綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 1,861 記事

叶わぬ恋に落ちてしまった時に心しておく4つのこと

2016年4月13日更新 | 7,802 views | お気に入り 402

彼女がいる人を好きになってしまうことって、ありますよね。そんな時は、どうしたらいいのでしょうか?
いい結果になるためにも、知っておいた方がいいことがあります。

その1:まずは「ただ好きでいる」ことが大切

もし「相手が自分のものにならなければ、意味がない」と思う場合は、相手のことを好きなようで、実は、「自分の都合の良い存在になってくれる相手が好き=自己愛」でもあります。

自己愛って、自分に向けた愛情に過ぎないので、“相手”の心には響きにくいものなんですよね。逆を言えば、「彼女がいても(私に振り向いてくれなくても)、あなたのことが好き!」と言える人の方が、相手の心が動くことはあるでしょう。

ただし、だからと言って、彼の浮気相手になってしまうのは違います。その場合は単なる遊び相手になり、本命になれるチャンスはなくなるのでやめた方がいいでしょう。

結局、人を好きになって苦しいのは、「相手が自分の思い通りにならないから」の場合が多いもの。それは何度も言いますが、自己愛です。

つまり、相手に対する思いのうち自己愛の度合いが多いほど、苦しくなるってことなんですよね。

無償の愛を抱くというのは難しいものですが、それでも「相手がHAPPYなら自分もHAPPY」と思えるくらい、本物の愛に近い感情を抱くことができたとき、仮に彼と付き合えなくても、いい関係(友情)を築けることもあります。

その延長で、2人の関係に変化が訪れることもあるでしょう。

だから、いい結果にするためにも、まずは「ちゃんと相手を好きになる」って、すごく重要なことなんですよね。

そうは言っても、「好きな人に恋人がいるなら、略奪したい」と思う人も少なからずいます。そんな人が知っておいた方がいいことがあります。

その2:略奪できる場合は、“その程度の人”

もし小手先のテクニックを駆使したら、彼女と別れて自分のところにくるような相手であれば、また新たな魅力的な女性が現れた時には、さっさとその人のところに行ってしまうでしょう。

つまり、“その程度の人”ということです。

それは、「その1」で紹介したような、きちんと相手と関係(友情)を築いた上で、自分を選んでくれるのとはわけが違います。

さらに言えば、彼が本当に人として魅力のある人であれば、そんな人に“奪われるような自分”ではいません。自分の意思で相手を選ぼうとします。

だから、むしろ人から略奪されそうになったときは、警戒したり、その人を避けたりすることも多いもの。それくらい人は、“思い通りにされようとする”ことを苦手だと感じる人は多いものなんですよね。

彼を奪おうと思わなくても、自分が本当に相手にとって魅力的で必要な存在になれば、相手は自分のところに来てもおかしくはありません。

だからこそ、「その1」でも書いたように、きちんと相手を愛せるくらいの人になることや、きちんと彼と信頼を築けるようになる方が大事なんですよね。

その3:「彼女がいるから魅力的に見えることもある」と理解する

せっかく意中の彼が、恋人と別れて自分のところに来てくれたのに、その後、付き合ってみたら、「あれ?こんな人だったの?」とがっかりしてしまうこともあるものです。

実は、その元カノの支えがあったからこそ、彼が魅力的に見えた、なんてこともあるのです。

それは、言い方を変えれば、“彼女と付き合っている彼”が好きだった、ってことでもあります。

そんなことがあっても、「その1」のように、本当に彼のことを好きになれていたら、そんな欠点のある彼のことも許せるもの。そんなとき、自分の相手への愛情が問われるものでしょう。

その4:努力だけではどうすることもできないこともある

結局、究極の片思いの攻略法というのは、「彼をちゃんと好きになること」に尽きるもの。

彼をきちんと好きになって、よく理解して、サポートできるようになれば、相手にとって大切な存在になれます。

ただ、そこまでしても恋愛対象にしてもらえないときは、彼にとって、「恋人にする女性に対するこだわり」に自分が当てはまらない、ということなので、何をやっても難しいことが多いでしょう。

人それぞれ、好みのタイプがあったり、付き合い方に理想があったり、時には性癖もあったりするものなので、そこは努力だけでクリアできるようなことでもありません。

また「好みタイプではなくても、なぜか心惹かれてしまう」なんてこともあるので、人と人との結びつきというのは、不思議な力が作用することもあるもの。

恋愛でも結婚でも、縁とタイミングは重要なポイントです。これは、努力だけではどうすることもできません。

そもそも「彼に恋人がいるときに出会ってしまう」というのも、タイミングが合っていないですしね。

今、努力できることをやり尽くしてもうまくいかなかったときは、「彼とは付き合う縁ではなかった」と思って、“魅力的な男友達”の1人として、大切に関係を築きましょう。それはそれで、人生が豊かになるものですよ!

著者情報
本記事は、2016年4月13日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。