綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 2,717 記事

大事な靴は長く使いたい!足のプロが教える、靴の簡単なお手入れと保管方法 

著者情報

足の悩み研究家 サロンオーナー

2016年5月30日更新 | 3,976 views | お気に入り 90

お気に入りの靴をいざ履こうと思ったら、カビが生えていた、変色していた、ひび割れていたなんてことありませんか?

意外に足元は見られていますよ!

男性から見た女性の気になる小物の上位に入るのが「靴」です。
そして靴は清潔感重視!なかなか厳しい目をお持ちです(笑)
靴からみた女性のイメージは、「靴が汚い人=汚部屋!」だそうですよ。つまり、清潔な靴はあなたのイメージをぐ~~ンとアップさせるんです。

そこで、お気に入りの靴を長く持たせるための、お手入れ法をお伝えしたいと思います。

スニーカー編

pixta_20537885_M

今年もスニーカーがオシャレには欠かせないアイテムですね。
でもよく見るとかなり汚れていますよ。

~お手入れ法~

① あらかじめスニーカーのほこりを歯ブラシで取る
② インソールが外れれば取っておく
③ 紐も取る
④ 汚れが強ければぬるま湯に重層を水にいれて、一晩つけてから洗剤で洗う
⑤ 十分すみずみまで洗い流す
⑥ 風通しがよく直射日光が当たらないところできちんと乾かす

~重層の量~

水1~2リットルに対し大匙1杯くらい。
重層の量が多いほどクレンザー濃度が濃くなりますので素材の柔らかさに合わせてください。

・柔らかい→重層少なめ
・固い→重層多め

~使用する洗剤~

スニーカーはできたら靴専用洗剤で洗いましょう。
中性洗剤の場合、淡い色などの黄ばみを防止やゴム底の劣化を防ぐため漂白剤の入っていない洗剤をびましょう。

また、カップインソールや紐が汚れていたり、形がいびつになっていたら、消耗品と思いきって捨てて新しいインソールや紐を買い足しましょう!

【ワンポイントアドバイス】
今すぐ綺麗にしたい!という方

メラミンスポンジを濡らしてゴム底の部分をこすって、洗い流しましょう。
ご覧通り真っ白になります!これだけでも印象が違いますよね。

パンプスなどのお気に入りの靴編

~普段のお手入れ法~

① ほこりや汚れを取る。
② その日のうちに柔らかい布で汚れを落とす

【注意】
ゴシゴシと力を入れないこと!

~汗や雨などの水分対策~

1日履いている靴にはかなりの足の汗が水分として残っています。
そして雑菌も!そのままにしていると靴に臭いがうつってしまいます。
靴の内側をウエットティッシュでふき取るか、消臭スプレーをして、こまめに除菌消臭をしましょう!

【注意】
乾くまでが殺菌です!濡れたまましまわず風通しの良いところで乾かすこと!

~じとじとに雨で濡れてしまった靴対策~

① 新聞紙や薄めのタオルなどで、靴の中に隙間をなるべく作らずに詰めて除湿しましょう。

【注意】
ギューギューに詰め込むと型崩れしやすいので気をつけて!

② 換気扇を回したお風呂場で乾かすのもOK。

【注意】
衣類乾燥にすると高温になります。
直接温風が当たるとヒビが入る場合が!長時間放置しないように!

~靴の中敷きのお手入れ方法~

もし、「大好きな彼とデート中に靴を脱ぐようなお店に行くことになった」
「急に部屋に遊びに行くことになった」
そんな時に、貴女の靴の中が汚れていたら彼もがっかり!
いつもきれいにする方法をご紹介します。

【ワンポイントアドバイス】
今すぐどうにかしたいという方!

そんな急なお手入れに役立つのが「歯磨き粉」。コンビニでも売っていますね。
一部を少し濡らしたハンカチやティッシュに歯磨き粉を少量つけて、汚れている部分だけクルクルと爪でひっかけないように軽く拭いてください。
そのあと、きれいな部分のハンカチか新しいティッシュなどをを濡らし、拭き取っていきます。
ニオイ対策にもかなり効果大なのでおすすめです!

【注意】
シミになる場合もありますから、あくまでも応急処置です。
歯磨き粉は粒粒のないペーストのものがおすすめです。

皮素材の靴編

A pair of dark blue female shoes

~紫外線対策~

革は人間でいえば皮膚と同じです。
ということは紫外線によるダメージがかなりあるということです。ところが人間の皮膚のように生まれ変わるわけではありません。
紫外線を受けた革は割れやすく、ヒビ割れしやすいので保革剤で補いましょう。

~保革とツヤ出しについて~

皮膚は汚れを落としてから保湿をしますね。
ということは、汚れを落とさずに靴に栄養を与えるクリームを塗ってしまうのはNG!
クリーナークリームと、保革クリームは別物ということですね。

クリーナーで靴の汚れを落とすからこそ保革クリームが均等にコーティングしてくれるわけです。

【ワンポイントアドバイス】
お手入れが面倒という方!

1本で2役、しかもオーガニックという優れもの オーガニックバンブーローション。
しかも、環境に配慮しているため気化ポンプで噴射の為、室内でも使えるそうです。
そしてスムーズレザー、スエード。ヌバック、ムートンにも使えるという嬉しい1本です! 


出典元:http://comfort-goto.co.jp/

靴の保管場所と便利グッズ

靴の保管場所

靴の保管は高温多湿なところは避けてください。

塩化ビニールや合皮革などは、剥がれたりよれたり、くっついてしまいます。通気性の良いところにほこりがつかないように保管しましょう。

【盲点!】
下駄箱はカビ、バクテリアなどが繁殖しやすい場所です。
時々汚れを拭いて除菌をしたら、扇風機などで乾かして清潔に保ちましょう。

~おすすめアイテム~

■無印良品レッドシダーブロック

天然の乾燥材もおススメ。
防虫、消臭効果のあるアイテムです。

 
出典:http://www.muji.net/store/cmdty/detail/4548718800605?searchno=1

■キャンドウのシューズボックス

安くて便利で一目でわかる優れもの。
キャンドウのプラスチックケースっは組み立てやすく、使わない時はフラットに畳んで収納できます。
中が見えるタイプなので使う時に取り出しやすく使いやすいです。
また、通気孔があり、重ねて収納できます。

 

~プロのお手入れについて~

■Lenet(靴のクリーニング)

お気に入りの靴を新品同様ピカピカに仕上げてくれます。
クリーニング後、半年以上専用ルームで保管も可能です。


http://www.kutsulenet.jp/

いかがでしたか?

オシャレは足元から♪ 
お手入れしてこそがワンランク上の女性としての身だしなみです
そしてその靴はきっとあなたを素敵な場所や幸せな出会いをもたらすラッキーアイテムとなる事でしょう

本記事は、2016年5月30日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。