綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 2,884 記事

脇がかゆい。。。他人には聞きづらいかゆみの原因と抑える方法

2016年7月6日更新 | 9,247 views | お気に入り 218

「何故か無性に脇がかゆい・・・。」脇のかゆみは、人前でボリボリとかくのはみっともないし、誰かに相談するのも恥ずかしいものです。
そこで、一人で悩んでいる方のために、他人には聞きづらい脇のかゆみの原因とかゆみを抑える方法を紹介します。

そして併せて脇の黒ずみ防止法についても紹介します。
脇は皮膚が薄くとてもデリケートな部分なので、生活習慣によっては黒ずんでしまうこともあります。黒ずんだ脇もまた恥ずかしいですからね。

目次

脇のかゆみの原因&抑える方法~【病気編】~

1)アトピー性皮膚炎

激しいかゆみでつい搔きむしってしまうアトピー性皮膚炎。
アレルギー体質の人や、もともと皮膚のバリア機能が弱い人がかかりやすい皮膚疾患です。アレルゲンとなるダニやほこり、または食べ物などによって症状が引き起こされます。

アトピー性皮膚炎は、汗や皮脂が溜まりやすく皮膚が薄い箇所にできやすいという特徴を持っています。そのため汗をかきやすい脇にもできてしまうんです。

主な症状&特徴
・アレルギー体質の人
・症状が良くなっても繰り返すことが多い
・赤みのある湿疹
・水分を含む湿疹

◆抑える方法◆

ストレスを溜めない

大人のアトピー性皮膚炎は、アレルギー体質に続いてストレスが原因となっている場合が多いです。ストレスにより免疫力が低下することで、皮膚のバリア機能が弱まり皮膚炎を引き起こしてしまうんです。

対策としては、まずはストレスを溜めないようにしましょう。社会で生きる大人にとっては難しいことではありますが、休日はリフレッシュするなどしてストレスと上手く付き合うようにしましょう。

清潔を保つ

脇は汗や皮脂、汚れが溜まりやすい部分です。汚れが溜まるとそれをエサとする雑菌が増えてしまいます。既に皮膚炎で傷ついた皮膚に雑菌が侵入してしまうと、さらに症状が悪化してしまいます。
そうならないためにも、脇の清潔を保ちましょう。 

その他の方法
・洗った後は保湿クリームを塗る
・洋服の摩擦に注意
・病院での治療

アトピー性皮膚炎はセルフケアで症状を緩和することはできますが、完治するのは難しい皮膚疾患です。
かゆみがひどくなってしまう前に、病院で適切な治療を受けることをおススメします。

2)脂漏性皮膚炎(カビ菌)

脂漏性皮膚炎はマラセチア菌という雑菌によって引き起こされる皮膚疾患です。
マラセチア菌は常在菌として、普通に皮膚に存在しています。
しかし異常繁殖してしまうと、皮膚に炎症を起こしかゆみや湿疹などの症状として現れます。

マラセチア菌は汗や皮脂が多い場所を好みます。
すなわち、汗をかきやすく皮脂も溜まりやすい脇の下なんて絶好の繁殖場所なんです。そのため、脇は脂漏性皮膚炎にかかりやすい箇所なんです。

主な症状&特徴
・赤い斑点状のブツブツ
・炎症
・皮膚がかさつく
・皮膚が剥がれる
・加齢臭のような臭い

◆抑える方法◆

清潔を保つ

マラセチア菌のエサとなる汗や皮脂を溜めないようにしましょう。毎日しっかり脇を洗うようにしてください。
炎症を起こしている場合は、ゴシゴシ洗ってしまうと症状がひどくなってしまいます。洗う際には泡立てた石鹸の泡で優しく洗うようにしてくださいね。

ビタミンB2・B6、ビタミンCを多く摂る

ビタミンB2・B6、ビタミンCは皮膚の炎症を抑えたり、保護したりするビタミン類です。そのため、脂漏性皮膚炎の症状緩和効果が期待できます。
これらのビタミン群を積極的に摂るようにしましょう。

その他の方法
・ストレスを溜めない
・十分な睡眠
・規則正しい生活習慣

ストレス、睡眠不足、不規則な生活などは免疫力を低下させ、脂漏性皮膚炎の症状を悪化させてしまいます。かゆみもひどくなってしまうので、症状を悪化させないような生活を心がけましょう。

