綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 1,855 記事

クーラー病も怖くない!夏だからこそ必要な冷えとり対策

2016年6月23日更新 | 3,580 views | お気に入り 265

こんにちは。
健康運動指導士、スクワットアドバイザーの小川りょうです。

いよいよ夏ですね!外は日差しがギラギラですが、建物に入った途端一気にひんやり~。体調管理も結構大変ですよね。そこで今回のテーマは、職場などでのクーラーの効きすぎによる冷えを原因とする身体の不調を解決できる冷え取りエクササイズを紹介します。職場で簡単にできるものから自宅でじっくり、または手軽にできる夏の冷え対策です。

前腕内側伸ばし

手の冷え、腕の疲れにおすすめの手首の裏表ストレッチ。前腕の血行を促進させるので、末端部から腕全体がぽかぽかしてきます。腕のラインもスッキリしますよ。

① 指先を手前に向け、手のひらを床に付けます。

② 徐々に体重をかけていきます。

ポイント

手首を返す度に、軽く手をブラブラほぐしましょう。腕の疲れがじわじわと取れていきます。壁やデスクの側面を使ってもできます。

前腕外側伸ばし

①手首を返して指先を手前に向け、手の甲を床に付けます。

②徐々に体重をかけていきます。

ポイント

手の甲までべったりと付けてみましょう。前腕部にすごいストレッチ感があります。壁やデスクの側面を使ってもできます。

※①の前腕内側伸ばしと②の前腕外側伸ばしは、セットで20~30秒ずつ行います。これを1~2セット行います。

合谷のツボ押し

肩こり・肌荒れ、心身の不調全般を整える万能ツボです。
しっかり押せば、体がぽかぽかになります。

① 親指と人差し指の付け根部分を押します。

② 左右30秒ずつ行います。

ポイント

息を止めないこと。指圧の度に息を吐くか自然呼吸でマッサージしましょう。スペースがない、エクササイズができない時などはこのツボ押しだけでもOK。いつでもどこでも手軽にできます。

足の甲伸ばし

甲を伸ばして足首をストレッチします。

①正座姿勢をとります。

②両手を後ろに添え、膝を上げていきます。30秒キープします。

ポイント

重心を後ろにかけるようにすると自然に膝が上がります。難しければ、片足ずつ膝をつかんで持ち上げるとできます。
※デスクでは、片足を椅子の真下まで引き、つま先を立て前にぐーっと倒しましょう。

下腿のマッサージとリンパ刺激

リンパを刺激して血行を促進しましょう。

① 仰向けになり両手をハの字に広げ、両足を上げます。

② 片足の甲の部分で、もう片方の足の土踏まず→足首→ふくらはぎ→膝の裏をとんとんとたたいていきます。各部10~15回ずつたたきます。

ポイント

ゴロンと寝転がって、足を上に向けて行うとより効果的です。
デスクの下では、足を斜め前に伸ばして行いましょう。

プラスα

寒~い!! 冷房で全身が冷えてきたら…

ももしりスクワットを1分間(12~15回)してみましょう。すぐに体がぽかぽかになります。
詳しくは『スクワットで痩せる!?気になるダイエット効果と正しいやり方』を参照してください。

① 足を肩幅くらいに開き真っ直ぐに立ちます。

② 息を吸いながらしゃがみます。

③ 姿勢を保ちます。

④ 息を吐きながら戻します。

ポイント

膝を前に出し過ぎないように、太ももの付け根からお尻を引くようにしっかり曲げましょう。骨盤内にある脂肪燃焼効果の高い大腰筋によく効き、より体が温かくなります。デスクでは、椅子の後ろに立ち手を添えて行ってもOKです。

いかがでしたか?

今回は、クーラーの冷えによる身体の不調を解決できる冷え取りエクササイズを紹介しました。ながらでできる簡単なエクササイズばかりですので、この夏ぜひ取り入れてみてくださいね!
冷えは万病の元、夏だからと言って侮ることなく、体調管理をしっかりと行っていきましょうね。

著者情報

スクワットアドバイザー、健康運動指導士

本記事は、2016年6月23日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。