綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 1,859 記事

ホルモンバランスと睡眠の質の関係。生理前後を快適に乗り越えるための睡眠のとり方とは?

2016年8月1日更新 | 4,041 views | お気に入り 338

ホルモンバランスと睡眠の質の関係。生理前後を快適に乗り越えるための睡眠のとり方とは?

著者情報

「ホルモンバランス」という言葉をよく耳にすると思いますが、ホルモンは人の体で作られる物質で身体を調節する働きがあります。

また、睡眠の質を高めるためには3つのホルモンをしっかり分泌し、メリハリのある睡眠リズムを整えることが大切です!

睡眠中に分泌される3つの美容ホルモンとは?

1. キレイの味方!「成長ホルモン」

寝始めの2時間くらいの眠りが深くなるタイミングで大量に分泌されます。

疲労回復、細胞修復に重要な役割を担っています。日中ほこりや紫外線にさらされたお肌や髪の毛を寝ている間に修復し、整えてくれる働きがあります。
また、代謝を良くして体脂肪を分解する働きがあります。

成長ホルモンは25歳をピークに急激に減少します。寝る前1時間のリラックスタイムにしっかりオフモードに切り替えてゆっくりと過ごすことで、寝始めの2時間に深く眠れるようにしましょう。

2. 深~い睡眠をバックアップ!「メラトニン」

夜間に分泌されます。朝起きてから15~16時間後に分泌し、1~2時間後に眠気が訪れます。

メラトニンには深部体温(内臓の体温)を下げて、気持ちを落ちつかせ睡眠リズムを整える働きがあります。

不規則な生活や睡眠不足によりメラトニンが不足すると寝つきが悪くなります。寝つきが悪くなると、深い睡眠が得られなくなるので成長ホルモンの分泌に影響が出てきます。

3. ストレスから守る!「コルチゾール」

別名ストレスホルモンと呼ばれています。
起床後に分泌され、ストレスに対応する作用があります。交感神経を刺激し、血圧や脈拍をあげて身体を目覚めさせます。コルチゾールがしっかり分泌されることで、スッキリとした目覚めと1日をスムーズに始めることができます。コルチゾールが増えるとメラトニンが減少します。
夜更かしや不規則な生活、ストレス、運動不足により3つのホルモンが十分に生成されず、翌朝疲れが取れにくくなります。

また、睡眠不足になると摂食中枢から食欲を促すホルモングレリンが分泌され、満腹中枢から食欲抑制ホルモンであるレプチンが分泌される。ということが分かっています。ダイエットをしてもなかなか痩せない人は睡眠時間を確保して痩せ体質を目指しましょう。

生理前は女性ホルモンの影響で睡眠の質が低下することをご存知ですか?

生理前は寝つきが悪く、熟睡感が得られにくくなります。
また、生理の1週間ほど前から日中の眠気を感じやすくなります。

生理周期は、脳下垂体から2つの女性ホルモン「卵胞刺激ホルモン(エストロゲン)」と「黄体形成ホルモン(プロゲステロン)」が規則正しく周期的に血中に分泌されて形成されます。
生理から次の排卵までの間は基礎体温が高温期にあたるため、生理期間中は夜になっても深部体温(内臓の体温)が低下しないため寝つきが悪くなります。

プロゲステロンには体を休ませようとする作用があるので、日中の眠気が強くなります。
そのため睡眠の質が低下し、日中も強い眠気に襲われることがあります。頭痛、腹痛、めまい等に加え、朝起きても疲れが取れず、寝ても寝ても眠いと感じる人が増えてきます。また、ホルモンバランスが乱れてプロゲステロンの分泌量が多くなってしまうと、生理中でも眠気に悩まされてしまうことがあります。強い眠気や不眠が生理のたびに起こる場合は月経前症候群(PSP)と診断されることがあります。