3)カンジダ症

カンジダ菌は誰でも持っている常在菌です。しかし菌が異常繁殖してしまうと、カンジダ症という皮膚炎を引き起こしてしまいます。
皮膚と皮膚が擦れる場所にできやすいという特徴を持っており、脇もできやすい箇所となっています。
カンジダ菌は成長がとても速いため、かゆみといった症状も急速に悪化します。
そのため、早めに対応することが大切です。

主な症状&症状
・炎症部分の周囲に赤いブツブツや小さな膿ができる
・湿度の高い時期に起こりやすい

◆抑える方法◆

通気性を良くする

カンジダ菌はカビ菌の一種。湿った場所を好み増殖します。増殖させないためにも脇の通気性を良くしましょう。
通気性の良い綿や麻などの素材の服。袖口が詰まっていないデザインの服などで、脇の通気性を調整しましょう。

その他の方法
・清潔を保つ
・免疫力をアップさせる
ステロイド配合薬はNG!
かゆみを抑える皮膚薬として有効なステロイド配合薬。
しかしカンジダ症の場合は、ステロイドが配合されたかゆみ止めを塗ってしまうと、症状が悪化してしまいます。どんなにかゆくてもステロイド配合薬は使ってはいけません。

梅雨や夏などの湿度の高い季節に発症しやすい皮膚疾患です。湿度が高い時には、特に脇の通気性を良くするようにして下さいね。

4)疥癬

皮膚に寄生するヒゼンダニというダニの一種によって引き起こされる皮膚疾患です。

主な症状&特徴
・強いかゆみ
・赤いブツブツ
・盛り上がった皮膚(丘疹)
・水泡
・疥癬トンネル(長さ5㎜ほどの線上のトンネルのようなもの)

◆抑える方法◆

病院での治療

疥癬は自己治癒は難しい病気です。また感染力が強く他の人にも移りやすいです。疥癬が疑われる場合は早めに病院へ行きましょう。
ヒゼンダニを死滅させる飲み薬や塗り薬が処方されます。かゆみがひどい場合には、かゆみ止めの塗り薬も処方してくれます。

感染に注意!
疥癬は人に移る病気です。そのため二次感染に注意しましょう。
寝具や衣類はしっかりと洗いましょう。タオルなども他の人とは別のものを使うようにして下さい。完全に完治するまでは、他の人との接触に気を付けましょうね。 

5)あせも(汗疹)

汗をたくさんかく季節になりやすい「あせも」。小さなお子さんがかかりやすい皮膚疾患ですが、大人もあせもになります。

汗は通常、汗管を通って皮膚の表面へと運ばれます。しかし、たくさんの汗が分泌し、汗管がいっぱいになっていまうと、皮膚の下に漏れ出してしまいます。漏れ出した汗が、水ぶくれを作り炎症をおこしてものが「あせも」となります。

あせもも大きく分けると3つの型があります。


画像出典 http://ameblo.jp/atopiclass/entry-11323816163.html

【水様性汗疹】
皮膚の表面の角質によって汗管が塞がり、皮膚の下へ汗が漏れ出したことでおこるあせもです。

主な症状&特徴
・汗をかきやすい季節(高温多湿)に多く見られる
・1~3㎜ほどの小さな水泡ができる
・かゆみはあまり強くない

【紅色汗疹】
表皮有棘層で汗管が詰まって、汗が汗管から漏れ出しておこるあせも。

主な症状&特徴
・赤いブツブツ(丘疹)
・軽いかゆみ
・チクチクした軽い痛み

【深在性汗疹】
真皮内で汗管が詰まることで引き起るあせもです。

主な症状&特徴
・皮膚色のなだらかな盛り上がり(丘疹)
・丘疹部分は汗をかかない
・熱帯地方の人がなりやすい
・かゆみ、痛みはほとんどない

水様性汗疹や深在性汗疹は、ほとんどかゆみがありません。あせもで脇がかゆい場合は紅色汗疹の可能性が高いです。

高温多湿対策を

高温多湿によって汗をたくさんかくことがあせもの原因です。
汗を抑えるために高温多湿対策を行いましょう。適度なクーラー、涼しい服装を心がけましょう。

ステロイド外用薬

あせもにはステロイド外用薬が効果的です。ステロイド外用薬も長期使用せずに、使用方法を守れば危険性はありません。
掻きむしって症状が悪化する前に、ステロイド外用薬を使いましょう。 

