綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 2,787 記事

ダークカラーファッションと相性抜群!秋のオシャレを楽しむ中性的メイクのススメ

著者情報

ライター/WEB編集ディレクター/美容家

2016年10月4日更新 | 1,913 views | お気に入り 82

2016ウォータム・ウィンターにマッチする!中性的メイクの5つのポイント

カラーメイクが大流行した2016スプリング・サマーから一変、ウォータム・ウィンターはカラーレスで中性的な雰囲気を醸し出してギャップを狙ってみては?

中性的メイクと聞くと「眉毛を太く男性的にして、カラーメイクを押さえればOK」とイメージする人が多いはず。もちろん間違ってはいないけれども、コツを掴んで実践しないとただの手抜き顔になってしまう可能性大。中性的メイクを成功させるためには、顔の一つ一つのパーツを美しく見せることを意識して!

そして、マニッシュに見せるべきパーツとフェミニンに見せるべきパーツを区別すること。肌と唇は女性らしくキメて、目元と輪郭は男性に寄せるのがエレガントな中性的メイクに仕上げるポイントです。

【1】素肌感を生かしたツヤ肌

この秋大本命の肌といえば、軽さのあるツヤ肌。

ただし、これまでに流行ったツヤ肌とは一線を画しており、ラメなどの艶めきではなく、あくまでも素肌のような艶やかさが重要な要素です。内側から潤いが溢れているかのようなツヤ感のある肌は、ファンデーションやBBクリームのみで仕上げるのが正解。ベストなのはリキッド系のみで完了すること。

もし毛穴やテカリが気になるのであれば、パウダーは薄く重ねる程度に抑えて。
下地にリキッド、そしてパウダーと重ねてしまうと、重たい肌になるので注意です。

【2】存在感のあるアイブロウ

中性的メイクに欠かせないマニッシュな要素の眉毛。
いつもよりも眉頭をくっつけるような要領で、両眉毛を中心から描くようしましょう。さらに眉尻も外側へと引っ張って、眉の存在感を引き立たせて。太く濃くしようとすると不自然になってしまいがちなので、自分の眉の形を崩すことはしなくてOK。普段通りに眉の形を整えつつも、横にワイドに加筆するだけ。

仕上げに眉の幅を広げるために、眉下に薄めのアイブロウパウダーを重ねて、さり気なく幅広効果を狙います。ノーズシャドウを眉頭から垂直に入れることで目鼻立ちが整うだけでなく、マスキュリン要素が一気に倍増!

【3】カラーレスな目元はラインで強調

シャドウに色を重ねてしまうと、眉とのバランスで「濃いメイクの人」になってしまいがち。アイホールの色みを整えるために、ファンデーションや肌トーンと同じベージュのアイシャドウを重ねるだけにとどめるようにしましょう。

ただし、それだけでは目の印象が薄すぎるので、まつ毛の際に沿って濃いブラックのアイライナーを忘れずに。さらにまつ毛は長さが出るロングタイプを使用して、横顔が女性的になるように演出を。

【4】頬骨を高く見せてマニッシュな骨格に

男性的な骨格に寄せるためには、頬骨を高く、そして頬骨下をシャープに見せるのが鉄則。シェーデングやベージュ系・ブラウン系のチークを活用して、頬に立体感を作り出しましょう。

ただし、マニッシュに見せるためには塗る位置が肝心!この位置を間違わずに見つけ出すためには、頬をつぼめたときに凹む頬骨下にシェーデングまたはチークを入れるのが◎。
その上に、ツヤ加減がプラスされるパウダーをONするとさらに骨格が強調されます。

【5】立体感の出るリップで女性らしさのアクセントを

フェミニンさの演出ポイントでもある唇は、ぽってりとボリュームのある質感をマットに仕上げるのが中性的メイク流。色みはコーラルベージュなどの肌なじみが良いのに、思わず目が行くようなさり気ないのに目立つ発色をチョイスして。

リップライナーで輪郭を丁寧に取り、口紅で色を重ねます。
リップは直塗りせずに、指の平にとってポンポンと唇に色をのせて。これが自然に仕上がるコツです。

中性的メイクの必需品アイテムたち

仕上がりクオリティがグッと高まる3つのアイテムをポーチにプラスして、中性的メイクを格上げしてみて。

中性的メイクに欠かせない質感ファンデ

わざとらしいツヤ感、テカリに間違われるような質感は中性的メイクには絶対NG。
思わず「素肌?」と勘違いされるような自然な質感なのに、肌悩みはしっかりカバーして美肌に盛れる、そんな名品ファンデがこの秋新登場。 

CHIPIEフェイスフラン/AVANCE(3,000円/税抜)

おススメ

サッと塗った瞬間に、肌トラブルレスなすっぴん美肌に変身。
触らずとも見た目で分かる「しっとり柔らか」肌が、朝から晩まで持続するキープ力で素肌がキレイになった錯覚を覚えるほど。「隠したい肌悩みがあるけれど厚塗りは絶対イヤ」そんな方にこそオススメな1本。

プレミアモイストUVエッセンスベース/kiss(1,800円/税抜)

乳液を塗っているような軽いテクスチャーが作るのは、この秋のトレンドど真ん中のツヤ肌。内側から明るい肌になり、透明感のある自然な美肌に仕上がります。赤みよりも毛穴などの凹凸が気になる方はこちらがオススメ。

マニッシュを引き算するリップ

唇は女を主張するパーツだからこそ、色選びと質感はこだわって。
自唇が色づいているような発色のリップスティックは、シュウウエムラのルージュ アンリミテッド シアーシャインが間違いなしに鉄板です。

コーラルの色みが明るさを出しつつ、ベージュの要素も入っているので肌なじみも計算され尽くしたカラー「S CR 340」は2016年のフェミニズム要素が入った中性的メイクにピッタリ! 

「マニッシュなのにエレガンス」「フェミニンなのにカッコいい」そんな絶妙なバランスを保つ中性的メイクこそ、今季の大本命! 5つのポイントを押さえて、あなたも旬顔を手に入れてみては?

【商品紹介】

※シピエ フェイスフラン−AVANCE
http://avance-chipie.jp/products/face-flan/index.html

※プレミアモイストUVエッセンスベース−kiss
http://www.kiss-cosmetics.com/products/basemakeup/PrimeMoistUvEssenceBase/

※ルージュ アンリミテッド シアーシャインS CR340−シュウウエムラ
http://www.shuuemura.jp/?p_id=MLIP022#colorvariation

本記事は、2016年10月4日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。