生理前の眠気や不眠を回避するための10つの方法

1. 基礎体温を計り生理期間に備える

寝起きに体温を測り体温の上下を確認しましょう。エストロゲンとプロゲステロンの上限により、生理後は体温が低温期に入り排卵とともに高温期になります。

2. 12:00~14:00ごろに15分程度お昼寝をする

眠気が強くなりやすいので脳を休めて眠気を軽減しましょう。午後から集中して活動できます。

靴を脱ぎ、ベルトやボタンの締め付けを緩めてリラックスして休みましょう。

3. 眠気を覚ます方法

ミントやレモン、ユーカリなどのすっとする清涼感のある塗るアロマを使ってみましょう。おでこに塗り深呼吸をすると、香りも伝わりやすくリフレッシュ効果があります。

カフェインをとりすぎると体を冷やし血管を収縮させ、ホルモンバランスが乱れる原因になるといわれています。コーヒーはお昼頃に1日1杯、紅茶は1日2杯までにとどめましょう。

4. 睡眠時間をしっかり確保

睡眠の質が低下する時期なので、夜更かしをして6時間以下の睡眠時間にならないように気を付けましょう。

また、疲れているからと帰宅後仮眠してしまうと夜寝付けなくなります。眠気があるときはぐっとがまんして。お風呂に入って身支度を整えていつもより少し早めに休みましょう。

5. 下半身を温める

下半身が冷えると痛みを感じやすくなります。腹巻やカーデガン、ブランケットを活用しましょう。

冷えを感じるときは温熱シートをお腹や腰に貼って痛みを緩和しましょう。

6. 38℃~40℃くらいのお風呂に15分ほど温まる

お風呂は寝る1~2時間前に入りましょう。ぬるめのお湯で温めることで痛みを緩和し、体の緊張をほぐし寝つきを良くします。

長風呂をすると交感神経が高ぶって寝つきにくくなるので気を付けて。

7. 眠気を妨げるものを避ける

コンビニの光、カフェイン、寝ながらスマホ、お酒、寝る前の食事は避けましょう。

就寝2時間前にはオフモードに切り替えてゆったりと過ごしましょう。

8. 眠れない場合はベッドから出る

1時間経っても眠れないときは一度ベッドから出てリビングでゆっくりと過ごしましょう。

軽いストレッチやマッサージをして体の緊張をほぐし、眠気を感じたらベッドに移動しましょう。

9. ストレスをため込まない

ストレスが強くなるとホルモンのバランスが乱れ、イライラや憂鬱な気分になるなど寝つきを悪くしていきます。

ベッドの中で考え事をすると寝つきが悪くなり途中で目覚める原因になります。ベッドの中では楽しい空想をする程度にしましょう。

10. 症状がひどい場合は無理をせず生理休暇をとる

朝起きたら動けない、仕事中も思うように仕事が進まない・・・という時は思い切って休暇をとりましょう。仕事に支障がでる症状が毎月続く場合は我慢をせずに医師に相談しましょう。漢方などの処方についてもアドバイスを受けましょう。

生理前には寝つきが悪く、日中の眠気も強くなります。体の変化を受け入れたうえでいつもより少し意識して寝る前の過ごし方を見直しましょう!

睡眠不足の危険な症状とは?

眠るということ

おろそかにしがちな睡眠

子供の頃は、お昼寝の時間があって、とにかくよく眠っていました。が、大人になると、日本ではお昼寝の時間なんてないし(欧米ではシエスタの習慣がある国もあるのに)、ついつい夜ふかししてしまいがちです。ちょっと忙しいと、一番削られやすいのが睡眠ですが、ちょっと待ってください。その睡眠不足、実はこんな危険な症状を引き起こすんですよ。

日本人の睡眠を取り巻く現状

ある調査によると、現代では、日本の成人の約20人に1人が睡眠薬を服用しているそうです。また、別の調査では、日本の女性の1日の睡眠時間は、世界一少ないのだそうです。2009年の調査では、スウェーデン女性の平均が、1日540分超に対して、日本人女性は1日平均455分程度。1日の睡眠時間だけでも、85分(約1時間半)の差があります。睡眠不足の原因としては、

①働く女性が増えて、残業や職場の付き合いが増えた。

②働くママさんが増えて、夜に家事や家族の世話をするようになった。

③女性が一昔前よりアクティブになった。

これらのことが考えられます。

睡眠不足の危険性

慢性疲労で体調に支障が出る。

睡眠の大きな役割と言ったら、疲労回復です。これは心身ともに言えること。睡眠が取れないと、疲れをとって、神経をリラックスする時間がなくなる。だからこそ、睡眠は大切なんです。