その他の方法
・刺激物、アルコールは控える
・長風呂をしない

刺激物、アルコールなどは体温を上昇させ発汗を促してしまい、かゆみを余計強くしてしまいます。
汗をかく暑い季節には刺激のある食べ物と、冷たいアルコールが美味しいですが、かゆみを悪化させないためには我慢が必要です。

脇のかゆみの原因&抑える方法~【生活習慣編】~

脇のかゆみの原因は病気によるものだけではありません。ついつい行っている生活習慣の中にもかゆみの原因が隠れている場合があります。
以下のような生活習慣はありませんか?

1)間違ったムダ毛処理

女性たるもの脇のムダ毛処理は欠かせませんね。
しかし、その処理法が脇のかゆみの原因になってしまっているのかもしれませんよ。

カミソリ負け

ムダ毛処理をする際にカミソリを使っている場合。カミソリの鋭い刃によって皮膚は傷つきます。そして、その傷に雑菌が侵入することで炎症を起こしかゆくなってしまうことがあります。

◆抑える方法◆

カミソリ負けによるかゆみを抑えるには、カミソリによってできてしまった傷を修復することが大切です。市販薬では殺菌・抗菌効果のあるキップパイロールやオロナインがおススメです。

【関連記事】
キップパイロール・オロナインの詳しい効果はこちら。
キップパイロール軟膏が使える!ニベアに続いて今試しておきたい万能コスメ
オロナインで美肌になれる?使ってなっとく!オロナインの美容活用術

その他の方法
・カミソリを使わない処理方法(脱毛サロンや脱毛クリームなど)
・保湿

保湿をすることで傷の修復が早まり、かゆみも早く治まります。シャワーなどできれいに洗ったあと、ローションで保湿するようにしましょう。

レーザー脱毛

脱毛サロンで行うレーザー脱毛でも稀に脇がかゆくなってしまうこともあります。
その場合は、レーザーの出力が高すぎることによる火傷がかゆみの原因となっています。
脇は皮膚が薄くデリケートなため、レーザーの刺激を受けやすいです。肌の弱い人やアトピー性疾患の人は、レーザー脱毛を受ける際には気を付けましょう。

◆抑える方法◆

冷やす

軽い火傷なのでまずは冷やしましょう。保冷剤を巻いたタオルを当てることで、熱とかゆみが軽くなります。冷やした後は乾燥を防ぐためにローションなどでしっかりと保湿しましょう。

脱毛サロンでのムダ毛処理はとても有効な方法ですが、まれに炎症によるかゆみを引き起こしてしまいます。脇にかゆみなどの違和感を感じたらすぐに施術スタッフに相談しましょう。
皮膚の状態に応じたレーザー出力量、またはケア方法など適した処置をしてくれますよ。

2)制汗剤によるかぶれ

脇汗を抑えるために使う制汗剤。汗をいっぱいかくことも脇のかゆみの原因(脂漏性皮膚炎やあせもなど)となるため、汗を抑えるという行為は、基本的には良いことです。臭い防止にもなりますしね。

しかし、制汗剤も使い方を間違うとかぶれを起こしてしまいます。

強すぎる成分

制汗剤の成分には、汗を抑える効果があるものや、臭いを防ぐものが配合されています。
それらの成分は汗や臭いを抑えるにはとても有効なのですが、刺激が強すぎ、肌をかぶれさせてしまうものもあります。

一例をあげると、制汗効果のあるベンザルコニウム塩化物という成分は、殺菌作用があり、脇の臭いのもととなる雑菌の繁殖するのを防いでくれます。
しかしその反面、刺激が強い成分なので肌荒れを引き起こしてしまう場合があります。
普通に使っている分には全く問題はないのですが、元々肌の弱い人や、アトピー性皮膚炎の人などは、かぶれてしまうことがあるので注意が必要です。

