綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 2,742 記事

美容体重って知ってる?専門家によるボディバランス講座

著者情報

FutureStyle代表ボディバランススタイリスト

2016年4月18日更新 | 12,651 views | お気に入り 131

みなさん、こんにちは。
ボディバランススタイリストHiROEです。

ボディバランススタイリストHiROE

今回は、女性なら誰しも気になる「体重」についてのお話です。
ご家庭で毎日簡単に計ることができるのは「体重」ですが、わたしが注目したいのは「体脂肪」です。
女性は女性ホルモンに守られている生活をしており、朝晩また1ヶ月の周期でも1~2㎏の変動があります。体重だけに一喜一憂して振り回されないように、ご自身のベストコンディションを知っておきましょう。

「標準体重」「美容体重」「モデル体重」って聞くけれどその違いは?

みなさんは、今のご自身の体重を知っていますか? ご自分のベスト体重はありますか? ご自身の体重が今どのあたりに位置するのか、一緒に考えてみましょう。

まずは、BMIについてです。
BMI(Body Mass Index)は1994年にWHOで定めた肥満判定の国際基準です。
BMIは「体重(kg)÷(身長(m)×身長(m))」のように求められます。
また「BMI22」は統計上、糖尿病・高血圧・高脂血症などの疾患にかかりにくいとされる指数値です。
身長と体重を入力すれば、BMIや標準体重が計算できるサイトもありますので参考にしてみましょう。

BMI=体重(kg)÷(身長(m)×身長(m))

出典) カロリン http://www.no1-diet.com/cat2/post_8.html

標準体重

「標準体重」は、一見ふくよかに見えるかもしれませんが、健康的で病気になりにくい体重といえるでしょう。体重は基準内でも、体脂肪率30%以上は「生活習慣病」のリスクが高まります。 

標準体重=身長(m)×身長(m)×22(BMI)

例)1.60(m)x1.60(m)x22(BMI)=56.32Kg

モデル体重

「モデル体重」は、女性が憧れる体重といえるでしょう。 ファッション大国フランスでは、社会問題になっている拒食症を予防するため、痩せすぎのモデルを規制する法律が2016年1月、公布されました。
パリコレクションでは極端に痩せたモデルが目立ち、日本でも女性の痩せすぎは深刻で、法規制が美しさに対する価値観の転換につながるか注目されています。
またファッション雑誌「ヴォーグ」の出版元であるコンデナスト・パブリケーションズ社(本社・ニューヨーク)は、痩せすぎたり若すぎたりするモデルとは契約しないとする声明(編集方針)を発表しました。これは「美と健康とは不可分のものであると確信する」というものです。

モデル体重=身長(m)×身長(m)×18(BMI)

例)1.60(m)x1.60(m)x18(BMI)=46.08Kg

美容体重

「美容体重」は、引き締まっているところは引き締まり、健康的で美しく、男性が最も嬉しい体重といえるでしょう。HiROEレッスンでは筋肉と体脂肪の均整がとれた「美容体重」を推奨しています。
ファッションも楽しめ、お肌のハリツヤのよい体重です。美容体重のほかに「健康体重」ともいわれています。

美容体重=身長(m)×身長(m)×20(BMI)

例)1.60x1.60x20(BMI)=51.2Kg

「美容体重」をキープするには?

30歳以上の方は、20代のころの体重を維持していますか?
わたしたち人間は25歳位から基礎代謝が低下するといわれています。25歳の人が40歳になるまで、同じように生活しているだけで計算上では7.5Kgも基礎代謝低下により太ることになります。
また、30歳ころから毎年1%筋肉量は少なくなっていきます。
筋肉量を増やしていくと、自然と体脂肪率は減っていくので、セットで考えましょう。
つづいて、「美容体重」維持するために日頃からの意識がエクササイズになる、「ながらエクササイズ」の方法をお伝えします。

日常の座る姿勢をエクササイズにして美BODYに

『姿勢を正して椅子に座りデスクワークなどをこなすと、1年間で体重が2㎏減る計算になります』
その姿勢とは?

座る姿勢エクササイズ

座る姿勢エクササイズ

① 椅子に浅く腰掛け、ももの付け根・膝を90度。尾てい骨を少し後ろに突き出し座る。腰にS字湾曲を作ります。

② 背筋を伸ばし腹筋を背骨のほうに凹ませます。

ポイント・・・膝は閉じていますか?自然呼吸していますか?
レベルアップ・・・踵を上げておきましょう。

デスクワークのとき以外でも、電車で座っているときなどにも意識して続けてみましょう。1年後のご自分がたのしみですね。

まとめ

体重は1つの目安であり、重さよりも中身や見た目のバランス(BMIや体脂肪率)が大切です。
パートナーがいるかたは、パートナーの好みも聞いてみると良いかもしれません。案外自分が目指しているスタイルと異なるかもしれませんね。
さらに、その中でもご自身が目指したい体重を選択し、日常から意識をして続けてみましょう。継続は力なりです。

本記事は、2016年4月18日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。