綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 2,866 記事

すぐに実践!綺麗に見せる立ち方&座り方

著者情報

コスメコンシェルジュ、メイクセラピスト、美容コンサルタント、美容講師、モデル

2016年4月4日更新 | 3,932 views | お気に入り 220

日常生活の中、いろんな生活の場面で目にする’’人のしぐさや行動”
自分のことはさておき、他人のことって案外と目についたりしませんか?
人の素敵な部分だったり、逆に、「え〜・・・」と思うような、嫌な部分が見える時ってありませんか? 

例えば、おしゃれなカフェや電車や地下鉄の向かいに座った人が、とても素敵な装いで品良く座っていたり、足を揃えていたりすると、「なんか素敵!」「自分も見習わなきゃ。」と思えたり。ちょっとしたしぐさに品格がでていて、素敵な印象を与えます。
逆に、全身ブランド品を身につけていてバッチリ決めているのに、猫背で座っていたりで台無しになってしまったり・・・。

人は見た目で判断をすることがとても多いのです。

皆様は、メラビアンの法則はご存知ですか?

化粧品業界や接客をする企業、話し方教室などでも良く耳にしますが、アメリカの心理学者アルバート・メラビアンが行った好意、反感などの態度やコミュニケーションなど印象について扱った実験結果なのですが、下記の通り。

  • 1 VISUAL 55% 視覚情報、見た目、表情、服装、髪型、身振り
  • 2 VOCAL 38%   声のトーン、速さ、声の大小、話し方
  • 3 VERBAL 7% 言語情報、言葉そのものの意味、話の内容

メラビアンの法則

出典元:http://www.konnkatsulsn.com/lesson3/

このようにきちんとした身なり、見た目は予想以上に大事なことなのです。

おブスな座り方の例

  • スカートを履いていることを忘れておまたがひろがっている(膝が離れている)
  • あごが上をむいている
  • 足を組んでいる
  • 猫背で座っている
  • いつも背もたれにたよっている
  • 食事の際も猫背でひじをついて食べている

これらは時には骨盤をゆがませたり、肩こり、腰痛や内臓系の疾患にもなります。骨盤が開くと、お尻も大きくなり下腹も出てきます。

そこでちょっとした意識!

「私は、見られているから品良くしなくちゃ!」とか「どうせ見られるなら素敵な女性だと思われたい!」というように、見た目の自己美意識を高めてみましょう!

綺麗な姿勢のポイント【座り姿勢】

周りからみていてもとてもキレイな座り姿勢のポイント

  • あごをひいて背筋を伸ばす
  • あしを床にちゃんとおく
  • 背もたれからほどよく離れている
  • ひざの位置をそろえる
  • お腹をひっこめる
  • おしりと太ももに体重をかける

こうしているとさらに良いことが!

実は、インナーマッスルが軽く鍛えられていたりします。膝をくっつけて内転筋をきたえましょう。
ついでに肛門をキュッと閉める感じですわってください。
経験上、姿勢が正しいとポッコリお腹にも効果がでてきましたよ~。
わたくしは、運転中も日ごろから心がけています!
せっかくメイクしておしゃれして出かけるのだから、座り姿勢もかっこよく決めたいですね!
これこそ、「ケイゾクはチカラなり」ですね!
外国人に負けるな、日本女子!

綺麗な姿勢のポイント【立ち姿】

次に立ち方です。

おブスな立ち方の悪い例

  • 反り腰になっている
  • 首が前にでている
  • 左右のどちらかに傾いている
  • 足の形が曲がっている O脚 X脚
  • スマホしながらなど下をむいたままでいる
  • 同じほうにばかり鞄をもったり肩にかけたりしている

このようにしていると、知らず知らずのうちに背骨や骨盤がゆがんできてしまいます。

ちょっとだけ意識してキレイに見せる素敵な立ち方のポイント

では正しい立ち方はというと、この2点を気を付けてみてください。

  • お腹に力をいれて背筋を伸ばす
  • 胸を開く

一番の簡単なレッスンは毎日の“壁立ち”
壁に頭・肩・おしり・ふくらはぎ・かかとをつけるようにしてたちます。
やってみるとわかると思いますが分でも結構きついです。
1日1回でもやると姿勢を意識できるようになります。

写真の写り方・立ちポーズ

日本人は外国人に比べると、非常にO脚の方が多いです。
だからこそ、綺麗に立つ、見せることは必須です。
キレイに立つことにより、腰痛や肩こり、肥満の予防にもなります。
また、同じシチュエーションでも立ち方によって見た目の印象もかなり変わってきます。

お写真をご覧ください。 

どちらも裸足ですが、1枚目は大きく足を開いて堂々としているポーズです。
それに対して2枚目の写真は足をクロスしておとなしい印象になります。

最近は、SNSの進化によりセルフポートレート、いわゆる“自撮り”も流行っていますからこの機会にお顔だけではなく、立ち姿・座り方もマスターしていくと更に女子力アップされますよ。
キレイに見せる立ち方・座り方の基本は姿勢です。

“姿勢”一つで、見た目の印象が大きく変わります。

毎日の生活の中で少しだけ意識してみませんか?

本記事は、2016年4月4日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。