他にもアルミニウム系の成分は制汗効果は高いのですが、汗管を無理やり塞いでしまうため、汗が皮膚の下に溜まりかゆみを引き起こしてしまう場合もあります。

制汗剤を選ぶ際には、成分もしっかりと把握しておくのことが大切ですね。

金属アレルギー

塩化アルミニウムや銀イオンなどの金属系の成分は、毛穴の収れん、消臭、殺菌などの効果があります。そのため制汗剤の成分として使われることも多いです。

しかし、金属アレルギーを持っている人は、金属系の成分によってかゆみや炎症などのアレルギー症状が現れてしまうことがあります。
金属アレルギーの人は、金属系の成分を配合している制汗剤は使わないようにしましょう。

制汗剤の使いすぎ

一日に何度も制汗剤を使うのもかぶれも原因となります。必要以上に使いすぎると、乾燥や毛穴の詰まり、刺激の強い成分による肌荒れなどを引き起こしてしまいます。その結果肌がかぶれてしまい、かゆみが発生してしまうんです。

抑える方法
・使いすぎないこと、一日の使用料を守る
・金属アレルギーの人は金属系成分が配合されたものは使わない

制汗剤は正しく使えば、脇汗や臭いを防ぐ快適なものとなります。
かぶれの主な原因は、使いすぎによるものの場合がほとんどなので、必ず各商品に記載されている使用料を守りましょう。

3)衣類や下着の摩擦

衣類や下着が脇の下で擦れあうことでかゆみが引き起る場合もあります。

脇部分がピチッと密着するような衣類や下着は、摩擦によるかゆみを引き起こしてしまうので注意しましょう。

抑える方法
・脇を締め付けすぎないものを着る
・凹凸があるものではなく、肌触りが良いものを
温かインナーに注意!

冬場に活躍する温か機能を持ったインナー。実はこのインナーが脇のかゆみの原因となる場合があります。

◆乾燥◆
保温性に優れた温かインナーですが、汗を吸収しやすくするために、吸水性が高い素材で作られています。素材が必要以上に汗を吸い取ってしまうため、脇が乾燥しかゆくなってしまう場合があります。

◆肌の締め付け◆
温かインナーは肌にピッチリ密着するように作られています。そのため、脇の摩擦も起きやすくなってしまうんです。

温かインナーを着る際には、乾燥対策がされているもの、肌触りが良いもの、肌を締め付けすぎないものを選びましょう。

【関連記事】
温かインナーを選ぶ際のポイント↓
ヒートテック徹底比較!寒い冬を乗り切るためのヒートテックを選ぶポイント

4)肌の摩擦

衣類や下着が擦れることだけでなく、肌と肌が擦れることもかゆみの原因となります。
腕は意識せずともかなり稼働しています。歩くだけでも腕は振られていますしね。
腕を動かすことが多い人(ランナーや水泳選手など)は、腕と上肢が擦りあわされることにより、摩擦によって肌に炎症がおき、かゆくなってしまうことがあります。

◆抑える方法◆

擦れる個所に潤滑油を塗る

肌と肌との擦れる部分に潤滑効果のあるものを塗りましょう。そうすることで摩擦力が弱まります。
刺激物が含まれていないワセリンや、オリーブオイルなどが良いですよ。

肥満に注意!
脂肪は体のどこにでも付きます。もちろん脇にも脂肪は付きます。脂肪が多く付くことで腕と上肢が余計擦り合わされてしまいます。太もも同士が擦れてしまう股ずれのようなものです。
脇に必要以上に脂肪がついている肥満体形の人は、腕の擦れによるかゆみを引き起こしやすいです。太りすぎには注意しましょうね。 

5)乾燥

皮膚が乾燥してしまうとなぜかゆくなってしまうのでしょうか?まずは乾燥とかゆみの関係について知っておきましょう。

乾燥とかゆみのメカニズム

正常な皮膚の表皮には、適度な水分と油分が存在しています。水分と油分は外部からの刺激から皮膚を守る働きをしています。いわゆるバリア機能です。
しかし、何らかの理由で水分や油分が不足してしまうと、バリア機能が弱まり外部からの刺激を受けやすくなってしまいます。その結果、ちょっとした刺激だけでも皮膚が過敏に反応してしまいかゆくなってしまうんです。

さらに、バリア機能が弱まることで雑菌が侵入・繁殖しやすくなり、病気系のかゆみも起こりやすくなります。

~脇は乾燥しやすい場所~
脇は汗腺が多く汗をかきやすい場所です。汗をかき、蒸発する時に必要以上に脇の皮膚の水分を奪ってしまい、乾燥してしまうことがあります。

◆抑える方法◆

保湿

脇の乾燥が原因となっているので、まずはしっかりと保湿をしましょう。他のパーツはきちんとケアしていても、脇のボディケアはついつい忘れがちです。脇にもボディローションやボディクリームを塗りましょう。

制汗剤に注意!

