綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 2,832 記事

春は保湿と徹底紫外線対策がポイント!今からしておきたい美肌の作り方

著者情報

楽しいことを見つけるために、日々いろいろ模索しています。新しい健康法やビューティレシピを試したり、作ったりするのが好き。

2016年3月29日更新 | 1,704 views | お気に入り 250

肌の老化を加速させる原因

年齢を重ねることで身体は老化していくものです。これは仕方のないことですね。長い間使っていては古くなってしまうのは避けられません。
また身体と同じく肌も加齢により老化してしまいます。それもまた仕方のないことではありますが、実は肌の老化を加速させてしまう原因があります。それは「肌ストレス」なんです。

そして肌ストレスが起こりやすいのが春です。なぜ春には「肌ストレス」が起こりやすいのでしょうか?その原因と対策を紹介します。

外的ストレスと内的ストレス

ストレスは大きく分けて外的ストレスと内的ストレスの2種類があります。
外部からの刺激によって体や肌に負担がかかるのが外的ストレス。
食生活や精神的疲労によって体の内部から刺激や影響を受けるのが内的ストレスです。

肌ストレスの原因

肌ストレスの原因を外的・内的に分けてまとめると以下のようになります。

外的ストレス・・・乾燥・紫外線・ほこり・雑菌・摩擦 etc・・・。
内的ストレス・・・食生活の乱れ・不規則な生活・精神疲労・睡眠不足 etc・・・。

春はストレスの原因が溢れている!?

上記の肌ストレスの原因を見てみると、その多くが春という季節に集中していませんか?
空気の乾燥、強い紫外線、花粉などの汚れの肌付着といった外的ストレスの原因。
さらに進学や就職、引っ越しなどの新しい環境になれるための精神疲労や不規則な生活などの内的ストレス。

気づかずにストレスにさらされてしまっているのがズバリ!春なんです。

老化からお肌を守るために徹底すべきこと~保湿と紫外線対策~

冒頭でも述べたように、肌ストレスは肌の老化を加速させてしまいます。嫌ですね~。肌を老化させないためにも、肌ストレスが多い春にしっかり老化を防ぐための対策をとる必要があります。対策方法がこちらです。

乾燥から守り徹底保湿!

まずはお肌を乾燥から守りましょう!乾燥はあらゆる肌トラブルの原因にもなります。もちろん肌の老化の原因でもあります。言ってしまえば美肌の敵、しかも大ボス(ラスボス?)的な存在です。

春はまだまだ湿度が低く空気が乾燥しています。肌を乾燥させないようにしましょう。

油分でバリア!!

化粧水や乳液で肌を保湿しても、そのままでは乾燥してしまうのが春です。春は空気が乾燥しているため、肌の水分もどんどん蒸発してしまうんです。肌を乾燥から守るために大切なのが水分を蒸発させないことです。

その対策となるのが「油分でバリアをする」というものです。肌の表面が油分で覆われていれば、水分は蒸発せず肌に留まり続けます。
化粧水、乳液の後には必ず油分を含むクリームなどでバリアを作りましょう。

紫外線から守る!

ポカポカ日差しが気持ちいい季節ですが、その反面強い紫外線が注がれるのが春です。紫外線も肌ストレスの大きな原因となります。紫外線からも肌をしっかりと守りましょう。

日焼け止めにはSPFやPAといった表記がされていますね。これらの意味をちゃんと理解していますか?紫外線対策をする上で大切な言葉なのである程度は理解しておきましょうね。

~SPFの意味~
日焼け止めにはSPF20やらSPF30などと表記されています。これは「日焼け止めを塗らなかった場合に比べて、塗った場合は何倍の効果があるのか」を記しているものです。

一般的に紫外線を浴びるとその影響は20分で現れると言われています。SPF20の場合には、その20倍の効果があるため、20×20=400分。即ち日焼け止めを塗ってから400分は効果が持続するということになります。約6~7時間ですね。

塗り直すのが大切

SPFからわかるように、紫外線対策として日焼け止めを塗っても、その効果にはタイムリミットがあります。また、ベタベタするのが嫌で薄く塗ってしまったり、メイク直しの際に取り除かれてしまったりもします。そうなると持続時間はもっと短くなってしまいます。効果も薄くなってしまいますね。

そうならないためにも、日焼け止めは塗り直すのが大切です。朝塗ったのならお昼には必ず塗り直すようにしましょう。そしてさらに、帰宅前にもう一度塗り直すのがおススメですよ。

最後に

肌の老化防止を防ぐためには保湿と紫外線対策をしっかりと行いましょう。 毎日コツコツと続けることが美肌作りには大切です。いつまでも美しい肌でいられるように頑張りましょうね!

本記事は、2016年3月29日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。