綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 2,812 記事

玄米の代わりにもいいヘルシー食材!ワイルドライスとは?

著者情報

最近はもっぱらナチュラル思考です。自然が大好き!

2016年3月30日更新 | 1,382 views | お気に入り 151

ワイルドライス

白米は糖質が気になるから玄米に変えたい方も多いと思います。でも玄米は炊き方も面倒ですし、あまり美味しくないと感じる方もいますよね。そんな方は玄米の代わりに「ワイルドライス」を利用してみてはいかがでしょうか?海外セレブたちの間でも注目される食材で、低カロリーでお米代わりにもなる食材です。どんな食品なのか紹介します。

ワイルドライスとは?

イネ科の植物でローフードのひとつです。ライスという名前が付いていますが、お米ではありません。しかし、穀物の一種でもありお米と一緒に食べる方も多く、工夫すればお米や玄米代わりにも活用できます。ワイルドライス単体だと玄米より費用が高くなるため、雑穀としてブレンドすると取り入れやすくなります。

ワイルドライスはもともとインディアンが数千年前から食べてきたもので、冬の備蓄食糧としても活用されてきました。近年ではローフードとしても注目を浴び、ジェシカ・アルパなどの海外セレブたちの中でも食べる方が増えているといいます。100gあたり21キロカロリーと低カロリー、高タンパクで脂肪が少なく、ビタミンやミネラルも多く含まれています。

玄米と比較すると・・・

  • 脂肪は3分の1
  • ビタミンEは約4倍
  • 葉酸は約6倍

脂肪が少なく、栄養価が高くなっています。

ワイルドライスの味

ワイルドライス

見た目は黒米のような感じですが、そのまま炊くと白っぽい中身が出てきます。水草の種子のため、外側はかたく中は柔らかめでぷちっとした食感があります。細長い形のためタイ米のような印象もあります。ワイルドライス単体で炊くとかたすぎるため、料理に加えたり他の穀物と一緒に炊くと美味しく食べることができます。

ワイルドライスの炊き方

ワイルドライス1に対し、水を2.5~3の割合で炊くことができます。通常のお米のように最初は強火、沸騰したら弱火にして35分~50分くらい炊きます。炊く時間はかたさの好みで調節してください。10分くらい蒸したらできあがりです。

ワイルドライスの活用方法

ワイルドライス

玄米やお米と混ぜて食べても良いですし、炊いたものをサラダに入れる方法もよく利用されています。他にもシチューやスープに入れたり、チャーハンやパエリアとして加工することもできます。チキンの中に詰めて焼いて食べられたりもしています。

まとめ

ワイルドライスはそのままだと活用しにくいのですが、玄米や白米に混ぜても使えるため、ヘルシーな食材を探している方は試してみてください。栄養価が高くヘルシーな食材ですから、食事にプラスしてダイエットにも活用できますね。

本記事は、2016年3月30日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。