臭い対策として制汗剤を使う場合は注意が必要です。制汗剤は脇汗を取り除きサラサラさせる効果があります。しかし、使いすぎると必要以上の脇の水分を取り除いてしまい、乾燥させてしまいます。
脇が乾燥しているな~。と感じたら、制汗剤を使うのは一時止め、保湿ケアを重点的に行ってください。

脇の黒ずみの防止方法

 
画像出典 http://www.jiji.com/jc/article?k=000000131.000006496&g=prt

↑のように、脇に関する悩みで最も多いのが「黒ずみ」です。
脇が黒ずんでしまう訳は大きく分けて2つ。毛穴のブツブツによって黒く見えてしまう場合と、色素沈着によるくすみの場合に分かれます。

今回はくすみによる脇の黒ずみ防止方法について紹介します。

防止方法の紹介の前に、まずは何故脇が黒ずんでしまうのか、そのメカニズムを知っておきましょう。

脇が黒ずむメカニズム

脇の黒ずみの素となっているのは「メラニン色素」です。紫外線を浴びると、表皮の一番底の層に存在するメラノサイトという物質が肌を守るためにメラニン色素を生み出します。メラニン色素によって表皮を覆うことで、紫外線を真皮まで届かないようにブロックするんです。

この紫外線による日焼けと同じメカニズムで起こるのが脇の黒ずみです。
何らかの外部刺激から肌を守るために、メメラノサイトによってメラニン色素が大量に生み出され、黒ずみ(色素沈着)として残ってしまうんです。


画像出典 http://bihadaninaru.com/kohnenki/supplement/placenta/plashimi.html

1)正しいムダ毛処理

ムダ毛処理は時として脇の黒ずみの原因となります。カミソリで剃る、無理やり毛を抜く、といった外部刺激から肌を守ろうとして、メラニン色素が大量に生み出され脇を黒ずませてしまうんです。

しかし、ムダ毛処理は女性にとっては大切な行為です。やらないという訳にはいきませんよね。そこで正しいムダ毛処理の方法を紹介します。
脇がなんとなく黒ずんでいる・・・。という人は、ムダ毛処理の方法を見直してみましょう。

女性用電気シェーバー

カミソリや毛抜きで処理をするのは止めましょう。自己処理をするのであれば、女性用の電気シェーバーが良いです。カミソリよりも肌当たりが優しく、皮膚を傷めません。

◆電気シェーバーでムダ毛処理をする際のポイント◆
♥毛の向きに沿って剃る
♥肌に強く押し付けない
♥シェーバー用ローションを使う
♥処理後は保湿ケア

無理にゴリゴリ剃ると、シェーバーであっても肌を傷つけてしまいます。優しく剃るようにしましょう。また、処理後はボディローションなどでしっかりと保湿しましょうね。

脱毛サロンの利用

電気シェーバーは表面上の毛を処理するものなので、毛が濃い人の場合、毛穴のポツポツが気になってしまうこともありますね。
しかし、ここでカミソリや毛抜きを使ってしまえば、脇は黒ずんでしまいます。
毛穴のポツポツが気になる人におススメなのが脱毛サロンです。

脱毛サロンで処理をすることで、毛穴のポツポツが目立たなくなります。さらに、毛自体も細くなるので、シェーバーによる処理も楽になり、肌への負担がより軽減されます。

◆脱毛サロンを利用するメリット◆
♥自己処理が楽になる(肌への負担軽減)
♥毛穴のポツポツによる黒ずみも防止できる
♥ツルツルお肌の美しい脇になれる

電気シェーバーだけではきれいに剃れない・・・。という人は脱毛サロンを利用しましょう!