太りやすくなる。

睡眠不足だと、当たり前ですが、起きている時間が長くなります。起きているとそれだけカロリーを消費して良いように見えますが、起きている分、食べる時間もありますので、空腹になったら食べられます。結果、不規則な食生活になりダイエットにはNGです。

免疫力やワクチンの効き目といった、体の能力の低下。

「睡眠不足だと風邪をひきやすい」というのは事実です。また、米のカリフォルニア大学の調査によると、睡眠不足の人は、睡眠が十分の人に比べると、ワクチン接種後、体内で抗体ができるのに時間がかかるそう。因みに、睡眠不足だと、唾液の量が減り、口臭や虫歯の原因にもなります。

記憶力やコミュニケーション能力に支障が出る。

睡眠不足だと、集中力がなくなる、もしくは集中力が持続しなくなります。そのためイライラしたりして、対人関係も悪化しやすい傾向に。ストレスに対する力も弱くなるので、うつになりやすくなります。

老化が加速する。

美女子にとって聞き捨てならない言葉ですね。睡眠不足になると、コルチゾールというホルモンが多く分泌され、このコルチゾールは、私たちの大切なコラーゲンを壊してしまい、結果、シワシワのお肌を作ることになります。

自分の適正睡眠時間を把握して、疲れを貯めないように。

最適な睡眠時間というものは個人差があります。一般的には、1日の睡眠時間が6時間未満の人をショートスリーパー、9時間以上の人をロングスリーパーと呼びますが、だからといって、6~9時間が絶対に良い、とは言い切れないのです。大切なことは、自分の適正な睡眠時間を把握して、その睡眠時間を確保するということ。快適にすっきりと目覚め、疲れが溜まりにくい睡眠時間を把握して、それを基準に、自分の体をしっかり見つめて、その日の体調によってコントロールしましょう。

睡眠サプリは怖くない?!睡眠サプリは寝れない夜のお助けになるのか?

睡眠サプリを活用しましょう

睡眠サプリ、いわゆる眠れない人のためのサプリメントです。
眠れない悩みはあるけれど、睡眠薬を使うのはまだ早いと思っている人、睡眠薬に抵抗のある人にお勧めしたいのが睡眠サプリ。
多くの商品が発売されていますし、愛用している人も多いんです。

睡眠サプリと睡眠薬の違い

睡眠サプリはサプリメントなので、睡眠薬と比べると試しやすいということは言えますね。
成分に関しても、植物系成分を組み合わせて作られているので、からだには安心。また、精神面での不安を訴える人にも効果のあるサプリメントもあります。

どんな人が使っているの?

睡眠サプリを使っている人は、普段忙しくて病院に行けない人、睡眠薬には抵抗のある人、薬だと依存性が高くなるのでは?と薬に不安を持っている人が多いようです。また、薬の副作用が心配な人にも人気があります。

睡眠サプリのメリットを検証!

睡眠サプリ、結構知らない人も多いようですし、知っていても勘違いしている人も多いようです。筆者も友人と話をしていたときに、友人が睡眠サプリについて誤った認識だったのでビックリしました。
ということで、睡眠サプリのメリットを紹介しましょう。

睡眠効果以外にも効果が得られる

睡眠に効果があるだけでもいいのですが、睡眠サプリにはそれ以外にも効果があるものが多いんです。商品によって違いがありますが、不足しがちな栄養素を含んでいるものや、精神面での安定(イライラを防ぐなど)の効果も得られる商品が多くあります。

気軽に購入できる

薬ではないので、ネットで簡単に購入できます。健康食品の部類になります。以前は高いイメージがありましたが、最近では1日100円以下という商品もありますし、定期購入すればかなり安くなります。
睡眠薬ですと、医師の診察も必要なため、保険証が使えても割高となってしまいます。

副作用の心配が少ない

薬と比べると植物成分を使用しているので副作用の心配が少ないことが言えます。薬を飲んで副作用が出やすいという人にはお勧めの商品です。
他の薬と比べると精神面に作用する薬は副作用が出やすいという人もいますので、そのような人には睡眠サプリだと安心して使えます。

睡眠の大切さについて改めて考えてみる

睡眠ってどうしてそんなに重要とされるのでしょうか?

