摂取する人もビタミンB1不足になりやすくなります。春先は歓送迎会も多いので、そのような食事会などに参加が続く場合は、ビタミンB1の摂取を意識しましょう。

ビタミンB1を摂取する
ビタミンB1のサプリメントなどもいいのですが、できれば普段の食事にビタミンB1を取り入れるといいでしょう。
豚肉全般・うなぎ・玄米などにビタミンB1は多く含まれます。

その④ 春になると不安になるタイプ

春先になると会社や学校、子供の行事関係のことなど人間関係が変わることが想定されますが、そのようなときに不安が先に立ってしまうという人は、脳が疲れ気味で眠気が起きやすくなります。これからの人間関係などに不安にかられやすいというタイプの人は気をつけましょう。

春からの生活に不安になりやすい人へ
考えないということが一番ですが難しいですよね。不安な気持ちを和らげるには、暇な時間を作らない、不安を期待に変える発想の転換などをはかるようにしましょう。

さいごに

春の眠気の原因にはその他にもありそうですね。毎年のことと思っていたら、意外と理由もさまざまです。身体を労わりながら、春を楽しむようにしましょう。

本記事は、2016年3月22日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。