生理前・生理中は処理しない

電気シェーバーや脱毛サロンの利用であっても、生理前や生理中に処理をするのはNGです。
生理前・生理中はホルモンバランスが大きく乱れるため、肌も非常に不安定な状態となっています。
そんな状態で処理をしてしまうと、肌が傷つき炎症を起こすだけでなく、メラニン色素も大量生産され黒ずみが悪化してしまいます。

1週間以上処理をしないというのも難しいですが、なるべく処理はしないようにしましょう。

2)制汗剤の使用を控える

脇のかゆみの原因にもなってしまう制汗剤。かゆみだけでなく、黒ずみも引き起こしてしまう場合があるんです。

制汗剤で黒ずむ理由◆ターンオーバーの乱れによる色素沈着◆

制汗剤は成分が汗腺を塞ぐことで、汗を抑制します。そして汗腺とともに塞いでしまうのが毛穴です。毛穴も塞いでしまうことから、肌の奥の汚れが排出しにくくなり、結果肌のターンオーバーを乱してしまうんです。

ターンオーバーの乱れにより上手く肌が生まれ変わらないため、メラニン色素もいつまでも肌に残り、脇の黒ずみとなってしまいます。

メラニン色素の沈着による黒ずみだけではありません。毛穴を詰まらせてしまうことから、毛穴に汚れが溜まり黒ずんでしまいます。くすみによる黒ずみだけでなく、汚れからくる黒ずみにならないためにも、制汗剤の使用は控えたほうが良いでしょう。

制汗剤を使わない方法

♥脇汗パット・脇汗インナーを使う♥
使い捨ての脇汗パットや、綿などの肌に優しい素材でできた脇汗対策用のインナーを使いましょう。
汗の量自体は減らせませんが、脇に汗が溜まるのを防いでくれるので、脇の黒ずみだけでなく、脇のかゆみや臭いの対策にもなります。

♥汗ふきシート♥
制汗剤によって汗を止めてしまうのではなく、こまめに汗を拭き取るようにしましょう。但しゴシゴシ拭くと肌を傷めてしまうので、優しく拭き取るようにしましょうね。

但し、汗ふきシートによってはアルコールや品質保持のための添加物が配合されています。肌の弱い人には刺激が強すぎて、かえって肌を傷め黒ずませてしまうので、使う際には注意が必要です。
敏感肌さんは余計な添加物が入っていない、ケミカルフリーの汗ふきシートがおススメですよ。

ケアセラベビーの汗ふきシート↓。赤ちゃんでも使える肌に優しいシートです。敏感肌さんはこのような汗ふきシートを使いましょう。

画像出典 http://jp.rohto.com/carecera/baby-sheet/

3)ピーリング

黒ずみ予防だけでなく、既にできてしまった脇の黒ずみにも有効なのがピーリングです。
古い角質を取り除くことによって、ターンオーバーがスムーズに行われるようになります。その結果、黒ずみの元となっているメラニン色素が沈着してしまうのを防ぐことが出来ます。

脇が既に黒ずんでしまった人も、ピーリングで元のキレイな脇に戻ることが出来ますよ。

自宅でのピーリング方法

ピーリングにも薬剤で角質を溶かすケミカルピーリングと、粒子で皮膚をゴシゴシ擦って角質を落とすスクラブの2種類があります。

脇の黒ずみ対策としておススメなのはケミカルピーリングです。
脇の皮膚は薄いためスクラブでゴシゴシしてしまうと、傷ついてしまいます。
そして、その外部刺激から肌を守るために、またしてもメラニン色素が大量生産され黒ずみになってしまうこともあります。

「スクラブピーリング→脇が黒ずむ→スクラブピーリング→さらに脇が黒ずむ」という負のスパイラルとなってしまうので、スクラブピーリングは止めましょう。

自宅で行うピーリングのポイント

ピーリングは方法を間違えると、肌を傷めてしまいます。必ず正しい方法で行うようにしましょう。自宅でケミカルピーリングをする際のポイントがこちら。

♥週1回程度行う
♥AHA(アルファヒドロキシ酸)使用のもの
♥ピーリング後は必ず保湿

黒ずみが気になるからと、一日に何度もピーリングしたり、毎日行うのは止めましょう。必要な角質までも取り除かれてしまいます。脇は特に皮膚が弱く刺激を受けやすいので、気を付けましょう。