病気の予防

睡眠不足は感染症にかかりやすくなります。感染症というと風邪から命に係わる病気まで多くあります。抵抗力を高めることは病気に掛からないようにするのにとても重要なことです。

老化を抑制する

肌の若々しさなど、若々しさの基準はいくつかありますが、これらも睡眠を取ることによって得られることです。若いときには無理もききますが、個人差はあってもある程度の年齢になるとそうもいかなくなります。睡眠不足だと明らかに顔色が違うのはそのためです。

ストレスを抑制する

睡眠不足や不眠症ですと、些細なことでもストレスになりやすくなります。よって、うつ状態やうつ病など精神疾患にかかりやすくなります。このような精神面の問題を抱えている人で常に安眠できている人はかなり稀です。多くが睡眠に何らかの問題を抱えています。

まとめ

やはり睡眠って大切です。睡眠に悩みを抱えている人、睡眠サプリは薬ではないので試しやすいですし、精神面での問題にも作用するので試してみる価値がありますよ。植物成分でできているのも安心ですよね。

睡眠時無呼吸症候群、昼間に出たら疑うべき症状5選

ひとり暮らしの人、ひとりで寝ている人は必見です!

テレビの健康番組でも取り上げられることが多い、睡眠時無呼吸症候群ですが、家族がおかしいと気が付いて発覚することが多いようです。ひとり暮らしの人やひとりで寝ている人は気が付いていないということも!今回は、睡眠時無呼吸症候群を疑うべき症状についてのお話です。

睡眠時無呼吸症候群について

寝ている間に無呼吸の状態が7時間睡眠中に30回以上もしくは、1時間に5回以上の無呼吸状態がある場合を指します。日本人の潜在患者数は300万人以上とも言われています。

睡眠時無呼吸症候群を放っておくといけない理由

実は、この症状を抱えている人には高血圧が2.9倍、不整脈が4倍、脳卒中が3.3倍、糖尿病が1.6倍ということが分かっています。特に、若い人は自分が病気という意識のないまま、進行してしまっていることもあるので、睡眠時無呼吸症候群を見つけ、これらの病気の治療に当たれるというのもメリットのひとつとしてあるのです。

自分が睡眠時無呼吸症候群かどうかだけでも知っておいた方が良さそうです。

こんな症状は危険!

昼間にこんな症状があれば、睡眠時無呼吸症候群の可能性があります。

昼間、居眠りをしてしまう

夜、寝ているはずなのに、昼間に居眠りをしてしまうという人は睡眠時無呼吸症候群の可能性があります。運転中に急に眠気に襲われるという人もいます。

旅行などで同室の人に「イビキすごいね」と言われたことがある

睡眠時無呼吸症候群の人は大きなイビキをかくと言われています。ひとり暮らしの人は旅行やお泊りの際に一緒にいる人に聞いてみましょう。

朝起きたときに、寝たはずなのに眠かったり頭が痛い

睡眠時無呼吸症候群の人は眠りの質が悪くなるので、このようなことになりがちです。

若い頃より太った

まだ若い人は比較できませんが、30代以上であれば若いときより太った場合には危険性があります。

あごが小さい、もしくはあごがあまりない

元々の骨格であごが小さいというのは、最近の日本人の顔立ちでは多くなっています。見た目としては、小顔のタイプです。最近の睡眠時無呼吸症候群の人の3割はこのように肥満ではないタイプの患者さんだそうです。
また、体重増加で首回りの脂肪が空気の通り道を狭くしてしまうというパターンもあります。

予防法はある?

睡眠時無呼吸症候群を放っておかない方がいいということは分かりましたが、何か予防法はあるのでしょうか?

  • 深酒しない(アルコールによって筋肉が弛緩するため)
  • 仰向けで寝ない(気道が狭くなるため)
  • 口呼吸を治す(口呼吸の人はなりやすいと言われています)
  • 睡眠薬に頼りすぎない(睡眠時無呼吸症候群を悪化させるため)
  • 太りすぎない(首回りに脂肪がつくため)
これらの予防法はありますが、現在疑わしいという人は、内科(呼吸器系)で診てもらう方がいいでしょう。
さいごに

睡眠時無呼吸症候群は、生活習慣病の可能性を高め、質の良い睡眠が取れないために様様な問題が起きやすくなります。生活の質そのものを向上させるためにも、疑わしい人は一度診察してもらうようにして下さい。

睡眠の質が最も低下するのは梅雨!?じめじめの季節に負けない快眠術

著者情報

梅雨に入ったとたん寝つきが悪くなったとお困りではありませんか?実は梅雨の時期は最も寝付きにくく睡眠の質が低下する時期なのです。
そんな梅雨の時期を乗り切るための快眠術をお届けします!

