綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 1,860 記事

春野菜が美味しい季節!赤タマネギ、クレソンの嬉しい栄養と簡単レシピをご紹介!

2016年4月1日更新 | 2,815 views | お気に入り 327

こんにちは!インナービューティー研究家・フードコーディネーターの國塩亜矢子です。
春野菜が美味しい季節になりました。春野菜は水分が多くて瑞々しく、抗酸化作用が高いものが多いのが特徴。抗酸化作用の高い食材は、美肌はもちろん疲労回復や免疫力UP、デトックス、生活習慣病予防など様々な効果が期待されています。
今回はそんな春野菜の中でも色鮮やかな「赤タマネギ」と大人の苦みが特徴の「クレソン」をピックアップ!女性に嬉しい栄養のこと、簡単に作れて美味しい簡単レシピをご紹介します。

赤タマネギ

赤タマネギ

いまや年中見かける赤タマネギですが、実は春が旬のお野菜。紫タマネギ、レッドオニオンとも呼ばれます。
赤タマネギは普通のタマネギに比べて水分を多く含み、辛味が少ないのでサラダなどの生食にピッタリ。赤タマネギの鮮やかな色味のもとはアントシアニンと呼ばれる色素成分で細胞の老化を防ぐ抗酸化作用が非常に高く、アンチエイジングはもちろん生活習慣病や花粉症などのアレルギー症状の予防などに効果が期待されています。
また肉類に多く含まれるビタミンB1の代謝をサポートし、血液をサラサラにする硫化アリルも多く含みます。硫化アリルは加熱に弱いため、無駄なく摂取するためにはやはり生食がおススメ。鮮やかな色はお酢などに含まれる酸と合わせることでより鮮やかになりますよ!

クレソン

クレソン

ほろ苦い味わいが特徴のクレソン。山奥の清流付近で育つクレソンも春が旬のお野菜。クレソンの苦みはシニグリンという辛み成分で、胃もたれを防ぎ消化を促進する作用があります。
また鉄分やビタミンCも多く含むので、貧血が気になる女性にはピッタリの春野菜!ビタミンCは水溶性ビタミン(水に溶け出しやすい)ため、無駄なく摂取するためには生食やスープなどがおススメ。
洗う際も切ってからではなく、必ずそのまま洗った後に切りましょう。他にもビタミンKやβカロテン、カルシウム、カリウムなどの栄養が豊富なクレソンはお疲れ気味で栄養不足を感じている時にピッタリです。

赤タマネギ・クレソン・牛肉のおかずサラダ

それでは、旬の赤タマネギとクレソンを使ったレシピをご紹介します。たんぱく質や鉄分が豊富な牛肉と合わせることで主役級のおかずサラダに!

赤タマネギ・クレソン・牛肉のおかずサラダ

材料(1人分)
  • クレソン…5本
  • 赤タマネギ…1/4個
  • 牛肉(赤身)…70g ※ステーキ、焼き肉用など少し厚みがあるものがおススメ!
  • オリーブオイル…小さじ1
  • 塩…少々
  • 白こしょう…少々
  • レモン…1/8個

【A】(合わせ調味料)

  • バルサミコ酢…小さじ1
  • EXヴァージンオリーブオイル…小さじ2
  • レモン汁…小さじ1(レモン1/8個分)
  • レモンの皮…1/8個分
作り方

クレソン

1.クレソンは洗ったあとに茎部分を切り落とす。
※サラダには葉部分のみ使います。茎部分はスムージーやスープの材料として活用しましょう!

2.赤タマネギは薄くスライスして10分ほど水にさらす。レモン1/8個を絞ってレモン汁を取り、残った皮部分は薄く削いで細切りにする。

牛肉

3.牛肉は約1㎝幅の細切りにし、両面に塩・コショウをまぶして下味をつける。フライパンにオリーブオイルをひき、中火で牛肉の両面を片面1~2分ずつさっと焼く。

中火で牛肉の両面を焼く

4.【A】を合わせてよく混ぜ合わせたら、水気を切った赤タマネギを加えてよく和える。次に牛肉を加えてよく和える。

盛り付け

5.器にクレソン、4.を盛り付ける。お好みでレモン汁をさらに絞って頂く。

ポイント
  • バルサミコ酢を使うことで赤タマネギの色をより鮮やかになります。
  • レモンのビタミンCが、クレソンと牛肉に豊富な鉄分の吸収率を高めます。
  • 赤タマネギとクレソンを生食で頂くことで硫化アリルやビタミンCを無駄なく摂取でき、牛肉の消化促進、鉄分の吸収率を高めます。

いかがでしたか?

栄養満点の主役級サラダは毎日の美容と健康の強い味方。お疲れ気味のカラダも元気に!忙しくても簡単に作れるのが嬉しいポイント。
ボリューミーなのにさっぱりとした味わいなので、食欲がない日にもピッタリ。色鮮やかなサラダは春のおもてなしメニューとしてもおススメです。
是非お試し下さい!

著者情報

インナービューティー研究家、フードコーディネーター

本記事は、2016年4月1日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。