綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 2,880 記事

夏までに女性らしい筋肉を鍛えて、ボディをキュッと引き締めエクササイズ

著者情報

スクワットアドバイザー、健康運動指導士

2016年6月8日更新 | 6,872 views | お気に入り 235

こんにちは。健康運動指導士・スクワットアドバイザーの小川りょうです。

毎年この時期になると、体を引き締めたいなと考える方も多いことでしょう。
そこで、今回のテーマはボディをキュッ!と引き締めエクササイズです。

女性らしい魅力的な体をつくるためには、女性らしい筋肉を鍛えることが欠かせません。今年こそは実践する!と決意を固めたあなたには、指導現場で大好評のちょっとだけストイックなメニューをお教えしましょう。メリハリのある美ボディづくりにオススメのエクササイズ、準備はよろしいですか?

それではレッスンスタート!

筋トレ効果をさらに高めるちょっとしたコツ

今回は、呼吸の仕方についても紹介していますので、できればエクササイズに合わせて行ってみてください。
また、効いている筋肉の部分を理解し、目で見て、触れながら行うとさらにエクササイズ効果が高められますよ。

美尻をつくる発散系エクササイズ
~サイドキック(15回)~

斜め後ろにキック!!ヒップを鍛えて、シルエットを美しく整えます。

①横向きに寝た姿勢になり、上側の脚のヒザを曲げながら胸の方へグッと引き寄せます《息を吸う》。

②斜め後方へ、ヒザを伸ばしていくように腿の付け根から勢いよく蹴ります《息を吐く》。
反対側も同様に。
※これを2セット行います。

<ポイント>
胸の前に手をつき下脚の膝を軽く曲げて、上体を安定させた姿勢で行いましょう。
壁に手をついて、立って行うこともできます。

内もものたるみに
~インサイドリフト(15回)~

太ももの付け根からアップ&ダウン! 内もものたるみをすっきりさせて、レッグラインを整えます。 

①横向きに寝た姿勢になり、下側の足を伸ばします。

②下側の足の太ももから持ち上げて《息を吐く》、下ろします《息を吸う》。

反対側も同様に。
※これを2セット行います。

<ポイント>
内くるぶしから上げるように意識すると、太ももから持ち上げられます。

気になるお腹のぽちゃぽちゃに
~トゥタッチ・クランチ(15回)~

つま先に向かってタッチ!お腹の上部を鍛えます。           

①仰向けの姿勢になり、両脚を上に上げます。

②両手を足先の方へ近づけるように上体を起こし《息を吐く》、戻します《息を吸う》。

※これを2セット行います。

<ポイント>
首に負担がかからないように両腕を上げましょう。難しければ片手を頭に添えて行ってもいいですよ。

◆下腹のぽっこりに
~ヒップロール(15回)~

お尻をピョンと浮かすだけ!下腹部をしっかり鍛えます。

①仰向けの姿勢になり、両脚を上に上げます。

②床からお尻を浮かすように両脚を上げて《息を吸う》、下ろします《息を吐く》。

※これを2セット行います。

<ポイント>
下ろす時に腰に負担がかからないように、手をお尻の横について上体を安定させた姿勢で行いましょう。

二の腕だるーんに効く!
~リバース・プッシュアップ(15回)~

椅子を使って上体を上げ下げ、二の腕をすっきり引締めます。

① 椅子に後ろ向きになり、両手をつきます。

②上体を沈めながら肘を曲げて《息を吸う》、伸ばします《息を吐く》。

※これを2セット行います。

<ポイント>
両脚の位置が椅子に近づきすぎないようにしましょう。腕の力を使うようにしっかりと意識しながら、伸ばしていくといいですよ。

いかがでしたか?

今回は、体をキュッと引き締めたい方に向けた筋肉の鍛え方、引き締めエクササイズメニューを紹介しました。

女性らしいボディラインをつくる簡単エクササイズばかりなので、ぜひ参考にしてみてください。達成へのカギは継続することです。
とはいえ、あまり義務感に縛られてはストレスになってしまいますので、好きな音楽などをかけて楽しみながら実践してみてください。体の変化とともにきっと生活にも張りが出て、薄着になる夏が待ち遠しくなるはず。

今日からさっそく美ボディづくりに励みましょう!

本記事は、2016年6月8日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。