梅雨に睡眠の質が低下するのはなぜ?

1.日光不足

曇りや雨が多いこの時期は太陽の光とともに起きて夕暮れとともに眠る「体内時計」が乱れてしまうので、スッキリ目覚められない日が多くなります。

2.低気圧・温湿度の変化

不安定な天候により気温・湿度・気圧の変化が激しく体温調整が難しいため、途中で目が目覚めやすくなります。また、低気圧により自律神経が乱れ、頭痛やストレスを感じやすくなります。

3.雨の音は眠気を誘う

雨の音を聞くと心地よい一定のリズムが刻まれてリラックスします。
そのため日中眠気を感じやすく、朝二度寝してしまう人も。

4.汗をかいても体温が下がりにくい

体の深部体温(内臓の温度)が下がったときに眠気を感じやすくなりますが、梅雨の時期は湿度が高いので汗をかいても熱を逃がしにくいので体温が下がりきりません。上手に汗がかきにくいため、眠気を感じにくく寝つきが悪いという声が集まります。

5.腎機能が低下しむくみやすくなる

汗を上手にかけないこの時期は、余分な水分を尿で排出しようとして腎臓への負担が大きくなります。
また、血液のめぐりが悪くなり皮膚の下に余分な水分がたまり足や体全体がむくみやすくなります。

梅雨に負けない!5つの快眠術

1、最適な温度は25℃~28℃。湿度は50%前後

温湿度計を置いてこまめにチェックしましょう。
湿気がこもりやすいので換気が大切です!帰宅後は窓を開けて湿気を逃がしましょう。クローゼットなど湿気がこもりやすい箇所もこまめに開けて。クーラーの除湿モードや除湿器も上手に活用しましょう。
扇風機は直接風があたると風邪をひきやすくなるので少し距離を置きましょう。

2、ベッド・ふとんを清潔に

ふとんを敷きっぱなしにしておくと湿気がこもり汗や皮脂でカビが生えるやすくなります。
汗によるにおいやべたつきが原因で目が覚めてしまうことも。
梅雨の貴重な晴れ間に布団を干しましょう。午前9時~11時頃がベストです。
1~2時間程度でスッキリと乾き、汗や皮脂などの気になるにおいもスッキリします。
布団が干せない人は布団乾燥機やふとんの丸洗いサービスを利用しましょう。
この時期はシーツをかけるだけでは汗を吸い取り切れずベッドにしみこみ、においやカビの原因になります。
ベッド派の人にはマットレスパッドがおすすめです。しっかり汗を吸い取ってくれるのはもちろん冷感素材のものなど種類も豊富です。
また、こまめに布団クリーナーや粘着テープ付きのローラーでしっかりごみやチリをとり除きましょう。
ベッドの上にはぬいぐるみやクッションを置くと湿気がこもりやすくなりますので別の場所に移動して。天気がいい日はカーテンを開けて、ベッドも日光浴をして乾燥させましょう。

3、軽やかなケットを選びましょう。

夏は、軽くて保温性のあるケットを。汗や皮脂が付きやすいのでこまめに洗濯をしましょう。
素材は麻、オーガニックコットン、ガーゼ、薄手の羽毛がおすすめ。麻はシャリ感があって肌に張りつかないので暑がりさんの夏にぴったり。薄手の羽毛ケットは肌沿いもよく寒がりさんの体温調整もしやすくおすすめです。好みの肌ざわりのケットを使うことで深い睡眠を維持できます。

4、下着や短パンで寝ない!

暑いからと言って薄着で寝る方が多いですが肌についた汗が吸収されず、湿気がこもり寝冷えや夏風邪の原因になります。
シルクやガーゼ、コットンの薄手のパジャマを着ましょう。短パンは足元が冷えて寝つきが悪くなることがあります。ふくらはぎが隠れる長さに変えましょう。風邪をひきやすい人は薄手の腹巻がおすすめです。

5、湯船でむくみを撃退!

