綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 2,792 記事

顔周りのお悩み解決!自分に合ったヘアスタイルの選び方

著者情報

美容師、トップスタイリスト

2016年9月16日更新 | 4,318 views | お気に入り 79

人それぞれいろんな悩みがあるもの。
今回は特に「顔と頭の形」に対する似合わせヘアをご紹介します。

1.顔の形が気になる

まず、顔の形です。

丸、卵、逆三角、ベース型に大きく分類されます。
簡単に似合わせるには「髪のシルエット」が大切です。

全ての顔型に菱形を描いてください。
そうすると顔型によって隙間が多い部分があります。
その隙間の部分に髪のボリュームや動きを出すことで、顔の気になる部分がカバーされ顔にフィットします。

ですので似合うヘアスタイルとは長さではなく、「シルエットが顔型に合っているか」が重要なのです。

kaogata2

2.額の広さと前髪のバランスが気になる

次に額が狭い、広い方の前髪の似合わせ方です。

額が広い

まず広い方は基本何でも似合いやすいです。
パッツン前髪、オンザ眉毛、斜め分け、全出し、問題ないと思います。
ただし、下ろしながら流す王道モテ系前髪で「すだれ」っぽく隙間ができると、少し疲れた印象になるのでご用心。

額が狭い

問題は額が狭い方の前髪です。

まず考えるべき事は「縦長に見せる」事を全力で考えます。
ですので通常の前髪の奥行きより深く頭頂部から前髪を作る、長めの前髪で8:2分け。

どちらにしても前髪の始まりから終わりまでに、長い距離を作る事が狭い額をカバーできるのではないでしょうか。

3.小顔効果

次に女性の永遠の憧れ「小顔」について。

小顔は顔周りの髪とシルエットの関係によって「小顔」が実現します。
顔周りの髪だけで無理やり輪郭を隠そうとしても逆に顔が大きく見えたり、頭が大きく見えたりする事があるので注意しましょう。

シルエットに菱形を描いたら、一周り小さい菱形を輪郭に当てはめると隠す場所がはっきりしてくると思います。

そう顔周りは締めてシルエットを出すことで奥行きが出て小顔になります。
そのバランスが小顔を生み出します。

4.絶壁のお悩み

そして特にお客様からの悩みで多いのが「絶壁」です。
やっぱり正面だけでなく、横顔美人でありたいですよね!

絶壁を気にした方におススメの髪の長さは、ショート~鎖骨あたりのミディアムです。

改善するための考え方は2通りあり、「後頭部にボリュームを出す」か「後頭部の下のボリュームをおさえて後頭部が出てるように見せる」かがポイントです。

①後頭部にボリュームを出す

一つ目のボリュームを出すはプラスの考え方で、まずカットが適切に行われていなければいけません。後頭部の髪の長さがあればあるほど立ち上がらないので、レイヤーカットやグラデーションカットで立ち上がりやすくします。

そしてパーマやカーラーを巻いて根元から立ち上げます。

②後頭部の下のボリュームをおさえる

二つ目はマイナスです。
ボリュームを出すのは意外とむずかしく、しかもスプレーなどで固めても時間が経つと崩れます。そこで頭を上下の分けた下の部分をカットで削り、後頭部が出ているように見せることができるのです。

深尾さん⑨

これだと自分での手間がかからないですよね!
ですので美容室でのカットがどちらにしても大切になってきます。
しっかり美容師さんと相談して一番最適な方法で絶壁を改善してくださいね。

いかがでしたか?

他にも小顔の方法や、似合う前髪、顔型に対するに合わせヘアいろんな作り方があります。
今回はほんの一部になりますが参考になればと思います。 

本記事は、2016年9月16日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。