また、ピーリング剤を選ぶ際にはピーリング成分がAHAのものを選びましょう。
ピーリング成分には大きく分けてAHAとBHAがあります。
BHAはピーリング効果は高いのですが、その分肌に負担をかけてしまうため、脇のピーリングには不向きです。ピーリング剤を選ぶ際にはAHAのものを選びましょう。

そして、ピーリングをした後は必ず保湿をしましょう。
ピーリング直後は特に角質が薄くなっており、乾燥しやすい上に外部刺激を受けやすくなっています。ローションやクリームで保湿をしてバリア機能を高めましょう。

エステサロン・美容皮膚科でのピーリング

まずはエステサロンや美容皮膚科で行うピーリングのメリット・デメリットについてまとめてみました。

◎メリット
・効果が現れるのが早い
・仕上がりがキレイ
・肌の状態に合わせてピーリング剤を配合

×デメリット
・費用が高い
・未熟な施術者の場合、肌トラブルの危険性アリ

自分でピーリングをするのは不安。敏感肌だから無理。という人は、エステサロンや美容皮膚科でピーリングを行いましょう。
但し、エステや美容皮膚科でのピーリングには市販の物よりも強いピーリング成分を使います。そのため、肌荒れを起こす危険性もあります。
後々肌トラブルにならないためには、信頼のおけるサロンや美容皮膚科で行うようにしましょう。 

4)保湿

今までの項目でも耳タコになるほど言い続けてきましたが、黒ずみ対策には「保湿」が絶対不可欠です。
保湿をすることで、肌のバリア機能が高まり、外部刺激に強くなります。
また、ターンオーバーもスムーズに行われるようになり、色素沈着したメラニン色素が剥がれやすくなります。

脇の黒ずみはカミソリや毛抜き、制汗剤などの外部刺激によるものなので、バリア機能を高めることはとても大切です。
しっかりと保湿を行い、外部刺激に負けない肌を作りましょう!

おススメはユースキンA!


画像出典 http://www.yuskin.co.jp/products/a/01.html

脇の保湿におススメなのがユースキンAです。誰もが知っている常備薬ですね。
ユースキンAには、保湿成分の他にビタミンB1・C・Eなどのビタミン群が配合されています。
これらの成分は肌の健康を保つために働く成分です。
ユースキンAを使うことで、保湿+美肌ケアができちゃうので、かなりおススメです。

【関連記事】
ユースキンAについてさらに詳しく知りたい人は↓
全身使えて本当に便利 「ユースキンA」の実力は想像以上でした! 

5)美白化粧品の使用

脇の黒ずみ(くすみ)も、メラニン色素による色素沈着によるものです。そのため、フェイスやボディと同様に美白ケアすることも有効な手段となります。
脇の黒ずみ専用の美白ケア商品もありますが、フェイス用の美白化粧品でもOK。
フェイスの美白ケアと一緒に、脇の美白も行いましょう。

脇の黒ずみに有効な成分

いろいろな美白化粧品がありますが、その中でも脇の黒ずみに効く美白成分がこちら。

♥ハイドロキノン♥
ハイドロキノンはメラニン色素を作る酵素(チロジナーゼ)を抑制します。メラニン色素を作り出す素がいなければ、メラニン色素も増えません。
また、メラニンを生み出す素となるメラノサイト自体を減少させる作用も持っています。ハイドロキノン配合の美白化粧品は、フェイスのシミやくすみだけでなく、脇の黒ずみ防止にも効果があります。

♥ビタミンC誘導体♥
その名の通りビタミンCを肌の奥へと誘導する成分です。
ビタミンCはメラニン色素の生成を抑制する成分です。しかし、肌に浸透しにくいという性質を持っています。
それを補うのがビタミンC誘導体です。ビタミンCを肌の奥へと運び、その後は自らビタミンCと変化し、メラニン色素の生成を抑制します。
ビタミンC誘導体は、美白のための働きを2つも担う優秀な成分なんです。

まとめ

脇のかゆみは病気によるものと、生活習慣によるものがあります。病気によるものは自己完治は難しいので、病院で治療することをお勧めします。
生活習慣によるものは、生活習慣を変えるだけで治すことができます。脇のかゆみの原因、黒ずみの原因を知り、適切な処置を行いましょう。

著者情報

楽しいことを見つけるために、日々いろいろ模索しています。新しい健康法やビューティレシピを試したり、作ったりするのが好き。

本記事は、2016年7月6日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。