しっかりと湯船につかりむくんだ部分を温めて。お風呂の中で足首からふくらはぎにかけて手でつかむようにマッサージして血の巡りを良くしましょう。
寝始めの15分ほどクッションの上に足をのせて眠ると血行がよくなります。
また、水分不足になると体内に水分を維持するため水分が汗や尿として排出されずにむくみを引き起こします。水分をしっかりと取りましょう。

まとめ

寝付きにくく途中で目が覚めて朝スッキリ起きにくいそれが梅雨の睡眠です!
さらに冬と比べて日照時間が短いためその分睡眠時間が短くなります。
そんな時こそ梅雨を乗り切る快眠術を取り入れて睡眠時間をしっかり確保しましょう!

ベッドマットはどんなものを選べばいいの?体の疲れを取ってぐっすり眠れるマットの選び方

著者情報

夜、途中で目が覚める、十分な睡眠時間を確保しているのに体が重い、疲れが取れない・・・
とお悩みの方はいらっしゃいませんか?

ベッドやマットレスは寝心地を左右し、体に合っていないものを使い続けると、肩こりや首こり、腰痛などの原因になることがあります。正しい敷寝具の選び方をマスターして快眠しましょう!

<ステップ1>それぞれの役割を再確認しましょう!

ベッドマット・敷寝具

ベッド木枠の上にのせるベッド本体のことを言います。
コイル・ノンコイルなど素材が様々あります。

マットレス

ベッドマットの上に重ねて寝心地を高めるためのものです。
ベットマットに重ねて腰痛を軽減するようなタイプもあります。

ベッドパッド(汗取りパッド)

睡眠中の汗からマットレスを守り劣化を防止する役割があります。
マットレスの上に敷きます。

<ステップ2>最適なベッド選び

1人暮らし、2人暮らし、お子様と3人などライフスタイルに合わせて最適なベッドを選びましょう。

正しいベッドのサイズ

特にセミダブルのベッドを2人で利用される方が多いですが、セミダブルは1人用ですので、寝返りがうちにくく窮屈に感じるでしょう。
また、夫婦のベッドルームでは、シングルまたはセミダブル2台を付けて利用することがおすすめです。
お互いが寝返りをうっても振動が伝わりにくく途中で目覚めるということが少ないので眠りを妨げません。

最適なベッドの使い方

  • シングル(幅97cm):1人用
  • セミダブル(幅120cm):1人用 ゆったりめ
  • ダブル(幅140cm):2人用
  • クイーン(幅160cm):子供と一緒に寝ることもOK。2人とお子様1人

<ステップ3>正しいベッドマット・敷布団の選び方

①あお向けで腰・背中・かかとを圧迫しない(体の力がスーッと抜ける感覚)

②横向きになった時に肩を圧迫しない

③寝返りしやすい(自然に寝返りがうてる)

④夏涼しく、冬あたたかい素材を選ぶ

⑤枕とベッドパッド(敷パッド)と合わせて考える。

★選び方のポイント

寝返りしやすいベッドマット・敷布団を選びましょう。寝返り寝返りには4つの大切な役割があります。
そのため寝返りがうちやすいマットレスを選ぶことが快眠への近道になります。

1、血液やリンパ液の循環を促進する

同じ体勢で眠っていると血行が悪くなり、酸素や栄養が運ばれず、疲れがとれにくくなります。
寝返りには血液の流れをよくするという目的もあります。

2、寝床内の温湿度を調整する

汗をかくと布団の中の温度や湿度が上昇します。
ずっと同じ姿勢で寝ていると熱がこもるため、睡眠中でも「暑いな」と感じ、寝返りをうつことにより調整しています。

3、筋肉のコリ・背骨のゆがみを整える

日中にかかった圧力でゆがんだ背骨や筋肉等を休め、本来の状態に戻し体を休息させる役割があります。

4、レム睡眠・ノンレム睡眠切り替えを行う

寝返りには睡眠のリズムをとるスイッチのような働きがあります。
寝返りをうつことで、ノンレム・レム睡眠の切り替えを行っていると考えられています。

ベッドマットの種類

① コイルのベッドマット

【ポケットコイル:点で支える】

コイルが一個ずつ独立しています。
一個一個が体圧分散してくれますので体にフィットしている感覚があります。
ポケットコイルマットレスは体を点で支え、寝返りをうっても振動が伝わりにくいという特徴があります。

【ボンネルコイル:面で支える】

らせん状に巻いたコイルが連結していて、部分的な振動が全体が伝わります。
ボンネルコイルマットレスは、体を面で支え、硬めで畳の上に布団を敷いた感覚に近いという特徴があります。

② ノンコイル(ウレタン、ラテックス、ジェル)

コイル以外にも様々な種類の素材があります。

★ウレタンマットレスは素材の硬さが一定で比較的安価です。

ラテックス(ゴム)柔らかく適度な弾力性があります。

ジェルマットレスはグミのような弾力性で体の圧力が分散され通気性がよいです。

実際に販売店で、仰向け、横向き、さらに寝返りをうってみて寝心地を確認しましょう!

<ステップ4>寝具の寿命を知りましょう!

  • ベッドマット・敷布団:10年
  • マットレス:5年
  • ベッドパッド(汗取りパッド):1年~2年
  • まくら:3年

体の部位によって重さが異なりますが、腰回りが一番重いのでへたりやすいのです。
品質が低下したベッドパッドやマットレスを使用すると、腰痛の原因になることもあります。3か月に一度ベッドマットを裏返しましょう。

身体の重みの割合
  • 頭部8%
  • 胸部33%
  • 腰部44%
  • 脚部15%

マットレスの種類

低反発(柔らかいマットレス)

小柄な女性など体が小さく筋肉の少ない人には低反発のマットレスや敷きパッドがおすすめです。
体を包み込まれることで筋肉の緊張がほぐれてリラックスしておやすみできます。
NASAがロケットの打ち上げの際飛行中の宇宙飛行士へかかる重力の負担を軽くするために開発された、ウレタン素材のマットレスです。夏は少し暑いでしよう。

高反発(硬いマットレス)

男性や筋肉質で体が大きめで体重が重い人におすすめです。
高反発は寝返りがしやすく、無理のない姿勢で眠ることができます。
また、しっかり体を支えてくれるため腰痛に悩んでいるおすすめのマットレスです。

基本的に男性はかための高反発マットレスを好む方が多く、女性は柔らかい低反発を好む傾向が強いので、まずは店頭で横になって試して、自分の好みを知りましょう。
最近は、表がポリエステル、裏がウールなど季節によって裏返して使えるタイプもあります。

<ステップ5>正しいベッドパッド(汗取りパッド)選び方

人は寝ている間にコップ1杯分の汗をかくといわれています。
塩分、皮脂がマットレスについて菌やバクテリアが繁殖し、においやかゆみの原因になります。
汗や皮脂をベッドパッドまでとめてマットレスに寄せ付けないという役割があります。マットレスを長持ちさせるためにもマットレスパッドを利用しましょう。

ベッドパッド(汗取りパッド)の種類

綿(コットン)

コットンは肌触りがよく吸湿性は高いため汗をかきやすい方におすすめです。
ただ、発散性が悪いため2~3週間に一回洗濯しましょう。

化繊(ポリエステル)

安価で乾きやすいため定期的に選択したい方におすすめです。
ただ、洗濯を怠るとカビが生えやすいので注意が必要です。

羊毛(ウール)

吸湿発散性に優れています。
保温性に優れているため冬場におすすめです。
他の素材より洗濯頻度が低くてもOK。ただ値が張ります。

キャメル(ラクダ毛)

羊毛(ウール)の4倍もの吸湿性、発散性があり1年を通して利用できます。
ただ、お値段が非常に高額です。

麻(リネン)

吸湿発散性が高く乾きも早いです。
湿度を保ち体に張りつかないため夏におすすめです。

季節によって最適なベッドパッドを選びましょう。

いかがでしたか?

ベッドマット・敷寝具、マットレス、ベッドパッド(汗取りパッド)の役割を再確認して、まずは、店頭でごろんごろんと寝返りをうって寝心地を確認してみましょう。
ベットマットやマットレス、ベッドパッドを見直すことで、翌朝のスッキリ度が大きく変わってきますよ!

「睡眠」記事をこちらのサイトでも公開中!

質の良い睡眠はダイエットになる!? カギを握るホルモン

著者情報

綺麗のトリセツ編集部です。皆様のお役に立てるよう美容や健康に関するハウツーやトピックスを投稿してまいります!

本記事は、2016年8月1日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。